2012-06-23

渋谷ヒカリエCUBE 1, 2, 3「森山大道/石川直樹 写真展 "To Nirvana and Back"」「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 開幕直前展」を観てきました。

IMG_8030.jpg
渋谷ヒカリエCUBE 1, 2, 3にて

「森山大道/石川直樹 写真展 "To Nirvana and Back"」
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 開幕直前展」

を観てきました。


アートを見つけに旅に出る。
こんな行為がぴったりな時期がやってきました。

私たちは一昨年瀬戸内国際芸術祭を訪れました。
この地方で開催される芸術祭というのが
単なるアートの発表の場だけでなく

地域との向き合い方の再確認や
若者の活動拠点の提供や
各世代との新たな交流等

さまざまな【うごき】を与えるものであることを実感することが出来ました。この

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012

は「瀬戸内国際芸術祭」の元となった
芸術祭であります。
私にとっては憧れの地でもあります。


でもですね。


このような地方で開催される芸術祭というのは
開催前は知名度が思った程上がらないのですよ。
そして終了後「なんですかこれは!」と切れたくなるくらい
の急上昇で並んで鑑賞となってしまう。


それも情報伝達がテレビや雑誌等に限られていたというのもあるでしょう。
なのでこの渋谷ヒカリエでの展示は開催広告の一環として
とても意味があると思います。

IMG_8031.jpg
さて息子はここで出来るWSに挑戦させて頂きました。
みんなではっぱを書いてはっぱの部屋を作るみたいです。
IMG_8032.jpg
緑の色が超綺麗です。

IMG_8034.jpg
息子は一心不乱に書き書きでございます。
私もやればよかったな。


このように自分が作ったものが
作品の一部になると
なんか見に行きたくなっちゃいますよね!


隣の空間では石川直樹さん、森山大道さんの作品展が開催されていました。
石川さんの作品はギャラリーで拝見したものも多かったです。
大迫力のエベレストと向き合うと本当に色々なことを考えさせられます。


そしてこのようなアート鑑賞旅行。
家族連れにはオススメです。
特に野外展示は空いている時期を狙えば
とてもくつろいだ気分で鑑賞出来ると思います。

今年の旅行先候補にぜひ如何でしょうか。




6月24日まで。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク