2012-08-17

NTTインターコミュニケーション・センター「ICC キッズ・プログラム 2012 パーフェクトロン(クワクボリョウタ+山口レイコ) ひかり・くうかん じっけんしつ」を観てきました。

IMG_9816.jpg
NTTインターコミュニケーション・センターにて

「ICC キッズ・プログラム 2012 パーフェクトロン(クワクボリョウタ+山口レイコ)
 ひかり・くうかん じっけんしつ」


を観てきました。


クワクボさんの作品の大ファンである私たち。
10番目の感傷(点・線・面)》は本当に素晴らしかった。
個人的にはTokyo Milky Way での1日限りの展示もすごく好きでした。

J trip art GALLERY「クワクボリョウタ 1日限りの新作展示」を観てきました。

この展示は絶対に見逃せないぜ!と
二人でスキップしながら出かけました。

鑑賞ツアーにも参加させて頂きました。
ありがとうございます。


今回の展示には3つの展示室がメインです。
ここでは実験室という形で3つの異なるタイプの展示があります。



IMG_9819.jpg
実験室1 ちかづく・とおのく

光をつけた電車の移動というクワクボさん作品のファンなら
涙もののこの展示。
自分で影を作れるのが楽しいです。
ただ子供達は影よりも電車を観てますね。


IMG_9820.jpg
実験室2 うかぶ・しずむ

こちらでは光は上下に移動します。
上下移動により産まれる影の移動により
浮遊を感じてほしいとのことだったんだけど
子供はやっぱり光を見ちゃうんですよね。。


IMG_9822.jpg
実験室3 そとから・なかから

ここでは光は2つ。それぞれに移動します。
移動する光が作るそれぞれの影が
自分の存在を大きくしたり小さくしたりします。


その他小さい部屋もありました。
実験に参加可能なのは第一と小さい部屋のみであります。
あととても繊細な設備なので親は子供の取り扱いに
十分注意しましょう。



そしてこちらの展示撮影可能です。
しかし影がテーマなので当然ですがフラッシュ禁止です。
今回はiPhone4Sのカメラで撮影して
アプリで光を調節してみました。
すごいですねiPhoneのカメラって。



さてさて。


全体的に感じたことを。
基本的に私は子供と空いてる時間帯に鑑賞するので
あまり他の「大勢の」お子さんと共に鑑賞した経験がありません。
なので今回のツアー参加は予想外でありましたが
とても興味深いものでした。


子供達は影をみるより光をみてしまうこと。これは少し予想出来たかな。
相当楽しかったみたいです。
そしてすごく効果的だったのが音楽。
実はみんな音楽をすごく気にしていました。
そして何より印象的だったのは子供さんたちよりも
大人が「きゅん」とする展示であるのですよねこれ。
子供たちは
影を作り出す光の移動をみたり
影を作ることに
楽しんで遊んでいるのですが
それを観る大人達の目は何か「過ぎてしまった沢山の思い出」を
静かに反芻しているような感じなんですよね。

ツアー参加の後
各展示室をいったりきたりしたのですが
どの展示室でも自分を含めた大人が
とてもノスタルジーな感じになっていて。。。
なんとなく大人だけでみんなでじっくり話したいよね
って感じの雰囲気になっていて面白かったです。


影の動きから郷愁を感じる感覚はいつはじまるのでしょう。
恋をしたら?とか失恋したら?とか
色々考えてしまいました。


こちらの展示。キッズプログラムとタイトルにありますが
大人とかカップルも十分楽しめると思います。

元々このICCさんというのは
キッズプロフグラとタイトルにあっても展示そのものが
大人でも十分楽しめるクオリティになっていているので
楽しめて当然といえば当然なんですけどね。


カップルで閉館時間前とかの人が少ない時間帯に楽しむとか
すごくお勧めしたいです。
影の動きと共に色々な思いを感じることが出来ると思います。



IMG_9821.jpg
私達もぜひ再訪したいと思います。


9月2日まで。
月曜日休館です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク