2012-03-16

gallery21yo-j「青木野枝 展 AOKI Noe Exhibition「ふりそそぐものたち」」を観てきました。

IMG_4741.jpg
gallery21yo-jにて

「青木野枝 展 AOKI Noe Exhibition「ふりそそぐものたち」」

を観てきました。


青木野枝さんの作品って本当に好きなんです。
主に鉄を素材に使われているわけですが
素材から連想させる冷たさというより
いつも使っている(使ってないけど)鉄の門のような
心地よいひんやり感と暖かいぬくもりを感じれるので
本当に好きなんです。

瀬戸内国際芸術祭では
本当に素敵な体験をさせて頂きました。
瀬戸内国際芸術祭【豊島(作品)編】

以前拝見させて頂いた版画展もとても素敵でした。
ギャラリーハシモト「青木野枝 新作版画展「玉曇」」を観てきました。

版画作品を前に思い出した豊島ですごした素敵な時間。
あの時間をまた感じたいと思っていたので
今回の個展は本当に楽しみだったのです。

そしてこのギャラリーは家から近いのも嬉しいです。
幼稚園の帰りに自転車で行くことも出来ます(^^)

★写真の撮影、掲載は主催者の許可を頂いております。



IMG_4742.jpg
そして改めて鉄の作品の美しさに
身を委ねられる幸せを全身で体感させて頂きました。
青木さんとお話する事も出来ました。
いつも本当にありがとうございます。

本展覧会は
1つ1つの形の自然な立ち振る舞いの美しさを
全身で体感することが出来ます。
題名は「ふりそそぐもの」なんだけど
中にいると

「ふりそそぐ」流れと
「天にそびえ立つ」流れを

同時に感じることが出来るんです。

IMG_4743.jpg
きっとこの感覚は天窓があるからかな。
伺った日は青空を流れる雲がとても綺麗でした。
晴れの日も、雨の日も行ってみたいです。
青木さんのお話では「月を見上げるのも素晴らしいそうです。


直線とか正確な円とかではないけど
とても自然で
とても「その人そのもののスタイル」を感じることが出来る青木さんの世界。

まるで手作りのお味噌汁を頂いてるような
暖かい気持ちになることが出来ました。


IMG_4744.jpg
息子は何度も体験している青木さんの作品を
自分なりに大満喫。
作品を観ながらではなく
作品の中で描くのはとても不思議な気分だったそうです。
確かに私も写真を撮ってる時
なんだか森というか建物の中にいるような気分になりました。
ちなみに「何に見える?」と聞いてみると

「玉入れの入れ物。みんなで玉入れするの!」

だそうです。
玉がなかなか溜まらなそうだから
ずっと出来そうですね(^^)




4月1日(日)まで。
開廊時間:午後1時ー6時
月・火・水曜日 休みです。


東急東横線・大井町線 自由ヶ丘駅 正面出口(ロータリー側)より徒歩10分になります。
少し歩きますが帰り道は満足感満載で帰ることが出来ると思います。
オススメします。ぜひ。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク