2013-12-06

Shonandai MY Gallery 〔六本木〕「MY duo 2013 土田祐介 / 樋口晃亮」を観てきました。


Shonandai MY Gallery 〔六本木〕にて

MY duo 2013 土田祐介 / 樋口晃亮

を観てきました。


以前お会いした土田祐介さんが個展を開催されるということで
早速行ってみました。
息子が土田さんの作品「night works」にとても興味を感じたそうなので。



美しいイルミネーションの横を足早に横切り
湘南台画廊まで急ぎます。
メインストリートを1本奥に入った道は
街灯がとても美しかったです。
それにしても昔気に入っていたドイツ料理のお店が
無くなっていたのはびっくり!!!!

そして画廊特着。
じっくりと作品に向き合わせて頂きました。






土田さんの作品の「灯」は"works" というタイトルがついています。
"works" で検索してみると「【神学】 よい行ない,業(わざ)」っていう意味もあるんですね。
確かに暗闇で不安で不安で仕方が無かった時に見つけた「灯」って
神学的な神々しさを感じる時があるよなあって思ったりします。






樋口晃亮さんの作品は初めて拝見したのですが
自作によるピンホールカメラ(カメラオブスクラ)と伺い
俄然急に親近感。
息子さんは毎年ピンホールカメラで写真作品作りをやってるからです。


2013-07-02
東京都写真美術館「親子でピンホール写真体験教室」に参加してきました。


2012-08-05
帆船日本丸・横浜みなと博物館「わくわく おどろき!親子でピンホール写真体験教室」に参加してきました。



息子が作るピンホールカメラでも長時間露光は
かなり創造的な作品が作れます。
でもこの作品の世界観の完成は凄かった。
ピンホールなのにどうしてここまで世界が構築出来るのだろう。
やっぱハコで撮るのじゃ限界があるのかなあというのも
もちろんですが
全体像を観るとか世界の完成を想像することが
必要なんだろうなあと改めて思いました。







この日、湘南台画廊のすぐ側の
東京ミッドタウンでは毎年行われるイルミネーションが
始まっていました。
毎年観ていますが今年もとっても綺麗でした。
そういえば震災の年はやるのかやらんのかとか言ったのに
あの時から電気の事情は変わっていないはずなのに
夜こうやって光は溢れまくってるんですよね。



土田さんの「night works」と向き合う作品群は
見つめているととても入り組んだ気持ちになります。
街灯の灯りという「ものの役割」について。



あかりというのは色々な役割があります。
視界を助けるもの、飾りになるもの。
特にいるミネーッションが美しい12月は
沢山のあかりが街に溢れています。



イルミネーションを否定するつもりはないんです。
今日子供と一緒に歩いた時に
とっても楽しかったですし
沢山のカップルや家族連れが
楽しそうに歩いてるのを観て
この灯は沢山の人を救ってるよなあと
しみじみ感じることが出来ましたし。

でも、なんとなく考え込んでしまう自分がいました。

どちらが正義でどちらが娯楽ではないような気がするんです。
結果を軽々しく分類するのではなく
起点はそもそも何なのか。
その起点に自分はどう関わっているのか。
震災というのは
今迄自分が全く何も考えていなかった
エネルギーやシステムの根源について考えさせられる事が
増えたような気がします。



震災から1000日が経過した昨今
私達は何を見つめているべきなのでしょうか。

今目の前にあるものと
1000日前にあって今ないものと
1000日前から今迄で変わってしまったものを

1つ1つ書き出してみる必要があるのかもしれません。



輝く光を見つめながら
私は作品の中の街灯の光を思い出し
「灯」ってそもそも何なんだろう?
私は誰の「灯」になれるんだろう?
と考えていました。


とても深い気持ちになれる展覧会です。
ぜひ、足をお運び下さい。
オススメは夕方です。
画廊で作品とじっくり向き合った後
イルミネーションの道を歩きながら
「あかり」について考えて頂きたいと思います。



あったかくして出かけて下さいね。



12月9日迄。
会期中無休です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク