FC2ブログ

2019-11-12

一時帰国してました

10月、手続き関係で一時帰国していました。
まだあまり寒くなかったのでありがたかったです。

今回は短い滞在だったので本当にドタバタ。
それでも素晴らしい体験をたくさんすることができました。

次回の一時帰国予定は4月。来年はオリンピックの時期は帰らないので
(チケット高すぎて無理)日本の夏を外から拝見します。

スポンサーサイト



theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

2019-09-26

私はずっとアートに救われてきました。だから今度は私がアートを救いたい。「文化庁が、「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金不交付決定の撤回を文化庁に要求します」



驚くニュースが飛び込んできました。


愛知 国際芸術祭への補助金 不交付の方針 文化庁


今日は1日、心身穏やかでありませんでした。


私自身は正直、表現に関してどちらかの主張に
ガッと寄ってるタイプではありません。
5年間日本にも居住していません。


このあいちトリエンナーレで内覧会、初日に参加しました、

「完成されたあいちトリエンナーレを実際に見ている数少ない鑑賞者」

でもあります。
ものすごい暑さではありましたが
すごく見応えのある芸術祭でした。

外国住まい故、感想を書こう書こうと思っていたら
どんどん事が展開していって
追いつけないって思っていたら


9月26日のニュースに崩れ落ちました。


これ、マジで怖いです。
私自身は本当に、ただ、「美術展を楽しんでる鑑賞者」です。
この楽しんでるという行為は私にとってとても重要です。


おかげさまでこのブログももうすぐ13年目。
長く続けてきたおかげで
たくさんの作品、展覧会、美術関係者、そしてアーティストと
交流を持ち続ける事が出来ています。


私は知っています。
展覧会や芸術祭で展示されている作品が

アーティストがだけが孤独に、独りよがりに作ってきたものではなく
アーティストと、彼らを取り巻くスタッフ、キュレーターが
長く長く年月と労力とお金をかけて大事に構築した集大成であり
そして私のような鑑賞者が関わり


そこに作品の世界が完成されるということを。


私はその作品の世界を楽しむ事が好きです。
だから、その芸術作品ができる過程のアクションに対して
全ての作業が終了した後に「対価を支払わない」と急に国が言う事は
その芸術作品に関わる多くの人にとって
経済的だけでなく心身の大打撃になる事が
容易に想像できます。
全ての審査が終わり、芸術作品が完成して展示された後に
国が支払い予定だった助成金を支払わないというのは
ものすごく危険です。それは

アーティストやキュレーター、スタッフは
そのアクションに怯えてしまうことになる
鑑賞者はそのアクションを常に意識して
作品をみることになる


芸術作品の持つメッセージは怯えという「織」に閉じ込められてしまうことになります。


現代アートなんてわかんないしー
だってほら表現のなんちゃら展のことでしょー
私が好きななんとか美術館展とかなら
関係ないしー


って自分は関係ないって思ってる人にこそ聞いてほしい。
今回はとても危険。
今回の助成金支払い拒否は話題になってる展示のみでなく
あいちトリエンナーレ全体。
そして「報告と違う」というのが支払い拒否の理由だそうですが
このようなプロジェクトって別に美術展に限らず
最初の報告通りに全て実行できるなって方が少ないはず。。


つまり。


この助成金支払い中止を認めてしまうと
後出しジャンケンで「お金出さないから!」という事が
起こりうる可能性が格段に高くなる。
そして芸術に関わる人たち全てが
「お金出さないよ」という表面化しない圧力を
常に感じて芸術と向き合うことになってしまう。


別に現代アートに限ったことではないです。
映画や音楽、教育だって同じ事が起こる事が
考えられます。


今回、助成金支払い拒否が通ってしまったら
日本の文化は「一部の人が決めるもの」になってしまう。
子育てしてるひとりの人間として、そんな文化は、とても悲しい。
私は現在日本に居住していないけど
日本のアーティストもギャラリストも美術館もギャラリーも
とってもとっても大好きなんですよ。
だって、私は彼らに救われて生きてきたから。
今でも一時帰国の度にみんな私に勇気と元気とエネルギーをくれます。


これを読んでくださってる方にもそれぞれ

「自分が救われたと感じる何か」

があると思うんです。その何かが倒れてしまっている、
立ち上がれないような重圧を与えられている。


助けたいと思うでしょ。そう、その気持ちです。
私は、今、日本のアートを助けたいです。


ぜひ、賛同をお願いします。
スクリーンショット 2019-09-26 22.01.28

文化庁は「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金交付中止を撤回してください。

2019-05-14

瀬戸内国際芸術祭で感じたこと、あいちトリエンナーレに期待したいこと

今年は久しぶりに日本の芸術祭を訪問できるので
今からワクワクしています。
瀬戸内国際芸術祭とあいちトリエンナーレです。

振り返ってみると私たち、東南アジアの芸術祭ばかり回っていて
本当に久しぶりに日本の芸術祭に行きます。
ちょっと緊張してる部分と
どんなことを期待してるかを
整理してみたいと思います。


瀬戸内国際芸術祭に行っていつも感じていたこと

私が日本の芸術祭訪問、それは

横浜トリエンナーレ
瀬戸内国際芸術祭

ここら辺が1番古いかな。
瀬戸内国際芸術祭は実は開催前から
直島は訪問していました。
1回目、2回目、3回目を全てクリアしている
13歳はあまりいないのではないでしょうか。


瀬戸内国際芸術祭は最初は
非常に手探りであった部分が多かったと思います。
しかし第2回、3回になると
非常にいい感じでお祭り感が出てきて
いい感じで旅感が出てきていい感じで
「冒険感」が出てきていました。

冒険感ってすごく大事なんですよ。
私のような家族鑑賞の人には。
なぜだかわかりますか?
冒険感が満載だと

「静かに見なさい」
「大人の場所でしょ!」

的な感覚が日本人的にかなり減少するので
家族連れが行きやすくなるからです。


特に私が瀬戸内国際芸術祭に過去行った時期は

「あまり混んでない時期」だったのも幸いでした。
(子供の夏休みの関係でいわゆる日本の夏休みの時期に
 瀬戸内国際芸術祭を訪れたことがありません)


混み合ってない環境、そして適度に漂う冒険感は
芸術祭と現地の生活がいい感じで
ミックスが始まっている環境と
同時進行でまるで自分が冒険の主人公になったようで
とても気持ちが良かったです。



アジアの芸術祭はどんな感じなのか

私が言ったことがある頃実際振り返ってみると
あらまぁよくまぁこんなにきましたね状態です。



シンガポール
クアラルンプール
バンコク
オーストラリア。


とにかく楽しい
とにかく自由

その印象が非常に強かったです。

日本の芸術祭訪問時に最初感じていた

子ども連れだからうるさいって言われたらどうしよう
という恐怖感はほとんど感じませんでした。
鑑賞してる人も
とにかくその場を楽しんでいるそういう人がとても多かったです。


観光と芸術がとてもうまくミックスしていることも特徴的でした。
そして観光のベースがあるので鑑賞の移動が行動が
容易でありました。
(午後2時以降のバンコクを除く!)



あいちトリエンナーレに期待したいこと

さて今回新しく初めて訪れるあいちトリエンナーレ。
開催前から非常に注目をされています。
私もとても楽しみです。
仲良しのアーティストもいっぱい参加します。
私自身は内容とかテーマとかそういう事は
正直あんまりここで議論するつもりはありません。


私が重視したいのは

家族で行って楽しいか
家族で行ってその家族それぞれの思い出になるのか
家族全員が笑顔で帰れるか
そこを重視したいと思っています。

今回は都市型の芸術祭と伺っています。
都市型と言うのは非常に行動がしやすいんですけど
その分大人が集まる。
大人が多く集まると

「芸術祭は大人が見るものだ」
「芸術祭は美術を理解できる人が来るべきだ」

と思っている人が
出現する可能性があって
そこで不幸な要素が重なると
家族連れとか気軽に見たい人たちが
追いやられる可能性があります。


あと心配なのは暑さ。
すごい暑いんですよね名古屋ってきっと。
東南アジアに住んでるお前が何を言うかと言う感じですが。
い日本の暑さって非常に攻撃的ですよ。怖いもの。
都市型だからなおさら、鑑賞において全ての人が体調管理を保てるような
環境作りを考えていただければと思います。

帰り道が笑顔だったら
また行こうって思える。
また楽しかったら次は美術館に行こう!って思える。

大事な大事な環境づくりの始まりです。
暑さ対策をぜひお願いします。

そして「情報提供→アクション」のシンプル化を強く期待します。


シンガポールビエンナーレのような
小さな国で、情報網が発達している国で
行われるようなビエンナーレでも
実際は知らない人が
非常に多いものなんです。

そう、情報って案外伝わってない。

なのであいちトリエンナーレがどのような形でどのように継続的に
情報提供してるのかとても気になります。

そして情報提供から提供された側が起こしたいアクションが
どこまでシンプルな道になってるか
とても気になります、

どのように行動を移すようなきっかけ作りがあるのかとても気になります。
都市型芸術祭だからできる様々な次のアクション、とても楽しみです。

時は夏休み。多くの思い出を作りたい親子がたくさんいると思います。
夏休みの宿題の対策を考えたい親子もいると思います。

そのような親子に対してこのアクション。あんなアクションもあると言うような
素敵なそのきっかけが今からたくさん伝わりますように。
そしてその結果きっかけを聞いた人たちが
たくさん足を運びますように。
そして帰り道が笑顔であることを祈っています。

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

2018-12-30

2018年私の記憶に残った展覧会



さて気がつくと、もう2018年も終了です。
今年も記憶に残った展覧会を整理してみました。

ただのおばさんアートラバーの割には
どこまで飛び回ってんだ的な感じですね。
何回飛行機乗ったのか数えるの途中でやめました。
まあこの環境なので
しばらくこのまま飛び回りたいと思います。

今年は東南アジアの歴史と表現について
考えることとかも多かったです。
あと、本当にエキサイティングな東南アジアのアーティストを
わかりやすく紹介したい。
来年は日本でビエンナーレ、トリエンナーレが多い年。
その時に彼らのことをもっとファンキーにわかりやすく紹介したい。
そしてビエンナーレ、トリエンナーレなんて興味なかったご家族が
足を運ぶようなきっかけを作りたい。
そんなことを思うことが多かったです。

それだけ素敵な出会いが沢山ありました。
英語、頑張らなあ。。。

転居してドタバタでなかなか更新できなかったりしたのは
本当に残念無念。
この恵まれた環境をもっと活かしたいなと思います。



-----------
【Singapore】STPI 「Dinh Q. Lê: Monuments and Memorials」



【Singapore】Japan Creative Center 「感0 - KANZERO An Exhibition by wataboku」



【Kuala Lumpur】ILHAM GALLRY「PATANI SEMASA」



【Singapore】Artscience Museum「Wind Walkers: Theo Jansen’s Strandbeests」



【Kuala Lumpur】Wei-Ling Contemporary「Dadang Christanto「M I S S I N G」」



【Indonesia】museum MACAN「YAYOI KUSAMA/ Life is the heart of a rainbow」



【Kuala Lumpur】Lostgens' Contemporary Art Space「Interdisciplinary Art Festival Tokyo 17/18 in Malaysia」



【Kuala Lumpur】A+ WORKS of ART「Lopung Is Dead! – Pangrok Sulap's Inaugural Solo Exhibition」



【Tokyo】にんげんレストラン



【Singapore】Mizuma Gallery 「Radiance by Albert Yonathan Setyawan and Miyanaga Aiko 」



【Kuala Lumpur】National Art galleyly「Second Life/ Chang Yoong Chia Exhibition」

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

2018-07-19

復活しますよ!




ご無沙汰しすぎです。
KLに引っ越して最初の学年が無事に終了しました。

あまりに忙しく、あまりに余裕がないまま終わってしまいましたが
でも展覧会はちゃんと行ってたんです!
なので随時アップして行きたいと思います。

頑張ります!

theme : ひとりごと
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク