2012-06-19

ワタリウム美術館「ひっくりかえる展・竹内公太「ポータブルマインド東京(2007)」」を再訪してきました。

IMG_7633.jpg
ワタリウム美術館にて

「ひっくりかえる展」

を再訪してきました。



最近ニュースが騒がしいです。

オウム心理教の逃亡犯逮捕の中
最後の逃亡犯が逃げ続けています。
私は基本テレビをつけっぱなしにしないので
ニュース番組もあまり見ないのですが
それでもこのニュースが連日テレビを賑わせていることを
各方面から感じることができています。

当時の事件報道はとてもセンセーショナルで
毎日こんな事がどうして起こるのか
本当に不思議でした。そして

【何も関係ないのに突然地獄に突き落とされることは実際に起こる】

を実感させられました。



気になった点は他にも。
現在逃亡中の人物の潜伏先が我が家から案外近かったというのもその1つ。
私が息子の手をひいて歩いている時近くにいたのかなと思うと
何とも言えない気持ちになりました。
そしてこの何とも言えない【気持ちの意味が分からなくて】
自分でもとても不思議な気持ちになりました。
すっかり気にしなくなっていたのに思い出す感覚。

いまこそ
「竹内公太「ポータブルマインド東京(2007)」
を体感すべきだろうと思ったのです。

そしてもう1つ。これはぜひ息子と見たかったのです。
息子はこの事件を全く知りません。6歳なので当然です。
そして普段私があまりテレビを見ないので
こういう事件を振り返るワイドショー的な情報も殆ど知りません。
息子はなんと竹内公太さんと実際に話しているので
竹内作品にはかなりの衝撃があるらしいとは分かっています。

2012-03-28
XYZ collective「竹内公太 「公然の秘密」」を観てきました。

でも彼は「これがなぜここにあるのか(衝撃的なのか)分からないよ」
と最初見た時私に話していました。


改めてこの作品の意味を考えてみます。
そう、これはこの人達の歴史を知らない人と
そうでない人では感じ方がとても違う作品であります。


単なる人物画のように見えるこの絵画。
描かれた人物の背景、
そしてここにその絵が存在していた意味。


当時は沢山の指名手配写真が街に溢れていました。
これだけ沢山の写真が街中に貼られるんだもの。
すぐにつかまるでしょうと思っていました。


しかし時は流れ衝撃は風化していきました。
街には事件を知らない人が増えていきました。
逃亡していた、逃亡をし続けた彼らはきっとこの写真をみたでしょう。
どんな風に感じながら思っていたのでしょうか。
事件の風化を待っていたのか、
それは自分が鳥喪される様を見つめている様な感じなのかなとか
色々考えてしまいます。


息子の一言が私を現実に引き戻します。


「ねえこの人達は誰なの?」


事件について概要をうまく説明出来なかったので
「この2人の人は悪いことをして
 警察に行かなくてはいけないのに逃げ続けていたんだよ」

と話してみました。逃げ続けるの意味がいまいち伝わっていなかったんで
「おまわりさんと鬼ごっこだよ」
と言い換えてみます。それをずっと続けるんだよと。
「ずっと」ってどのくらいというので

「君が産まれてから今日迄を3回繰り返した位」

というとその年月の長さに固まっていました。
彼はまだ6歳。6年しか生きてきた経験がありません。
彼にとっての6年はものすごい長い時間でしょう。
それを3回繰り返す時間逃げ続けるなんて!

と驚いていました。

IMG_7634.jpg
息子は私とのこのようなやり取りで
この肖像画の人々の背景を少しだけ知りました。
帰りに指名手配写真もあったので
再度説明してみました。

でもあの時間のあの日を体験した私とは違うんですよね。
これはどんなに努力しても埋められない。


時間、場所、意識。それぞれの断絶。
その断絶に気づかないふりは許されないんだぞという
強い、強い警告。



もっと気づくべきことに気づかないといけないんじゃない?


こんな声が聞こえてきたような気がしてしまった以上
もう後戻りは出来ないのかもなと思い始めています。


IMG_7635.jpg
竹内公太さんって凄すぎだぜ。
そして数ある竹内公太作品から
この作品をキュレーションした
Chim↑Pomって凄いぜ!と
とても素直に感じることが出来ました。
さすがです。


★写真撮影可能な展覧会です。

★両容疑者逮捕を受け逮捕にあたってステートメントを展示された模様です。
 これは再訪せねば!と思っております。

「ひっくりかえる」展は7月29日まで会期延長とのこと。
月曜休館です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク