2017-03-09

しゃぼん玉を吹きながら歩いて家に帰る(2017)に参加します。

shabondana_2017.jpg
(画像:FBのイベントページよりお借りしました。可愛いなあこのシャボン玉液が入った入れ物)

しゃぼん玉を吹きながら歩いて家に帰る(2017)

に参加します。


こちらのイベント。毎回参加させてもらっています。
え、日本のイベントでしょ?と思うあなた。

これは世界中で参加していいそうなんです。
参加方法はとっても簡単。

-----------------
3.11に、あなたのいるところでシャボン玉を吹きながら歩いて家に帰り、
可能であれば、その様子を写真に撮って #シャボン玉2017 または、
#soap_bubbles2017 のタグをつけて、
Twitter、facebook、Instagramに投稿してください。
-----------------
(主催者:三木 麻郁さんのコメント)


こちらに越してこの日を迎える度に
ああ本当にこれは日本で起こった出来事だったんだなあと
感じます。
私は日本人が多いコミュニティに属していないので
誰も地震について会話しませんし、
または会話をする人は英語のニュースを見て
それで会話をしてくるので
意識がとても偏ってる場合があります。

しかも私の父は福島出身。
そして去年の1月、亡くなりました。
3月の納骨の際に「福島に行くから」と話したところ
クラスメイトの父兄から「本当に大丈夫なのか」的な
心配の声を沢山もらいました。
帰国して帰ってきた日去年の3月11日は金曜日。
学校ではみんなでまずテレビでニュース的な映像を見て
討論をする日だったそうなんですが
地震の映像が出たそうなんですね。
クラスメイトはみんな息子が「FUKUSHIMA」に行ってたことを知っています。
そして(去年ですから)5年前、まだ彼が日本にいたことも知っています。
私たちは東京にいたんですが
まあ外国から見たらそういうのってもうごっちゃなんです。
その日はもうみんなに「難民キャンプから逃げてきた人みたいな扱いを受けた」
そうです。そこで必死に
「今でもあぶないところもあるけど、普通に生活してる人もいっぱいいる」
と息子は必死に説明したそうです。


去年、
しゃぼん玉を吹きながら歩いて家に帰る(2016)を二人でやったときのブログを読み返します。
2015年の際の言葉が突き刺さります。

-------------
人の人生は本当にある日突然変わります。
私自身が本当に実感したことです。
来年もシャボン玉が出来たら
まずそのことを心から喜び合おうと思います。
-------------

3月11日、このイベントがあるから
なんだか気持ちよく生きてる今に感謝できる気がします。
きっといろんなことが起こるでしょう。
だって本当にいろんなことが起きましたもの。


でもでも


きっとなんとかやっていける。
シャボンだまを吹きながら色々なことを
考えたいと思います。


今年はアーカイブアプリもあるそうです!

3.11シャボン玉・アーカイブARアプリ
By Photon,Inc.


スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-03-09

【随時更新】2017年3月に訪れた展覧会

本当に、悲しくなってしまうくらい
時の経つのが早すぎる。
でもめげませんよ!

---------------------------

MIZUMA Gallery / Molasses, a solo exhibition of linocut prints on handmade paper by Agung Prabowo (Singapore)

Art Science Museum / NASA - A HUMAN ADVENTURE (Singapore)

Art Science Museum / FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE (Singapore)

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク