2014-10-27

Marina Bay Sands Sands & Expo Centre 「MIA&D FAIR」に行ってきました


Marina Bay Sands Sands & Expo Centreにて開催された
MIA&D Fairに行ってきました。
引っ越してからの初めてのアートフェアでございます。



名前が名前なので写真だけかと思ったら
結構バラエティに飛んでました。
家具とかありましたもんね。


ミランでも開催ということで
イタリアからの出店ギャラリーが非常に多かったです。
独特の雰囲気感に圧倒されまくりました。
イタリア人おしゃれ。。世界観ありすぎ。。


今回は体験談的なエピソードを。


そんな中私たちはドイツのギャラリーをみつけました。
ブンデス大好きな私達。
ドイツの雰囲気、いいわーって中に入って
作品を拝見させて頂いていたら
お姉さんが息子にキャンディをくれました。
私はドイツ語でお礼してねと息子に囁いたのでは
「Danke!」とお菓子を受け取りながら話しました。
するとスタッフの方が「この子ドイツ語喋った!」と
集まってきましたwww
それをきっかけにオーナーさんまで出てきて
作品を前に盛り上がって盛り上がって
なんと写真集まで頂いてしまいましたwww




欧州や中東の人ってアジア系の子供が
英語以外の言葉を話すと本当に親近感をもってくれます。
結論としては




海外のアートフェアに行った時や
アートフェアで海外からの出展ブースに入る時は
その国の言葉で挨拶してみましょう。



世界がぱーっと広がります。
楽しくなりますよー!


イベントは既に終了しています。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2014-10-23

Mizuma Gallery (Singapore)「HISASHI TENMYOUYA x INDIEGUERILLAS curatorial exhibition」を観てきました。



Mizuma Gallery (Singapore)にて

HISASHI TENMYOUYA x INDIEGUERILLAS curatorial exhibition

を観てきました。


天明屋さんの作品は色々追いかけていますが
実際にお話する機会は初めてでした。
以前「BASARA展」のデコった携帯に
大感激した私はどんな世界が広がっているのだろうと
ワクワクしながら出かけました。

ちなみにその時のブログはこちら。

2010-08-07
青山スパイラルガーデン「BASARA」展を観てきました。


今回は天明屋尚さんの日本人アーティストと
インディゲリラさんによるインドネシアのアーティストの
ダブルキュレーションになります。


天明屋尚キュレーション作家:辻野裕明/井上裕起/加藤美紀/辻川奈美/天明屋尚
インディゲリラ キュレーション作家:Indieguerillas/Restu Ratnaningtyas/Agung Prabowo "Agugn"/Yudi Sulistya


どんな風に展示されてるのかなと
拝見すると
キュレーションエリアが分かれているわけではなく
混在して展示してありました。
まさに全てが混在しているアジアそのもの。


そして2つのキュレーションがそれぞれ1つのイメージに固まることなく
数々のイメージが重なり合っている点にとてもシンガポールらしさを感じました。
例えば宗教観1つにとっても
表現の方向性の違いがとても興味深かったです。







そしてここをすごく強調したいのですが
日本とインドネシアというお国柄でしょうか
表現のエネルギーの種類が「優しい」。
なのでなんだかとても暖かい気持ちになれます。



息子はこのキリンさんが大のお気に入りでした。



このキュレーション展においての
天明屋さんの作品は「手」が描かれていました。
私個人はこの作品を拝見しながら
BASARA展でのデコった携帯を思い出し
そして手の中での小さな世界から宇宙を感じるという
世界観を想像しうっとりしておりました。


そして同時に
BASARAのイメージだけにこだわっていた自分を
深く反省。
この時期天明屋さんは同時に沢山の展覧会、キュレーションを行っているそうです。
お話を聞けば聞くほどどの展覧会も面白そうです。
伺えないのがとても残念です。
東京のミズマアートギャラリーでも10月22日より個展が開催されます。

天明屋尚「韻 Ⅱ」展

お近くの方はぜひ足をお運びください。

10月は
『「芸術の秋だ!10月は天明屋尚月間!」
~天明屋の天にちなんで、10月に10種類の様々なことを一斉展開致します!~』

が開催されているそうです。
私は10しか行けないのが残念です。
詳細は天明屋さんの公式ホームページ
ご参照ください。



1. パルコミュージアムでは過去の代表作を一堂に展示
2. ミヅマアートギャラリーでは最新作を展示
3. 六本木ヒルズA/Dギャラリーでは画稿と版画を展示
4. 天明屋尚作品集「Masterpiece(青幻舎)」発売
5.「天明屋尚」× ストリート・ファッションブランド「XLARGE®」とのコラボレーション
6.「天明屋尚」× ストリート・ファッションブランド「XLARGE®」×「BE@RBRICK」とのコラボレーション
7.「天明屋尚」× ストリート・ファッションブランド「XLARGE®」×スカジャンの老舗「TAILOR TOYO」とのコラボレーション
8. 川崎市岡本太郎美術館では新作インスタレーションを展示
9. アメリカではジャパン・ソサエティにてグループ展に参加し代表作を展示
10. シンガポールミヅマギャラリーではグループ展のキュレーション


シンガポールにご旅行の際は
ぜひ足を御運び下さい。


11月30日迄。
原則月曜日休廊です。
詳細はミズマアートギャラリー公式ホームページ
またはギルマン・バラックスの公式ホームページ
ご参照下さい。



そしてやっと三潴さんの本も購入することができました!
年末の一時帰国時じゃないと厳しいかな・・?と
思っていたので非常に嬉しかったです。
現在読み始めていますが
登場してくる数々の展覧会には
このブログにも記録があるものが多く
個人的にもとても思い出深く
拝読させていただいております。
購入させていただきありがとうございました!


アートにとって価値とは何かアートにとって価値とは何か
(2014/09/19)
三潴 末雄

商品詳細を見る

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2014-10-21

Think Different naturally.



シンガポールに引越をしてから
まだ2ヶ月もたっていませんが
本当にジェットコースターのような
日々でございました。



少し生活も落ち着いてきた感じです。



息子は現在インターナショナルスクールに通っています。
日本人は同じ学年240人中たったの2名という
まさにマイノリティな世界ですが
サッカーのおかげで順調に友達も出来てる様です。



彼の通う学校は英語がネイティブではない子は
皆が中国語を学ぶ時間に英語を学びます。
それ以外は全部一緒に学ぶスタイルの学校です。
なので彼が学校で主導権をとれるのは

体育、図画工作、算数

になります。つまり「語学主体でない教科」です。


図画工作の授業は日本にいた時から好きでした。
そしてこちらの授業では「制作における自由」が
彼の予想を超えてるようで毎回驚きの連続の様です。

例えば絵を描くという授業だったら
絵の内容が他の子からすると知らない世界なので
その絵の内容についてみんなで喧々諤々が始まるそうです。
内容について、出来について批評をする子はいません。
なぜならみんな「違いすぎるから」。
だから何を書いてもみんな興味津々。
それについてのあれやこれやの意見にも興味津々。
みんなのリアクションが楽しい!と話してくれました。


世界は本当に様々な文化で溢れています。
違う国、違う都市、違う人種、違う性別、違う宗教。
本当に様々な文化で都市は、国は構成されています。
その様々な文化の違いを「違うね、面白いね!」と
思えるような環境は
外国の学校でも、外国の美術館でも、
そして自国の美術館でも溢れています。

その違いを楽しめるようなやわらかい体験を
私自身これからも沢山したいです。
そしてその体験を
自然に次世代に引き継いでいけるように
これからはもっと知識も学んでいきたいです。



今、気合入れて勉強中です。
がんばります。
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク