2013-07-31

ギャルリー東京ユマニテ bis「中島真理子展 NAKAJIMA Mariko ―在ること―」を観てきました。


ギャルリー東京ユマニテ bisにて

「中島真理子展 NAKAJIMA Mariko ―在ること―」

を観てきました。



「モノそのものではなく、それが“在る”ということに興味があります。」
個展紹介においてこのコメントがすごく気になっていました。
私たちはあまりに容易に変化できるモノに囲まれすぎています。
このモノがそこに存在していることって何だろうと感じていました。



実際にそこで表現されていた空間は
とても自然なものでした。
それはNature な自然というよりかは natural な感じ。
ライトも蛍光灯。
壁もそのまま。
そして配置もとてもそのままな感じ。
そこに意図する計算というか配置的なモノは全く感じられません。


そしてうちの子が
「どうやって作ったんですか?」
と作家の中島さんに伺うと
別に全部手作業という訳でもないとのこと。


その会話を聞いてるうちに
現代におけるこの空間の非現実性が
私の中でどんどん明確になってきて
なんだかすごく面白くなってきたんですよね。


よい表現が見つからなくて
申し訳ないのですが
「他人が勝手に構築する過度な理想」に対する諦め感というか
ちょっとやさぐれモードが入った可愛らしい反抗的な態度というか
すごく「今っぽい」感じがしてきました。
そしてそれに気がついちゃうとなんだかすごく楽しくなってきて。。
すごくワクワクさせて頂きました。
ありがとうございました。



息子さんは何か刺激されたようで
すごく一生懸命写真を撮ってました。
後で確認してみるとなんかすごくいい感じ!







予想以上に面白かったです。
素敵な体験どうもありがとうございました。



沢山の発見がありました。
オススメします。ぜひ足をお運びください。
8.7(水)迄。
日曜日休廊です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク