2016-04-25

Affordable Art Fair Singaporeに行ってきました。

Affordable Art Fair Singaporeに行ってきました。


毎年2回行なわれているこのフェア。
最近勢いが感じられなくなってきたので
あれえええと思っていたのですが


今回は思い切り変化していました。



スポンサーが銀行から百貨店に変わったということもあり

規模の大胆な縮小(最大規模時の半分になっていました)
絵に興味がありそうな人に届く効果的な広告
接客態度についての再確認(マニュアルがありました!)
お買い得の商品がよくわかるように表示のルール作り
(お買い得に最初から目印を付けるなど)
アクティビティの充実
食事の充実

などが図られ、とてもアミューズメント感がUP。
これがすごくいい方向に空気を持っていた感があって
今回は売れてる売れてる。
売買がかなり激しく動いていました。


行ってみた感じたことは規模の縮小の効果。
来場したお客様が行ったり来たりがしやすい。
これはとても具合がいいのですよね。
あれここどこだっけ的な迷いが深くなり
疲れてしまうという悪循環を断つことができます。
疲労感を産ませないというのは購買につながるのだなと
いろいろな場面で感じることができました。


日本からのギャラリーも。

Shonandai Galleryさん


Gallery Seekさん

シンガポールのギャラリーで日本人の方がオーナーの
Tokyo Gallery さんではライブペインティングも行なわれていました。

作品も素敵でしたがパフォーマンススタイルもとてもこのフェアにマッチしていました。
沢山の人で賑わっていましたねー。


レジデンスのコーナーがあり、
そこでもライブでの製作が。
テープを使っての製作ということで
家族づれとの交流とかあったりして
これは楽しいなあと感心しました。




そしてワークショップでは
病院とコラボレーションをしている印刷スタジオの指導の元
鞄の製作をすることができました。
料金は病院での活動資金になるとのこと。
こういう形式は楽しいですね。



コーヒーや食事もとても美味しかったです。





今年は台北のフェアも規模を縮小して
結果的にとても好調だったと聞いています。
これからは大規模フェアとこのようなサロンフェアは
明確に住み分けされるのかなと
実感するフェアになりました。


次回の展開が楽しみです。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2016-04-21

ISETAN SCOTTS「JAPAN ART EXHIBITION『KAN-ZAN-LOC』」を観てきました。




ISETAN SCOTTSにて


「JAPAN ART EXHIBITION『KAN-ZAN-LOC』」

を観てきました。


關山麓さんと初めてお会いしたのは去年の3月の香港でした。
その後シンガポールでも活動されるとのお話を伺いました。
今年の香港でお会いした際

「伊勢丹で展示をします」

と伺ったので早速行ってきました。



百貨店での展示販売というのは
通常の展示とはまた違うのではと
鑑賞している側からは思うのですが
今回の作品はとても

「その場に窓が存在しているような」

手が届く別の世界が存在していて
とても心地よいものでした。



私はシンガポールに引っ越してから
伊勢丹がとにかく大好きで
本当によく行くのですが
このような活動は本当に素敵だなあと
ワクワクさせて頂きました。


ちなみに最終日前日である
昨日、再度伊勢丹に行ったら
何枚かお嫁入りしていました。




この深い、深い青は
とても心惹かれます。
今後もシンガポールの活動も増えるとのことなので
とても楽しみです。



4月21日まで。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2016-04-18

MIZUMA GALLERY「CONSTITUENT CONCRETENESS」を観てきました。


MIZUMA GALLERYにて

CONSTITUENT CONCRETENESS

を観てきました。


本当に久しぶりにオープニングパーティーに
行かせて頂きました。
どうしても行きたかった理由は

「宮永愛子さんの作品が見たい!!!」

宮永さんの展覧会は東京でも拝見させて頂いています。
その度にまさに「号泣」でございました。

2013-08-02
ミヅマアートギャラリー「宮永愛子展「house」」を再訪してきました。



宮永さんの作品に感じる「時の流れ」。
その時はじぶんの時であり、家族との時であり、
信頼できる人との時であり。

取り巻く環境が変わり、
使う言葉が変わり、
そして家族が増え、いなくなる。

そのような時の流れを改めて感じることが多い現在の私にとって
宮永さんの作品は想うこと、感じることが多すぎて
改めて泣きそうになってしまいました。

そのような時を感じるモードだからでしょうか
光や影を感じさせる作品に心動かされます。




Ken + Julia Yonetani『Three Wishes』(2014)
先日、オーストラリア国立美術館で展覧会を開催したこちらのユニット
おおきな作品がほとんどだと思っていたのですが
今回はとても可愛しい作品でした。
こんな表現方法があったなんて。オーストラリアに行きたくなりました。
この光が集まったおおきな作品がはどんなものなのなんだろうと
想像が広がりました。

そして可愛らしさの中に福島への思いが込められている
キャプションを拝見し、さらに想いが広がりました。
3つの希望。最近悲しいことが多い世の中ですが
希望を見失わないで生きていけますように。



そして奥の部屋の二つの作品。


Dita Gambiro 『Us』(2016)



Maharani Mancanagara『Political Dance』(2016)

こちらは今年の新作だそうです。
影が作品の一部のなっているこの2つの作品に
ここに存在しない何かを感じ
遠い存在になってしまった人や存在に
無性に話しかけたくなりました。




グループ展というのは
「その場にいてこそ感じられる空気感」というものが存在します。
今回のように思い入れのある作品、作家さんを知っている作品、初めて見る作品を
お話をしながら拝見する面白さは本当にと楽しいなあ、素晴らしいなあと
改めて思いました。




オーナーである三潴さんにもシンガポールで久しぶりに
お話することが出来ました。
(最近シンガポール以外でお会いすることが多かったです)






このミズマギャラリーがあるギルマンバラックス
最近はさまざななタイプのレストランが出来始めました。
アートを見るのも楽しいのですがそれ以外にも
様々な楽しみかたが出来つつあります。
在住のかたも、ご旅行の方も、ぜひ
足をお運び頂きたいと思います。



5月22日まで。
月曜日休廊です。詳細は公式ホームページをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2016-04-07

MasterCard Theatres at Marina Bay Sands「Blue Man Group」を観てきました。


MasterCard Theatres at Marina Bay Sandsにて

「Blue Man Group」

を観てきました。


なんとなく昔からやってるようなあと
思っていたらなんですか1991年からやってるんですか!!


びっくり。


確か1回、東京でみようとして
「未就学児お断り」
だったので諦めた記憶はあるんです。
シンガポールは。。。未就学児的な子、結構いましたけどね。


息子はイマイチよくわからず、
春休みなので塾の帰り、午後8時からの回に
参加することにしました。





さてSHOWはだいたい2時間くらいだったんだけど。。
楽しかった!!!
子供も。大人も、みんなすごく楽しんでいました。
しかも時事的なグッズも取り入れていたりして
すげえなるほど!って何度も思いました。

2時間近いSHOWは間延びの部分も感じさせず
考え抜かれた構成で時間が経つのがとても早かったです。




最後には一緒に写真も撮れたりしました。
ちなみにサムライ「ブルー」を着ています。
こういう後興行がとても適度な盛り上がりなのも
シンガポールらしい。すごくシンガポールらしい。

行って本当に良かったです。
またシンガポールにきてほしいなー。








最後に秘密のささやきを。


more...

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク