2018-01-03

新しいステージで私は何を伝えていけるのだろうか

26112291_10214971803190554_5175453146236031731_n.jpg


さて、転居して1週間が経った。

私は初めての局面を味わっている。それは

「気軽にアートスペースに行けない」ことだ。


私自身は東京でも都心、シンガポールでも都心という
非常に利便性のよい場所で暮らしてきた。
気軽にアートスペースに行けるということは
とてもありがたった。


新居はクアラルンプールで非常に治安のいい場所。
都心からはかなり離れている。

出かけるには車が必須。
そして渋滞も読めない。

正直、効率的な外出の仕方の模索に四苦八苦している。


私自身、美術館の親子鑑賞に関わる発信を
気がつけば10年以上行っているわけだが
いつも頂く指摘があった。それは




あんたは(鑑賞するには)とても便利な場所に住んでるじゃないか!
だから親子鑑賞とか気軽に出来るってことじゃないか!



という点だった。



確かに
東京もシンガポールも
出かけようと思えば
すぐ近くにアートがあった。
塾や習い事、スポーツの練習の途中で
簡単にアートを見に行けた。



今回はそうはいかない。
公共交通事情が未発達のクアラルンプールでは
移動もなかなか大イベントだ。



でも、美しさの規模は私の経験値のなかでは
桁違いのでもある。
特にモスク。モスクの美しさと
モスクの通常生活への溶け込み度がハンパない。


シンガポール駐在の時も感じたのだけど
宗教に関する考え方については
もっと深く知っていきたい。



芸術というのは美術館だけじゃなくて
もっと自然に身近に存在していたもの。


そこに改めて気付くことによって
自分自身新しい「芸術」を確認できるような気がするのだ。






スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

2018-01-01

2018年気持ち改めて

あけましておめでとうございます。

2018年はクアラルンプールの新居で迎えました。
2017年は書き手として大後退した年でした。

笑って振り返るにはあと数年かかるかなと思うっています。

深く傷つくことも多かったし
非常に不快に思わせることも多かったと思います。



そしてどこかで
自分を見失っていたんだと思います。
この大きな勘違いに気づかせるための
神様からの「喝」だと思いたいです。



芸術というのは
本来快楽から産まれるもの。
芸術に関わることが
根本としては美しさ、楽しさを感じるべきなのに。



その点転居はとてもよいタイミングでした。



気持ち改めて頑張っていきたいです。
気持ち改めて、基本に帰ります。

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

2017-12-16

クアラルンプールに転居します

DRKADAJUEAIZLO41_1216.jpeg


ご無沙汰しています。


私ごとで恐縮ですが
12月末からシンガポールから
お隣のマレーシアのクアラルンプールに転居します。


そして
シンガポールには子供の試合、アートの取材
クアラルンプールでの取材
マレーシアから他の国への取材


そして


一時帰国して東京、大阪の取材を
今までよりもっと鑑賞者寄りの感覚で記していきたいです。
バンバン飛び回る予定でございます。


今後はぜひ
海外で学ぶ中学生についてなども
書き記して行きたいなと思います。


でも、このブログはずっとアートメインです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。



(早く落ち着いて書けるようになりたい。。。)

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

2017-10-08

一時帰国していました

fc2blog_201710081523088eb.jpg


家庭の事情で一時帰国していました。
東京はご飯が美味しい!
展覧会もたくさんみたので記録せねば。頑張ります。


今回の日本滞在で感じたのは
とても不安が前に出てること。
みんな不安で仕方がないって気持ちを
隠せなくなってること。

ですね。




ところで、ダンスはお好きですか?
ダンスは舞台も大事だけど舞台ありきじゃないんですよね。
踊り手の力がとても大きい。
つまり、踊り手次第。

日本人はもっとダンサーにならなくてはいけない

そんな時期が来てるような気がします。
舞台は見えないところでいくらでも仕掛けることができます。
優れた踊り手は踊る舞台を自分で選べます。


優れた踊り手になろう。
そんなことを感じた東京滞在でした。

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

2017-08-04

【雑感】日本人の夏休みって忙しいですよね

日本が夏休みの時期、ここシンガポールでは
教育関係の情報が増えるような気がします。
理由は簡単。


「夏休みは移動(異動)の準備の季節」


だからです。
駐在のご家族のが本移動に向けての準備期間に
この夏休みが使われます。
うちも赴任前の3年前の夏休みは

英語の勉強、サッカーの練習、英語の宿題(号泣)、日本語での通信教育(号泣)

の繰り返しをしながら
日本とシンガポールを行ったり来たりしていました。


なのでこの時期、


あれを学ばなきゃ
これをやらせなきゃ
やらなきゃやらなきゃ


で右往左往する気持ち、痛いほどにわかります。
この学ばなきゃは
勉強だけでなくキャンプとかスクールとか
あらゆる体験学習が含まれます。


お子さんが小さいと
この忙しさは親と一体化するので
益々みんな疲れますよね。


我が家の夏休みの忙しさのピークは赴任直前の3年前でした。
うちの息子はボヤきます。
僕の小学校の2年生の夏休みはなかった。
そして3年生以降は1年中夏の場所にいるので
なにが夏休みなのかわからない。

だから、僕の「夏休み」は日本の小学1年生でもうなくなっちゃった。


本当に申し訳ない気持ちなります。
そして同時に

あのジェットコースターのような日々が
ちょっとだけ懐かしく振り返られることに
息子さんの頑張りと努力に深く、深く感謝します。


日本人家族の夏休みって
実は全然落ち着かない、忙しすぎって
最近深く深く思います。


そして悲しいことに私も
その忙しさを自ら作っていることも確かです。


「自転車操業スタイルの夏休み」を
一旦休憩する勇気を、神様ください。

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク