2013-09-14

アーツ千代田3331「Lomography+」に行ってきました。


Lomography+に行ってきました。


以前から何度も訪れてはいたのですが
正直どうしたらいいのか
全くよく解らなかったLomography。

なので友人でありLomographyの大先輩であるakabeeさん


八谷和彦 個展「OpenSky 3.0 ―欲しかった飛行機、作ってみた―」
を一緒にぜひとお誘い頂いたのでその後に
Lomographyのお店に一緒に行って頂くことになりました。
ありがとうございます。



まずは
「OpenSky 3.0 ―欲しかった飛行機、作ってみた―」。







内覧会から何度も来てるけど
何度来ても本当に気持ちがすうっとなる展覧会です。
9月16日迄なのでぜひ足をお運び下さい。
今回は書籍を買わせて頂きました。
サインも頂きました。ありがとうございます!



そしいざお店へ。



さてこのロもグラフィーというのはなんぞやというと
ロモカメラで撮られた写真をロモグラフィーと呼ぶそうなんですね。
ロシアで生まれた“ロモLC-A”と言うカメラを蚤の市で発見し、
そこから始まったアナログ写真だったり、レトロカメラの写真活動が起源だそうです。



最近ではiPhoneの写真のアプリでの加工で
「LOMO」という項目で
名前は知ってるという人も多いと思います。

本当に素敵で、自由で、楽しくなる写真たち。
観ていてマジでワクワクします。



ウォールは実際に観ると本当にワクワクが止まりません。
これはロモグラフィー独特の展示なんだそうです。




子供がピンホールカメラ等を始めてから
ああ自分もフィルムをやってみたいなあと
始めるならLOMOがいいなあと
ずっと思っていたのです。
最大の理由は軽そうだから。
正直一眼レフ重い。。。



そして今回。
色々指南して頂いていたら。。。



きゃ。買っちゃいました。



今回私が買ったのは組み立て式。
まずはカメラのしくみを
自分で触って確かめてみたい!という
私の希望にドンピシャのカメラ。
しかもお買い得。
まずはと思いこれから始めることにしました。



そして10ゴールデンルールというのはあるそうです。



なんだかめっちゃ楽しそうでしゃないですか。
息子が「僕も僕も」と懇願するのを

「まずはお母さんが覚えるんじゃあんた自分のカメラあるだろうが」

と一喝。
大人って本当にずるいですよね、


まあ今回はお店で色々なカメラを大満喫。
っていうかこの歳でここまで触らせて頂きながら
ご指南を受けれるなんて
この子幸せやなあとしみじみ思ってしまいました。


まずはカメラを組み立ててみたいと思います!
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

ロモの世界へようこそ(笑)
目眩く快感と現像代という高い代償を払う自虐の世界ですよ、ほほほ。
まずは組み立てて、撮ったら教えてください。
あ、組み立て説明書はSeinaさんの場合
英語かドイツ語版で読んだ方が分かりやすいかもですよ、なんつて。

Re: タイトルなし

Entschuldigung,was haben Sie gesagt?
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク