2009-07-03

国立新美術館「野村仁 - 変化する相―時・場・身体」展を再訪してきました

nomura0703

さてイベント参加の後は再び
国立新美術館「野村仁 - 変化する相―時・場・身体」展へ。


こちらは先日行ったばかりだし
あまり驚きはないかな。。と思ったのですが


驚き満載でございました。


特に驚いたのが第1室「Tardiology」(2009)。
こちらは段ボールのオブジェが自然にゆがんでいくのを
写真で確認出来るのだけど
実際のオブジェは開始そのままで終了かと思っていたら。。。


今日再訪したら
崩壊が始まっていました。
息子大興奮。お友達のお母さんに



「これ!つぶれてきてるんだよ!!あの写真と一緒だよ!」



と興奮しながら説明していました。



この崩壊だけでも再訪の価値あります。
七夕イベント万歳です。



そして今回は月の音楽や渡り鳥の音楽のフィールドもしっかり鑑賞。
なんだか不思議な感じですが前回と違い「意図を分かって不思議を感じる」ので
とてもクリアな感じに楽しめました。


後はソーラーカーの映像を満喫。
ゴールを確認することが出来ました。



しかし!
車の実験なのになぜにゴールでみんなでシャンパン飲んでるのだー。



一緒に行った女の子とお母さんも楽しんでくれたみたいで
本当によかったです。
今度はもっと「明快な展覧会」にぜひ案内したいと思います。
(何がいいかなー考えるのも楽しい)



言葉や行動は大人についていけるけど時間はあるという
幼稚園入園前の今だからこそ体験できるアートって
あると思うのです。
大混雑の中騒いだら周りに迷惑だけど
平日昼間の比較的空いている時間帯なら
不測の事態に対応も可能。
そして今この時期に鑑賞のマナーを覚えてくれれば
ずっとアート鑑賞できるようになる(はず)。



これからも親子でアートを楽しんでいきたい。
それが私の夢です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんばんは。
再訪記事を楽しく拝見しました。
結局全く時間が取れず、再訪はできそうにありません。
段ボール崩壊始めましたか。
やってくれますね、野村さん。

親子で楽しめる展覧会。
お薦めを私も考えてみようと思います。
そして、記事をアップする時に一言添えてみようと思います。
TWS本郷や馬喰町のαMプロジェクトなら良さそう。

Re: No title

おはようございます。

段ボールの崩壊には正直びっくりしました。
上から吊ってあるので前方に崩壊はないのですが
でも明らかに凹んでいます。かなりの迫力です。

親子で楽しめる展覧会、ぜひオススメ御指南ください。
今この時期にマナーや自分なりの楽しみ方を覚えることに
日本の美術館事情は変わっていくのだ!
と(独り勝手に)使命感に燃えております。

楽しみにしています!
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク