2012-08-05

帆船日本丸・横浜みなと博物館「わくわく おどろき!親子でピンホール写真体験教室」に参加してきました。

IMG_9551_20120805100255.jpg
帆船日本丸・横浜みなと博物館にて

「わくわく おどろき!親子でピンホール写真体験教室」

に参加してきました。


毎年参加させて頂いている東京都写真美術館の暗室体験で
お世話になってる日本写真協会さんから
ご紹介して頂いたイベントです。

今回はピンホールカメラ。初めての体験です。
そもそもピンホールカメラというのはどのように作るものなのか。

簡単に説明してあるサイトをご紹介させて頂きます。

ピンホールカメラを作ってみよう


そうなんです。
このピンホールカメラはものすごくシンプルな構造なんです。

IMG_9552_20120805100255.jpg
自分でつくってみると尚更シンプルなのがよく分かります。

IMG_9553.jpg
6歳の息子でも簡単に作ることが出来ました。

そして暗室に入ります。
IMG_9561.jpg
暗室は明るい状態だとこんな感じ。
ここでも基本子供達で作業をします。
(液を使う時は先生がやります。危険ですからね。。)
なんで子供が自分で出来るのかと思ったら
ナンバリングが統一されてるんです。
子供達が最初にもらう名札の番号を下に行動します。
暗室の作業台にもその番号がふってあります。
なので子供が迷ったりすることが殆どないんです。
だからすごく気持ちよく作業出来る。
すごいなって思いました。


IMG_9554.jpg
さて早速撮影。
今回はぶれない為にブックスタンドを使います。
これも工夫ですよねー。
構図は先生がある程度目安をつけてくれます。
どこぐらいまで映るとか事前チェックが必要だからだそうで
まさになるほどでした。

IMG_9555.jpg
ちなみにシャッターを切る、つまりピンホールを開けるために
テープをはがすのですがその時カメラが落ちないように事前にガムテープで
固定もしてくれています。
まさに工夫しまくり。さすがです。


みんなで無事に撮影が終わったら今度は暗室でネガを仕上げます。
IMG_9557.jpg
出来上がったネガがこんな感じ。

IMG_9558.jpg
これを暗室でライトをあてて写真に仕上げます。
なんと5秒でいいんですよ。
すごいですよね。

IMG_9559.jpg
そして出来上がった写真がこちら。
ねえねえなんかすごくないですか!!!
かっこいいですよね!!!
少しクラシカルな感じもとても素敵。
ものすごく楽しかったです。


IMG_9562.jpg
私実は横浜産まれなのですが
この訓練センターには初めて入りました。
すごく楽しいイベントでした。
またぜひチャレンジしてみたいです。



自分でもやってみたいけど印画紙とかどうしようと思ったら
こんなものもありました。

大人の科学 No.14
大人の科学マガジン Vol.14 ( ステレオピンホールカメラ ) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.14 ( ステレオピンホールカメラ ) (Gakken Mook)
(2006/12)
大人の科学マガジン編集部

商品詳細を見る
「ステレオピンホールカメラ」
アマゾンでも買えます。




既にイベントは終了しております。
スポンサーサイト

theme : アート
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク