2013-10-09

ミズマアートギャラリー「ジェーン・リー展「秘密の庭」」を観てきました。


ミズマアートギャラリーにて

「ジェーン・リー展「秘密の庭」」

を観てきました。


美術鑑賞ブログを書き始めてからもう6年以上。
ここまで続けていると
「出会い」的な何かをキャッチするのも
なんだか上手になってきます。
なんとなくチェックしていた
ジェーン・リーさんの個展が始まるのを
サッカーの練習中に気づきました。
ちょうど気候もすごくよかったので
これはチャンスと思い
練習後に出かけてみました。


シンガポールという土地は
最近ご縁があったりするので
すごく親近感があります。
ちなみいミズマアートギャラリーがある
GILLMAN BARRACKSも
訪問したことがあります。


2013-03-28
Gillman Barracks & Mizuma Gallery「Look East!2」を観てきました。



今回のジェーン・リーさんの展示写真を拝見した際
GILLMAN BARRACKSの雰囲気を
急激に思い出して
どうしても見に行きたくなったのでした。


そういう時に
「行くよ!」とすぐに応じてくれる
息子さんに感謝しながらいざ会場へ。



そこにはとても秘密にしたくない「秘密の庭」が
存在していました。
凹凸も含めてとても肉厚なんだけど
でも爽やかな風を感じさせる作品群には
清々しいさわやかさを感じます。


------------------
素材であるはずの絵具が支持体から独立し、空間に「立体」として存在する― ジェーンの作品は、本来の型にとらわれない絵具やキャンバスの使い方、その可能性を追求することによって、慣れ親しんだ「絵画」のルールやメソッド、また「絵画」自体の構成や成り立ちを検証します。
------------------
(以上展覧会ホームページより抜粋)




このような文章を事前に読んでいたので
正直非常に鋭角的なエネルギーが
全面に出ているのかな?と予想していたのですが
実際に作品の前にいると
とても優しいまなざしを感じます。
確かに驚くような手法が鏤められてるんだけど
でも全体ではとても暖かく、柔らかい。
体験出来ない世界が目の前に広がっているんだけど
とても暖かい。

この暖かさに癒されて頂きたいと思います。

こういう庭に
夢の中で実際に飛び込めたらいいのになあ
きっとすごく柔らかくて気持ちいいんだろうなあ
冷蔵庫から取り出したばかりのマシュマロみたいな感じかなあと
なんだか色々妄想していたら

息子はシンガポールのギャラリースタッフさんに
チョコレートを頂いていました。。。
習った英語を酷使して
自分の出来る範囲で一生懸命話しておりました。
偉いぞ。息子君。



素晴らしい空間でした。
次回はぜひシンガポールで作品を拝見させて頂きたいです、



11月16日迄。
月曜休館です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク