2017-10-12

POLA Museum Annex「TERRENE | Solo Exhibition by Albert Yonathan Setyawan」を観てきました。

fc2blog_20171012212457e18.jpg


POLA Museum Annexにて

「TERRENE | Solo Exhibition by Albert Yonathan Setyawan」

を観てきました。


あのですね、いきなりなんですけど
インドネシアのジョグジャカルタって行ったことありますか?
私は去年、今年と2回行ったんですが
今年は遺跡ではなくアート関係の施設を回り
ギャラリーの展示をたくさん見たんですね。


そこで感じました。


何このパラダイス感!こんなの初めて!!!


ハッピーありき的な空気感、
人々の自然な笑顔、いろいろな宗教が共存して
なおかつお互いを過度に干渉しない。
素敵なカフェ、自由なグラフティ、
そしてちょっとしたバイオレンス感。
やばいここに住みたい。

そしてジョグジャカルタに恋をした私は
次の訪問地ジャカルタでも
たくさんの素敵な出会いに恵まれます。


やばい惚れた。


インドネシアの文化が持つ
根本的なハッピー感は
生きていく上で絶対に役に立つスキルだと
思います。
ああ生きるってこういうことだ!って
再認識させてくれました。


fc2blog_201710122345214a7.jpg

インドネシア出身で
京都精華大学陶芸コース研究生として京都滞在中で
そして素晴らしい人格者である
アルベルト・ヨナタンさんの個展が
ポーラ美術館(銀座)で開催されるとのこと。
シンガポールミズマでも何度も展示しているヨナタンさん、
森美術館でのサンシャワー展でも素晴らしい世界を表現していたヨナタンさん。
友人としてとても息子を可愛がってくれる
ヨナタンさんの個展が銀座で始まっています。

ちょうどこの日にシンガポールに帰国だったので
特別にオープニングパーティー前に
特別に参加させて頂きました。


作品は陶磁器で構成されたものだけでなく
絵画や映像など様々なスタイルがありました。

fc2blog_20171012234701be9.jpg

fc2blog_201710130006570d3.jpg

fc2blog_20171013000732e5d.jpg

タイトルの「TERRENE」は、ラテン語の土(terra)を語源としているそうです。
作品を構成する粘土を用いて作られた陶磁器は1つ1つ手作業で制作されているとのこと。
形はとてもしなやかなのですが近くで拝見すると微妙に変化する1つ1つのパーツ。
それはまるで生物を構成している細胞、DNAを直視したような感覚に陥ります。
配置も計測などせずそのまま行うそうです。


fc2blog_20171012234617229.jpg

紡がれるリズムの美しさは体内の振動を感じさせるような
定期的であるけど独特なリズムを刻みます。
民族音楽の生演奏を聴いているような
トランス感を感じます。


同時に感じる根本的なハッピー感は
ぜひ作品を目の前にして感じて頂きたいポイントです。



そしてぜひインドネシアという国に興味を持ってほしい。
そしてぜひ足を運んでほしい。
インドネシアって今の日本人が行くべき国の1つじゃないかって
思います。
幸せを根本的に人生に取り込むとはどういうことか、
生きることにどう向き合うか。
改めて考え直すことができると思います。


11月5日まで。
無休、入場料無料です。
場所は銀座の中心部です。お買い物の途中にぜひ足をお運びください。




スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-10-08

G/P gallery「村山悟郎「座って見るために、画像を解除する」」を観てきました。

fc2blog_20171009010150ffb.jpg

G/P galleryにて

「村山悟郎「座って見るために、画像を解除する」」

を観てきました。

村山悟郎さん、ゴローちゃんとは
色々交流させて頂いています。
いつも息子を可愛がってくれて
本当にありがとうございます。
ゴローちゃんの作品、織物絵画もすごく好きなんですが


今回、こちらの展覧会の写真を拝見した時思わず


「おおおおおっ!」


と叫んでしまいました。


この作品の題材である
2016年、トルコのアンカラで起こったロシア駐在大使殺人事件は
ものすごい衝撃を与えた事件でした。

戯曲のような美しい写真は
まるで作品のようで
これが現実におこったことなのか
そもそも今、現実に起こったことに
私たちは驚かされてばかりなんだから
事件こそ戯曲のようなものではないのか



などなど。


大混乱したことを昨日のことのように思い出します。
と書きたいところですが
あまりにも驚かされることが続くので
結局いつのことだっけ?って
わからなくなってしまう現実に

明日が来るのがこわいと思う今日この頃。


そんなご時世
まさに「後ろからヒザカックン」である
「クソコラ(CRAPPY COLLAGE)」
を取り入れたこの作品。



これは絶対に実際に見なきゃ!って思ったんですよね。


fc2blog_20171009010241128.jpg

実際に拝見すると
メディアと現実がどれだげ今混沌の時代なのか、
なにを現実と定義すべきなのか、
この混乱をどう芸術化していくのか、
それはなにに対してのメタ化になるのか。

混乱が混乱を呼びます。
そして同時に「あ、でもなんかどうでもいいくらいかっこいいね」とも思えるのです。
この批評分析とそれを投げ出したくなるどうでもいい感の同居が
まさにクソコラ!ああ気持ちいい。

コラージュの美しさと同時に
「聡明さとバランスをとった素行の悪さ」
が心地よくて心地よく爽快な気分になりました。


fc2blog_20171009010056d68.jpg

これからも息子さんには
かっこよくて素行の悪い様々なものに
触れていってほしいなと思いました。


今後、このシリーズが
どのように展開していくか楽しみと同時に
「あんなことが起きてしまうなんてその時は思ってなかった」
と思い返す自分がリアルに想像できて怖くなりました。




このイベントは既に終了しています。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-09-07

Japan Creative Centre (JCC)「Ceramic Expressions An exhibition series showcasing works by Singapore-based ceramicists」オープニングパーティーに行ってきました。



Japan Creative Centre (JCC)にて

「Ceramic Expressions An exhibition series showcasing works by Singapore-based ceramicists」

オープニングパーティーに行ってきました。



言葉、知識、情報を吹っ飛ばして
猛烈な感情を呼び起こす芸術の1つに「陶芸」があると思っています。
それは「陶芸」というジャンルが「直接触る」という過程が存在するからです。
そして陶芸で触れる作品というのはその作品だけでなく
例えば花、食事、お茶、そしてその情景。
色々な要素が混在して世界を作り上げるからではないかと
考えています。
そこにはまるで人と人との思い出を紡ぐような
とても深い関係性を感じます。



今回の「Ceramic Expressions」
シンガポールを代表する陶芸家でもある
Dr.イスカンダル・ジャリル氏とそのお弟子さんの展覧会。

シンガポールの陶芸というのは
かつては多くが輸入品でした。
お土産で人気のプラナカン食器などは
中国からの輸入品。

かつてゴムの採取の際に使われた器を作るため
シンガポールにも登り窯があったそうですが
技術の変化とともに数は減少。現在は2釜しか残っていません。
そしてその釜を蘇らせるプロジェクトとして
Awaken the Dragon Project」が発足しました。



このような歴史の中、陶芸の炎を燃やし続けたのが
Dr,イスカンダル・ジャリル。
1940年1月15日生まれ、シンガポールの小学校及び中学校にて
理科や数学、職業訓練学校にて芸術の教師を務めていました。
1972年にコロンボプランの奨学金にて日本へ留学し
岐阜県多治見市の陶磁器意匠研究所にて陶芸を学びます。

帰国後は職業訓練学校やタマセック・ポリテクニックにて教鞭を執りつつ、
現在も陶芸家として活躍しています。

1977年以降数々の芸術賞を受賞し、2014年には
日・シンガポール間の交流促進並びに当地における日本の認知度向上に対する貢献を踏まえ、
外務大臣表彰を、平成27年春の外国人叙勲で旭日小綬章を授与されています。


このようにシンガポールと日本を深く結びつけているDrイスカンダル・ジャリルさんですが。。。





実際の作品を見ると
そういう知識とかどうでもよくなってしまうような
猛烈に心が揺さぶられる世界観があります。


お弟子さんの作品たちにも
そこに触れたい、いや触れたらどんな世界が紡ぎ出されただろう?と
思わせるような物語を感じるような作品がいっぱい。


ああ陶芸ってまさに触れる芸術なのね。
触れ合って湧き上がるこの想いが芸術なのねと。


と思っていたら

触れる芸術の巨匠、Chng Seok Tinさんがいらっしゃってました。
彼女の作品はナショナルギャラリーのチルドレンズビエンナーレにも展示。
こちらもまさに触れる芸術なんですよね。
通じ合うものがあるのかもしれないですね。



そしてナショナルギャラリーのCEO Chong Siak chingさんのお姿も。
すごいですわマジで。











陶芸とかわからないし。。。
と心配とかする必要はありません。
実際その場に行ったら
触りたくなってしまうような
この陶芸作品とどんな物語を紡ごうか
そんな物語が脳内再生されるような
素晴らしい体験ができることでしょう。


ぜひ、足をお運びください。
9月23日まで。日月休館です。
そして今忙しい人は
9月26日からはMulan Galleryにて展示がありますので大丈夫!
ぜひ、ぜひ、足をお運びください。

詳細は公式サイトイベントページをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-08-23

MIZUMA GALLERY「「MARK JUSTINIANI / Provoking Space」を観てきました。



MIZUMA GALLERYにて

「「MARK JUSTINIANI / Provoking Space」

を観てきました。



彼の世界に最初に触れたのは私は「チルドレンズビエンナーレ」でした。
この橋、渡ってみてと言われて思わず足が止まります。
吸い込まれるような、どこまでも堕ちていくような感覚は
体験者を美術館の中からファンタジーの世界に引き込みます。


そして橋を渡りきり自分の世界に戻った時の
優しそうな笑顔!
マークさんは私のドタバタ英語にも
十分付き合ってくださるとても素敵な人。
そしてこの5月時に
「ヨコハマトリエンナーレにも参加するんだよ!」と
こっそり教えてくださいました。
(黙っているのが苦しかった。。。)


そこでマークさんの個展が行われるよ!と聞いて
小躍りして出かけました。




マークさんはフィリピンの作家さん。フィリピンといえばキリスト教でしょうか。
とても自然な宗教への敬意はファンタジー小説のような完成された美を感じます。
展覧会タイトルの「Provoking Space」は挑発する空間って感じでしょうか。
作品の前にいると挑発される感覚満載です。
まさに、ファンタジー映画に引き込まれるような感覚に陥ります。



今回は「曲がった作品」があってこの作品の引き込み具合半端ないって感じでした。
吸い込まれそうだった。。。
他の作品にも感じる「見えないこの先」は迷路的なイメージがあるのだけど
実際は鏡とライトの工夫なので作品そのものにそこまで奥行きがあるわけではありません。
だからこそ感じる「見えない奥行き」はテレポーテーションのような移動を感じます。
そう、まるでどこでもドアを見つけたらきっとこんな気分。

そして作品の数、バランスも素晴らしい。
マークさんは1つの作品だけではなく、
作品が相互に作り出す世界を考えておられるのかなと感じました。




ちなみに今回はトークもありました。
トークでは最初に触れた「チルドレンズビエンナーレ」の作品紹介の他、
屋外に展示された作品についての写真がありました。
コンテナみたいな場所に入って鑑賞する形態で、ものすごい人数の人が
作品に辛抱強く並んで作品を楽しみ笑顔で出てくる様が映し出されていました。
トークを拝聴し、作品をじっくり見て思わず「並ぶのわかるわああ」。



これはもうアミューズメントですよ。
マークさんの作品ってとてもファミリーフレンドリーなんです。
とても頑丈に出来ているし作品はガラスの向こうなので安全。
しかもその前やあるいは上を歩くことが前提となっているのでとても丈夫。
そして光の具合が工夫されているのか、
作品の写真を撮る時そこまで自分が映り込みません。

でも、でも実際作品を見たら写真とか考えてる暇ない。
じっくりじっくり見ちゃう。引き込まれます。



舞台芸術とかやってほしいなあ。。。
素晴らしい世界がそこに必ず訪れることでしょう。

彼の作品は現在は横浜トリエンナーレでも体験することができます。
ぜひ足をお運びください。

9月17日まで。休館日などは公式WEBサイトをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-08-19

Japan Creative Centre 「Japanese Balloon Art Exhibition」が8月19日から始まります。


Japan Creative Centreにて

「Japanese Balloon Art Exhibition」

が8月19日から始まります。


バルーンアート。
何気に日本ってクオリティが高いです。
色々な場所で見かけました。
特に子供が小さい時はよく観たなあ。
可愛いんだよなあ、、、と思ったら。。。



めっちゃ大迫力でした。
(提供:株式会社ビルダー・ジャパンさん)
今回のテーマはねぶた祭り。
日本的な色彩や深みを出すために
風船を重ねて色作りをしたりしてるそうです。


バルーンアーティストの作品は
日本では「カワイイ」ものが多くて
今回の作品はとても大迫力。
思わず感じたのは。。。「歌川国芳の寄せ絵」じゃね!?


よこみち日本美術 「寄せ絵」


そう、バルーンアートってパンクだったのね。



日本が好きだけでなく
日本の文化を体験したい、見てみたいという
欲求を前向きに持ってくださっている
シンガポール人の皆さんが
このような展示を見て日本の伝統的なお祭りや
東北にどんどん興味を持ってくれるといいですね。
期間中にHISさんが旅行セミナーをやるそうなので
たくさんの人がきてくれるといいなー。

Tohoku Travel Seminarについてはこちらを。



今回は山形のブースがありました。

けん玉、シンガポールで大ブームでしたねえ。。。



今回は最初にデモンストレーションも行われました。
このような作品、どうやって作るのかと考えちゃいますよね。
Koichiro Kai さん、Hitomi Sugiyamaさんに
お話を伺うと特に設計図とかないそうなんです。
造形の神が「宿る」んでしょうね。すごいなあ。



そして今回驚いたのは
Hitomi Sugiyamaさんの髪飾りもバルーンなんですって!
風船と相思相愛なんですね。素敵。



展示は26日まで。日曜、月曜お休みなのでご注意を。
バルーンアートってそれほど保存がきかないものなんだそうです。
それもまたなんか日本ぽい。
この必見空間は有限です。どうぞ足をお運び下さい。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク