2013-12-11

YUKI-SIS「川﨑広平 個展 Solo Exhibition by Kohei KAWASAKI」を観てきました。


YUKI-SISにて

「川﨑広平 個展 Solo Exhibition by Kohei KAWASAKI」

を観てきました。




何度も拝見させて頂いている川崎さんの展示。
今回も楽しみに出かけました。

今回の展覧会では、LED を使用した新作などを中心に
約7 点の作品が展示されるとのこと。
今回はどんな知的な世界が展開されているのだろう?と
ワクワクしながら出かけました。


★作品の撮影、掲載は主催者の許可を頂いております。



川崎さんの作品を拝見すると
アクリルとオイルという素材をとても上手に使用して。
知性あふれる世界観が形成されているのに毎回驚かされます。
そしてそういう世界観なのに同時に
とても暖かみがあるのが特徴ではないかと
個人的には思っています。




いつの日かスタイリッシュな自分だけの部屋を
持つことが出来たら
ぜひ窓際に置きたい!と思うような作品です。



作品の印象から想像して
制作においては綿密な計算があって
CAD等で詳細までデザインされてから
制作に入るのだろうなと想像していたら

作家さんご本人に話を伺うと
とてもアナログな手法で
試行錯誤で制作されていると聞いて
とても驚いたことがあります。



2013-07-15
Bunkamuraギャラリー「Esperanto-世界が似合う作家たち-」を観てきました&ギャラリートークに参加してきました。



そして同時にそのようなアナログな手法だからこそ

「スタイリッシュだけど暖かみのある世界」

が完成されているんだろうなと
作品を拝見する度に思い出します。
(川崎さんの作品説明もとても人間味あふれて素敵です)




今回はLEDを使用していない作品があったのですが
こちらを拝見していたら筋肉の内部を連想してしまい
そして上からのライトから産み出す影の美しさに
息をするのを忘れそうになりました。

そしてこんな筋肉を持ったサイボーグがいたら
きっと作家の川崎さんみたいに
すごく見た目はかっこよくて強いんだけど
でもいざ話すと口べたでとかになっちゃうのかなとか
色々想像が膨らんで楽しかったです。




夜、お酒を飲みながら
じっくり向き合いたい世界です。
ぜひ足をお運び下さい。



でもギャラリーってお酒飲めるの???
と思ったそこのあなた!!!!
YUKI-SISでは「BAR YUKI-SIS」というお酒を飲みながら楽しめるイベントが
開催されたりしてたんですよ!
今回は既に終了してしまいましたが
展示の度に開催されるそうです。
ちなみに前回の内容はこんな感じでした。
-----------------------
BAR YUKI-SIS
ホスト: 高橋千裕(新潮社装丁室)、小川敦生(美術ジャーナリスト、多摩美術大学芸術学科教授)
テーマ:「出版と読者」
12.7 (sat) 19:30~23:00 (ビルの施錠上、21:00 迄にご入場ください)
★入場料はありませんが、ドリンクをお求めください。
-----------------------



何か飲みながら作品を鑑賞したい。
美術について色々話を聞いてみたい!と思った方は
ぜひ次回のYUKI-SISへ。
公式HPをチェックしてみて下さい。



12月21日迄。
日曜日、月曜日休廊です。
★開廊時間が変更になったそうです。
 12:00~19:00に変更になりました。
 日本橋界隈で働いてる方、ぜひ昼休みにお越し下さい。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク