2012-05-09

21_21 DESIGN SIGHT「テマヒマ展 〈東北の食と住〉」を観てきました。

IMG_6238_convert_20120509104250.jpg
21_21 DESIGN SIGHTにて

「テマヒマ展 〈東北の食と住〉」

を観てきました。


本展は、東日本 大震災を受け昨年7月に開催した特別企画
「東北の底力、心と光。 『衣』、三宅一生。」
の続編のなります。

2011-07-30
21_21 DESINGSHIGHT「特別企画「東北の底力、心と光。 「衣」、三宅一生。」」を観てきました。

三宅一生と ともに21_21 DESIGN SIGHTのディレクターを務めている
グラフィックデザイナー 佐藤 卓と
プロダクト デザイナー 深澤直人。
二人の視点から、東北の「食と住」に焦点を当てるものです。


まず映像から入ります。
映像をじっくり見て頂きたいと思います。
多くの説明はありません。
1つ1つの「テマヒマ」の過程を
じっくり見て共有すればいいのかなと思いながらじっくり。

そして展示室に入ります。
先程の「テマヒマ」をじっくりとかけた品々が
とてもデザイン的に展示されています。
詳しい説明は展示の横にはありません。
最初に配られたリーフレットを読みながら見るべきなんでしょうが
時間があればぜひ最初は何も見ずに
デザインだけを見たいと思い最初はじっくり見るだけで。

1つ1つの「テマヒマ」を経て作られた品々。
そこにはとても洗練されたデザインがあります。
余計な装飾をつけてるヒマはありません。
なぜなら過酷な自然はそのような余裕を与えてはくれないからです。
特に去年の震災を経て
「自然というのはなんて大きな存在なんだ」と感じた方も多かったと思います。
その大地と向き合い続けて洗練された1つ1つのデザインの美しさに
改めて感激を覚えます。

食べ物や食器等
とても日常的なものを「デザイン的な視点」で
じっくり向き合うって今迄やってこなかったなと
改めて思います。


私たちは色々な意味で「今迄急ぎすぎていたのでは」と気づかされます。


このような気づきを与えてくれる展覧会が増えてきてとても嬉しいです。
それはこの「気づき」によって今とても不安になっている
私たちに内側からの自信を目覚めさせてくれる
大事な機会であると気づいた人が行動しはじめているのではと
個人的には思っています。


今行われている展覧会としては渋谷ヒカリエかな。
2012-04-29
渋谷ヒカリエ d47 MUSEUM「NIPPON DESIGN TRAVEL - 47都道府県のデザイン旅行 -」「d SHOKUDO」「d47 design travel store」を観てきました。



じっくり観て頂きたい展覧会です。
ぜひ時間をかけて映像と展示を行き来して頂きたい。
手間ひまかけた数々の品から感じられる
空気を体で感じて頂きたいと思います。


そして渋谷ヒカリエもそうですけど
この展覧会で素晴らしい展は

「デザインに感動したモノを手にいれることが出来る」

いう点です。
日本の素晴らしいデザインを
共感して自分で食べたり使ったりすることが出来る。
その経済が回転するサイクルは作った人、買った人に
すべてに自信を与え関わった人全てが内側から笑顔になれるわけです。


こういう地道な活動によって
内側から育つ笑顔を沢山増やして
元気になっていく。

お偉いさん主導とかではなく
自分達が相手の目をみて、手を見て
行動を見て交流していく。


何度も通いたいと思います。
久しぶりに薄皮饅頭が食べたいな。


8月26日(日)まで。
休館日は火曜日です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク