2013-05-17

eitoeiko「フットボール・エクササイズ展」を観てきました。


eitoeikoにて

「フットボール・エクササイズ」展

を観てきました。




うちの息子はサッカーが大好きです。
そんな息子なら絶対いかなきゃだめっしょ!
ということで

eitoeikoさんに夜間練習前に伺いました。



今回の「フットボール エクササイズ」というタイトルなのですが
別にサッカーがテーマではありません。

モノトーンの中での1対1というか
リフティングバトルをみているような
緊張感のある世界がありました。




まず視覚でびっくりしたのが内山聡さん。
こちらの作品もスリリング。
以前キャンパスを絵の具に浸して作られた作品にも
衝撃を覚えました。
あの作品には「絵画って何」「描くって何」と真正面から向き合っていて
独特の緊張感を感じました。

今回はその「描く土台」までを研ぎすまして
「作品って何」というところまで踏み込んだ作品。
設置場所がスリリング。正直ぶつかりそう。怖い。
「展示って何」という感覚まで掘り下げる漢な姿勢に
猛烈なかっこよさを感じました。




そして前から仲良くさせて頂いてるGil Kunoさん。
BOXの中での小さな世界。漏れてくる光が描く単語の意味も
このような緊張感あふれる場所だと深読みしてしまいます。




そして江川純太さん。
以前eitoeikoでも、VOCA展でも拝見させて頂きました。
今迄は色があったのですが今回はモノクロ。
混沌としている現代社会に飲み込まれそうな
モヤモヤした気持ちの視覚化のような
世界感は
モノクロのほうが三倍入り込める気がします。
混沌さや深さがカラーが入ってるときより増殖していて
拝見していると内側から身震いしました。



そしてニッポリーニさん。
お住まいが日暮里ということで
見たことがある風景が。
一番右の作品は谷中霊園だそうです。
上が約30年前(フィルム)、そして今が現在(デジタル)。
1つの作品の中で流れる時間。もう戻ってこない時間。
その時間の意味や変わってしまった姿等を改めて作品として向き合うと
自然と自分の過去との対話が始まってしまいそうで
郷愁的な感情がどっと流れてきました。。



FootbBallはチームスポーツでありますが
1人1人が技術を激しく競い合う
個人のぶつかり合い的な側面も持ち合わせています。
非常にプロフェッショナルなプライドのぶつかり合い。
今回の空間は緊張感があってすごくかっこよかったです。



息子は「今日はバイクは??」と聞いたりしてましたが
展示内の緊張感を楽しませて頂きました。
内山さんの作品に興味津々でこっちがドキドキしましたが。。
ニッポリーニさんには沢山遊んで頂きました。
ありがとうございます!




5/19には現代音楽のイベントもあるそうです。
詳細はギャラリー公式サイトでご確認をお願い致します。


6月15日迄。
日曜、月曜、祝祭日休廊です。
ぜひ足をお運びください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

はじめまして

本日プログラムでネットサーフィンをしていたら「芸術」のカテゴリーで、貴ブログにたどり着きました。
初めて訪れたブログにコメントするのは初めてです。

小さなお子様の反応をこまめに観察しながらの美術館巡り、なかなか素敵ですね。
お子様の感想がとても生き生きとして、お母様の愛情が感じられます。
なかなか美術について造詣がおありのようで羨ましいです。
感想を書かせる魅力がブログから感じられましたので、お邪魔しました。
私も美術館・博物館めぐりをしています。素人の図々しさで、感じたままを気ままに綴っています。
気が向いたらたずねてきてください。いろいろな美術館の情報がありましたら、教えてください。

http://blog.goo.ne.jp/shysweeper/
または、
「Fsの独り言・つぶやき」で検索
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク