2014-01-17

養清堂画廊「ながさわたかひろ展「に・褒められたくて」」を観てきました。


養清堂画廊にて

ながさわたかひろ展「に・褒められたくて」」

を観てきました。



何回か作品を拝見させて頂いている
ながさわたかひろさん。

今回は『美術手帖』で何回も読ませて頂いていた

「に・褒められたくて」

シリーズだったので
ぜひ拝見したく伺いました。



「に・褒められたくて」シリーズとは
憧れのアノ人に会いに行き
ながさわさんが写真を撮ります/
それを元に版画を制作、
2枚刷って再びお持ちし、1枚を進呈、
もう1枚にコメントをいただくことで完成。
ながわささん曰く「愛の版画シリーズ」なのだそうです。
ながさわさん一度お話させて頂きましたが
まさにピュア。ピュアな方。
ながさわさんが言う愛、それはガチな愛です。



このシリーズは
他の展示等で何点か拝見させて頂いています。
あまりにピュアで作品の前で私は
息が出来なくなりそうになります。

この愛のシリーズだけって凄そう、
まさにピュアな愛。そんなピュアな空間だったら
私窒息してしまうのではないかしら等
色々な妄想を味わいながら拝見させて頂きました。



シリーズの中で作品を拝見すると
とても作品が雄弁であると感じることが出来ます。
ながさわさんとモデルになった著名人の方の間に挟まれて
【ながさわさんの】話を聞かされているような感覚になります。

モデルになった著名人の方の眼差しは

「ありがとう、あなたの愛ありがとう。。
(でもちょっと重いかも。。ねえそう思うでしょ?)」

という感じで間にいる私たちに語りかけてくる。
背後に感じる押して、押しまくる愛。
ああまさに愛の疑似体験。
そういう愛の嵐の中で作品を拝見すると
ながさわさんの愛と
その愛をありがたく受け取るのだけど
でも予想以上に重いっぐぬぬぬという
大きな感謝とちょっとした困惑と+α
を感じさせるモデルさんたちの表情が
とてもリアルに感じられて
なんだか受け渡しの場に同席しているような
感覚になりました。



愛について、深く考え曝れられる空間でした。
行ってよかったです。



1月18日迄。
お急ぎ下さい!
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク