2013-12-25

国立劇場 12月歌舞伎公演「忠臣蔵形容画合」を観てきました。


国立劇場にて

12月歌舞伎公演「忠臣蔵形容画合」

を観てきました。





うちの息子さんは歌舞伎が好きです。
2歳前後にテレビで観てから
なぜか歌舞伎が面白い!と言いだし
ベビーカーで鑑賞教室に行ったのが最初。
その後定期的に公演を見続けています。
一時のブームかな?と思っていたのですが
結局ブームは続いています。
そのブームに関連して浮世絵も大好き。
来年の江戸博の展示を楽しみにしています。



そんな和文化をこよなく愛す息子に
お稽古事の先生が歌舞伎のチケットをプレゼントしてくれました。
終業式があったので1演目だけの鑑賞となりました。



さて、今回の鑑賞したのが『忠臣蔵形容画合』。
正直初めて聞く演目でいsた。
こちらの演目は『仮名手本忠臣蔵』の大序から七段目までを河竹黙阿弥が舞踊化した演目です。
説明文をみると「異色作」とか「パロディ」「コメディ」等の説明文が。
舞踊だよと息子に説明すると

「じゃあ踊りだけなの?」

正直言うとそれすら分かりません。
約1時間で七段まで見せるとのことなので
きっと場面設定どんどん変わるな、
子供が飽きることないなって
個人的には予想し、イヤホンガイドをリクエストしてきた息子に
「今回はいらないと思う」と話して
いざ鑑賞を始めました。



結果としては
あっという間でした。とにかく展開が早い。
私自身『仮名手本忠臣蔵』の内容は知っていたので
ぶっとびの簡略っぷりが気持ちよかったのですが
特に内容を知らなかった息子でも十分楽しめました模様です。


息子は
鳴り物の音の意味とか
花道の効果的な使い方とか
せりや背景の変化等の舞台の展開とか
文楽との違いとか
伝統芸能の基本的な知識があったからだと思います。



あとはですね。
初めて観た「勧進帳」の富樫が吉右衛門さんだったんですよ。
なので再び会えた吉右衛門さんに大喜びでした。



正直このようなバラエティ的な時代物もあるということに
非常に驚かされました。
こういうの、ありなんだ!的な感じです。
ちなみに上演は60年ぶりとのこと。



せっかくなのでこの演目を覚えていてくててる間に
「仮名手本忠臣蔵」そのものについて
おさらいしておこうと思います。


仮名手本忠臣蔵 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 (1))仮名手本忠臣蔵 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 (1))
(2003/10)
竹田 出雲、並木 千柳 他

商品詳細を見る




とても素敵な観劇になりました。
ありがとうございました。



2013年12月26日(木)迄。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク