FC2ブログ

2019-05-14

瀬戸内国際芸術祭で感じたこと、あいちトリエンナーレに期待したいこと

今年は久しぶりに日本の芸術祭を訪問できるので
今からワクワクしています。
瀬戸内国際芸術祭とあいちトリエンナーレです。

振り返ってみると私たち、東南アジアの芸術祭ばかり回っていて
本当に久しぶりに日本の芸術祭に行きます。
ちょっと緊張してる部分と
どんなことを期待してるかを
整理してみたいと思います。


瀬戸内国際芸術祭に行っていつも感じていたこと

私が日本の芸術祭訪問、それは

横浜トリエンナーレ
瀬戸内国際芸術祭

ここら辺が1番古いかな。
瀬戸内国際芸術祭は実は開催前から
直島は訪問していました。
1回目、2回目、3回目を全てクリアしている
13歳はあまりいないのではないでしょうか。


瀬戸内国際芸術祭は最初は
非常に手探りであった部分が多かったと思います。
しかし第2回、3回になると
非常にいい感じでお祭り感が出てきて
いい感じで旅感が出てきていい感じで
「冒険感」が出てきていました。

冒険感ってすごく大事なんですよ。
私のような家族鑑賞の人には。
なぜだかわかりますか?
冒険感が満載だと

「静かに見なさい」
「大人の場所でしょ!」

的な感覚が日本人的にかなり減少するので
家族連れが行きやすくなるからです。


特に私が瀬戸内国際芸術祭に過去行った時期は

「あまり混んでない時期」だったのも幸いでした。
(子供の夏休みの関係でいわゆる日本の夏休みの時期に
 瀬戸内国際芸術祭を訪れたことがありません)


混み合ってない環境、そして適度に漂う冒険感は
芸術祭と現地の生活がいい感じで
ミックスが始まっている環境と
同時進行でまるで自分が冒険の主人公になったようで
とても気持ちが良かったです。



アジアの芸術祭はどんな感じなのか

私が言ったことがある頃実際振り返ってみると
あらまぁよくまぁこんなにきましたね状態です。



シンガポール
クアラルンプール
バンコク
オーストラリア。


とにかく楽しい
とにかく自由

その印象が非常に強かったです。

日本の芸術祭訪問時に最初感じていた

子ども連れだからうるさいって言われたらどうしよう
という恐怖感はほとんど感じませんでした。
鑑賞してる人も
とにかくその場を楽しんでいるそういう人がとても多かったです。


観光と芸術がとてもうまくミックスしていることも特徴的でした。
そして観光のベースがあるので鑑賞の移動が行動が
容易でありました。
(午後2時以降のバンコクを除く!)



あいちトリエンナーレに期待したいこと

さて今回新しく初めて訪れるあいちトリエンナーレ。
開催前から非常に注目をされています。
私もとても楽しみです。
仲良しのアーティストもいっぱい参加します。
私自身は内容とかテーマとかそういう事は
正直あんまりここで議論するつもりはありません。


私が重視したいのは

家族で行って楽しいか
家族で行ってその家族それぞれの思い出になるのか
家族全員が笑顔で帰れるか
そこを重視したいと思っています。

今回は都市型の芸術祭と伺っています。
都市型と言うのは非常に行動がしやすいんですけど
その分大人が集まる。
大人が多く集まると

「芸術祭は大人が見るものだ」
「芸術祭は美術を理解できる人が来るべきだ」

と思っている人が
出現する可能性があって
そこで不幸な要素が重なると
家族連れとか気軽に見たい人たちが
追いやられる可能性があります。


あと心配なのは暑さ。
すごい暑いんですよね名古屋ってきっと。
東南アジアに住んでるお前が何を言うかと言う感じですが。
い日本の暑さって非常に攻撃的ですよ。怖いもの。
都市型だからなおさら、鑑賞において全ての人が体調管理を保てるような
環境作りを考えていただければと思います。

帰り道が笑顔だったら
また行こうって思える。
また楽しかったら次は美術館に行こう!って思える。

大事な大事な環境づくりの始まりです。
暑さ対策をぜひお願いします。

そして「情報提供→アクション」のシンプル化を強く期待します。


シンガポールビエンナーレのような
小さな国で、情報網が発達している国で
行われるようなビエンナーレでも
実際は知らない人が
非常に多いものなんです。

そう、情報って案外伝わってない。

なのであいちトリエンナーレがどのような形でどのように継続的に
情報提供してるのかとても気になります。

そして情報提供から提供された側が起こしたいアクションが
どこまでシンプルな道になってるか
とても気になります、

どのように行動を移すようなきっかけ作りがあるのかとても気になります。
都市型芸術祭だからできる様々な次のアクション、とても楽しみです。

時は夏休み。多くの思い出を作りたい親子がたくさんいると思います。
夏休みの宿題の対策を考えたい親子もいると思います。

そのような親子に対してこのアクション。あんなアクションもあると言うような
素敵なそのきっかけが今からたくさん伝わりますように。
そしてその結果きっかけを聞いた人たちが
たくさん足を運びますように。
そして帰り道が笑顔であることを祈っています。
スポンサーサイト



theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

2018-12-30

2018年私の記憶に残った展覧会



さて気がつくと、もう2018年も終了です。
今年も記憶に残った展覧会を整理してみました。

ただのおばさんアートラバーの割には
どこまで飛び回ってんだ的な感じですね。
何回飛行機乗ったのか数えるの途中でやめました。
まあこの環境なので
しばらくこのまま飛び回りたいと思います。

今年は東南アジアの歴史と表現について
考えることとかも多かったです。
あと、本当にエキサイティングな東南アジアのアーティストを
わかりやすく紹介したい。
来年は日本でビエンナーレ、トリエンナーレが多い年。
その時に彼らのことをもっとファンキーにわかりやすく紹介したい。
そしてビエンナーレ、トリエンナーレなんて興味なかったご家族が
足を運ぶようなきっかけを作りたい。
そんなことを思うことが多かったです。

それだけ素敵な出会いが沢山ありました。
英語、頑張らなあ。。。

転居してドタバタでなかなか更新できなかったりしたのは
本当に残念無念。
この恵まれた環境をもっと活かしたいなと思います。



-----------
【Singapore】STPI 「Dinh Q. Lê: Monuments and Memorials」



【Singapore】Japan Creative Center 「感0 - KANZERO An Exhibition by wataboku」



【Kuala Lumpur】ILHAM GALLRY「PATANI SEMASA」



【Singapore】Artscience Museum「Wind Walkers: Theo Jansen’s Strandbeests」



【Kuala Lumpur】Wei-Ling Contemporary「Dadang Christanto「M I S S I N G」」



【Indonesia】museum MACAN「YAYOI KUSAMA/ Life is the heart of a rainbow」



【Kuala Lumpur】Lostgens' Contemporary Art Space「Interdisciplinary Art Festival Tokyo 17/18 in Malaysia」



【Kuala Lumpur】A+ WORKS of ART「Lopung Is Dead! – Pangrok Sulap's Inaugural Solo Exhibition」



【Tokyo】にんげんレストラン



【Singapore】Mizuma Gallery 「Radiance by Albert Yonathan Setyawan and Miyanaga Aiko 」



【Kuala Lumpur】National Art galleyly「Second Life/ Chang Yoong Chia Exhibition」

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

2018-07-19

復活しますよ!




ご無沙汰しすぎです。
KLに引っ越して最初の学年が無事に終了しました。

あまりに忙しく、あまりに余裕がないまま終わってしまいましたが
でも展覧会はちゃんと行ってたんです!
なので随時アップして行きたいと思います。

頑張ります!

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

2018-04-13

再更新開始

ああああ全然更新してませんね。
やっと落ち着いてきたので更新再開します!

3月、東京、シンガポールと巡ってきました。
その記録も追って書きたいと思います。

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

2018-03-11

あの日。

その時。



川崎のヨドバシカメラの屋上の
フットサルコートで行われていた
サッカーの幼児クラスに参加している息子を
見ながら私はベンチでぼっとしていた。
睡眠不足で頭がクラクラしていたので
最初の揺れは目眩だとおもった。
しかし揺れはどんどん激しくなり
私はベンチから立ち上がって
コーチに「地震です!」と叫んだ。
動いていた子供達とコーチは最初気がついていなかったけど
私の声で止まると地震に気がつき思わずしゃがみこんだ。
子供、コーチ、保護者がコートの真ん中に集まり
揺れが収まるのを待った。

これやばいかもな

と思ったがなんとか揺れは収まり、屋上から
歩いて地上に戻ることに。
向かいにあったさいか屋という古い百貨店の窓ガラスが
パラパラと落下していくのを子供に見せないように
私たちは地上に降りた。

コーチの一人が実家が仙台ということで
真っ青な顔をしてるのでみんなで励まし
その日は解散。他の人は交通の回復を待つと話したが
私たちは歩いて大田区の家へ帰ることにした。

16キロ。
「長友が1試合で走る距離だ。長友になれる?」
「なれる。僕にもトーキョー魂がある」

おかげさまで広い道の途中、
トイレを解放してくれる店や
お茶を配って下さる店もあり
2時間半ほどで帰宅。

ありがとう長友。

思ったほど大変ではなかった。
余震はずっと続いていたので
どうしても風呂に入りたいという息子に
今日は勘弁してくれとシャワーにしてもらい
いつもなら閉める寝室のドアを全開にして
寝巻きではなくスポーツウエアを着て寝かせた。

私はしばらく眠れなくて
ラジオとネットをチェックしながら
美術館の休館情報をまとめていた。

旦那は帰宅難民になりその日は会社に泊まった。
そして、まだ父は元気だった。




7年前のこと。
遠い昔のような、昨日のことのような。


アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク