2009-06-19

「歌舞伎座さよなら公演六月大歌舞伎 夜の部 第一幕「門出祝寿連獅子」」を再訪してきました。

KABUKI061901

本日は午後はフリー。
数日前から本人に希望を聞くと


「きんたろうくんをみたい」


とのリクエスト。


当日朝に私に怒られる度に
「今日歌舞伎座には行ける?」
と聞いてきます。



幼稚園の未就学児クラスの帰り道でも
「今日、歌舞伎座に行ける?」
と聞いてきます。



そんなに行きたいのか!
なら心して行くべし!



ということで金太郎君の舞台を再訪してきました。
前回と同じように席約40分前に着いたので
まず確実に席をゲット。
前回見せて頂いたのが8日。初日から日が経っているせいか
幕見席は後半になるにつれて大混雑。
前回は始まりまでは約200人くらいかなと思ったのですが
今回はそれ以上に多かったです。


しかしここで問題が。


状況を確認する職員さん(研修生の札あり)の方に
人数を確認された時に「お子様料金頂きます」と宣告。
あれー前回膝の上なら大人料金のみを言われておりますが。。。
と確認しても「規則ですから」の一点張り。
「今月伺った際に「混雑してますのでお膝で観て頂ければ大人料金のみで」と伺っています。
確認を御願いします」と食い下がり確認を御願いしたところ




「すみませんでした。お膝なら大人料金のみで大丈夫です」



とのこと。
確認してよかったです。




しかし眠さと格闘している息子は
いつもよりちゃんと並べれていません。
こちらも隠し球をあまり用意してなかったのも不覚でした。
まわりが外国の人が多くて助かりました。。。
(本日はジョージアから来た観光客の団体がいらっしゃいました。。)



なんとか席を購入していざ席確保へ。
今日はいつもと違う席を!と思ったのだが
結局いつもの席になってしまいました。
奥の席はやはりもっと前に並ばないと確保できないみたいです。



そして演目が始まりました。
前回観たので特に問題なく進むと思っていた私が甘かったです。


金太郎君が登場して踊りが始まりました。
前回観たときよりかは慣れてる感じ。さすがだー。

そして口上。
こちらもなかなか盛り上がりました。
25日間同じ事を飽きちゃわないのかなあと思った私はきっと凡人ですね。。。


そして皆さんがいったん退場した後
私が個人的にものすごく楽しみにしていた三味線のその時。。。



「ひゃ!トイレ」



息子から強制退場の宣告。
これには参りました。
まあそのために隅の席を確保してるのでさくっと退場。
しかしあわてていたので鞄を忘れてしまいました。
息子をトイレに残して鞄を取りに帰る私。
あわててトイレに帰ると




「きんたろうくんがライオンになっちゃう!」




と半泣きな息子。
そこかよ!っとつっこみたいのをぐっと我慢して
トイレ終了後あわてて席に戻りました。
ナビしてくれた歌舞伎座の女性スタッフさんに感謝です。


結局獅子の舞には間に合いました。
幸四郎さん。やはり辛そうでした。
染五郎さん。美しかったです。
金太郎君。前より振りが大きかった気がします。
頑張ってます。感激しました。



終了後
「全部見れなかった!明日また来たい!」と興奮気味に話す息子を
抱えながらとりあえず歌舞伎座を出ました。

KABUKI061902
金太郎君の看板に向かって「ごめんんさい」と謝る息子。




このような子供にありがちなトラブルを
ちゃんと回避して舞台を務めているのだから
ほんま尊敬します。。。



あともう少し。頑張って下さい。
スポンサーサイト

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク