FC2ブログ

2018-10-19

A+ WORKS of ART「Lopung Is Dead! – Pangrok Sulap's Inaugural Solo Exhibition」を観てきました。



A+ WORKS of ARTにて

「Lopung Is Dead! – Pangrok Sulap's Inaugural Solo Exhibition」

を観てきました。


やっと少しずつ色々な場所に足を運べるようになってきました。
今回は木版画。
私の中でのイメージとして木版画って小学校でやるでしょう的なものなのですが
東南アジアでの木版画というのはとても政治的な意味を持っています。





木の板とナイフという身近な材料で誰でも制作でき、何枚でも複製が可能な木版画。
基本文字を入れずビジュアルなので表現の可能性は無限大。
木版画とは20世紀初頭の東南アジアにおいては植民地時代から今日の反グローバリズム運動までを自身の表現で伝える特別なメディアだったのです。
何枚でも刷れる、移動も容易、そして遠隔地の人々と連帯することができる。
まるでいまのインターネットにおけるTwitterのようなメディアの役割を担っていました。



ちなみにうちの息子さんは小2で日本を離れたので図工の授業で木版画を体験したことはありません。
彼は以前シンガポールでインドネシアの作家に彫刻刀の使い方を習ったことがあるだけ、パンク!

2015-02-03
ART AFTER DARK AT GILLMAN BARRACKSに行ってきました。




木版画での表現は、東南アジアにおいてはとても熱を感じるメディアだったのです。

という知識を念頭に入れて作品を拝見。
こちらはサバ州のコミュニティアート集団であるPangrok Sulapの作品とのこと。
彼らはとても物議をもたらす作品を作る集団。
この大型作品は以前展示されたのに「あまりに挑発的」って苦情が言われて展示を取り下げられた作品なんだそうです。

え!取り下げかよ!って思ったのですがそこで、他の展開で展示が出来るところがマレーシアらしいと思います。
この大萱作品は2枚の版画で構成され、腐敗、農村の貧困、不平等な開発、土地問題、違法伐採、無国籍コミュニティなど、
サバ州とマレーシアに関する問題を描いています。




Pangrok Sulapは2010年に結成された比較的若いグループ。このアーティストグループ名は「パングロク・スラップ」ですが「パングロク」はパンクロック(そのままかよ)、「スラップ」は田舎の言い方で農家小屋という意味との記載が。つまり「パンクな農家小屋」ですね。
現在男女混合で15人のメンバーがいるそうです。




現在のマレーシアの状況に対するパングロク・サラップは挑戦を続けています。
「ウラル・ラリ・ルーラス(Ular Lari Lurus)」シリーズでは、マレーシアの政治家とその虚偽の虚偽を描いたヘビとはしごの試合を描いています。



このシリーズは、実はどんどん成長しています。政治的な動向やスキャンダルがどんどん付け加えられているのです。
まさに、政治的歴史な物語を語る作品と言えるでしょう。


今の政治に対して、世の中に対して言いたいことを表現し、そしてその表現の場がある。
これは実はとても幸せなこと。
そしてインドネシアのジャカルタにも行く機会が増え、インドネシアという国に更に親近感を感じています。
根っからのポジティブマインドとパッション。
彼らが発信するアートからはいつも元気をもらえます。

次回はワークショップも参加予定。
楽しみです。


10月27日まで。
詳細は公式FBページをご参照ください。


スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-10-10

Japan Creative Center「The Eye In Search, an international highlight exhibition of the festival by three prominent female Japanese photographers 」を観てきました。



Japan Creative Centerにて

「The Eye In Search,
an international highlight exhibition of the festival by three prominent female Japanese photographers 」


を観てきました。


シンガポールには息子のトライアスロンの試合で
ちょくちょく行くのですが今回はこの展覧会も超楽しみでした。
だって、だってこのお三方のグループ展なんて
カメラクラスタからすると感激の嵐です。


今回の展覧会は

The Singapore International Photography Festival (SIPF)

のプログラムのうちの一つだそうです。
私がまだシンガポールにいた時には
「東南アジアでは写真はまだ芸術として未承認である」
という見解が主流でした。

でも、みんな自分が大好きなので写真を撮ることは大好き。
この「好き」の気持ちはどこに向かうのかなと思っていました。
ちなみに私の個人的な見解ですが
現在の写真が芸術として成熟するのは

「経済力」と「安全力」

が不可欠だと思っています。
カメラは今やスマートフォンとの差別化を図るために
技術進歩も価格も爆走しています。
なので「経済力」と「安全力」がある程度成熟しないと、
まずカメラを取られてしまいますからね。
そういう点ではシンガポールは

写真を芸術と受け入れることができる準備が出来てる

と思うんですよね。。。


さて展覧会。

オノデラユキさん、川内倫子、澤田知子さん
東京都写真美術館などで何度も何度も拝見しました。




川内倫子さんの作品は窓から見える景色が
まるで借景のように溶け込んでいて
(推測ですが)フィルムだからこそ
感じられる物質感がすごく感じることが出来ました。
彼女の世界観である「日常の探求」がとても自然に行えるような感覚。
この国のこの場所だから感じる生き物の物質感をとても感じました。






オノデラユキさんの「11番目の指」シリーズは
東京で拝見した時は違った印象。
私、取材の時よく「写真を撮られたくない人はいませんか?」
と聞くんです。
日本だといっぱいいるので展覧会取材の時は
いつも人の顔がどう映り込むか注意していました。

しかしシンガポールやマレーシアやインドネシアだと
「なんでそんなこと聞くの?」的な反応が多いんですよね。
それだけ顔、肖像権に対する考え方が違う。
被写体の顔はレース模様のように穴が空けられた紙を使い、
写真にフォトグラムの技法で白く抜かれているので
これが誰だかわかりません。
そして表情がわからないので何をしているかもわかりません。
そしてこの被写体は
基本ファインダーを覗かず偶然として撮られているそうなんです。
つまり、この被写体は撮られていることさえわかりません。


存在の証明を究極まで削ぎ落としたこの表現は
日本人からしたら理想形(SNSとかでも匿名好きだし)ですが、
シンガポールのように匿名何それ美味しいの?的な感性の人がみると
どんな風に見えるのかなって思いました。





そして大好きな澤田知子さんの「School days」シリーズに
再会できたことは本当に幸運。
40人の生徒、そして先生を一人で演じきった
この学校写真は最初拝見した時

「個性を認めない学校という世界に対する挑戦状」
「個性を死に絶えさせないギリギリの線で逃亡させる共犯者のような感覚」

を的確に表現していてとても衝撃を受けました。

話はそれますが、申し訳ないんですが、
私シンガポールのローカルの小・中学生が
みんな「同じ」に見えてしょうがない時期があったんです。

これには理由があって

髪型がサイド刈り上げっていう縛りがある、
子供のメガネ着用率がとても高いんだけど種類がない
私自身が親交が深かったのが華人ローカルだったでインド系、マレー系など特徴あるコミュニティは少数派

であったことなどが挙げられます。
でも、彼らは自分の個性をとても大事にしようと色々工夫をしていました。
この個性の表現の戦いをシンガポールの人はどう思うのかな。。
って聞いてみたかったです。




カメラ好きならもちろん、そうでない人でも作品を見たら
引き込まれずにはいられないこの世界観。
日本だったら混雑必至なのにゆっくりと堪能できるなんて
なんて幸せなんでしょう。

この展覧会、ぜひ多くの人に見ていただきたいと思います。


10月27日まで。
詳細はWEBサイトをご参照ください。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

2018-09-26

A+ WORKS of ART 「malaysian citizenship A Solo Exhibition by Kentaro Hiroki」を観てきました。




A+ WORKS of ARTにて

「malaysian citizenship A Solo Exhibition by Kentaro Hiroki」

を観てきました。



やっと生活に余裕が出てきてクアラルンプールでも
少しずつアートギャラリーを探す余裕が出てきました。
しかし東京やシンガポールと違い
交通事情の関係で日中に1箇所行ければいいかな状態です。
でも行けるようになっただけ良しとせねば。


この展覧会ももっと早くチェックすべきでした。
なぜならKentaro Hirokiさんは
2016年のシンガポールビエンナーレで
拝見済みの作家さんだから。


今回はどんな展示なんだろう?と
ワクワクしながら出かけました。


商業スペースにあるギャラリーは
KLスタイルはとても広々していて
自由度が高いホワイトキューブ。
そこにとても贅沢な空間を使って展示されていました。


今回は2017年のA+Works of Art の
1年のレジデンスプログラムによる展覧会なんだそうです。

今回の展示のテーマは「市民権」。
市民権に関する書籍を写本しています。
でもその写本のプロセスは後でわかります。
最初はこれ、なんだろう。状態です。




ここでHirakiさんが「市民権」に着目したのは
なんかわかるなあとマレーシアに同じ時期に住んでる者として
感じることが多かったです。



市民であることとその人の歴史。

それは必ずしも同じではない。

これは日本に生活していた時には
私は全く理解できていませんでした。
そして市民であるということは
結婚などで簡単に手に入るのだろうと思ってました。


現在子供の留学の保護者ビザでマレーシアに滞在している私は
合法的に滞在する証明(VISA)の取得を自分で行ったんですが
(後から考えればそれほど大変ではなかったんですが)
でも実際の作業中、取得までは本当に大変でした。

そして今、ビザの取得というのはどの分野も本当に大変で
合法的な婚姻でもそんな簡単に長期間のビザは取得できないと聞いて

市民であること

の再確認が自分の中で行われました。








今回写経のように市民権を数種類の色鉛筆で写し取る作業は
終了したらその過程も見失ってしまいそうなくらい
精巧に行われています。
その写本の行程はまるで市民として住むためのプロセスが
とても大変な過程を踏ませられる、
そうしなくてはいけない理由があるけど
終了過程ではその過程すら見えてこないような
国の独特なプロセスが凝縮されてるようで


なんだかイミグレーションの緊張を思い出したりしました。



特に東南アジアで生活するようになって思うのですが
その国の生活や状況の情報を持っていると
作品への自分なりの理解がより深まっていきます。
私は東南アジアに住んでるというこの立場を活かして
自己解釈になっちゃうけどでもこの解釈の事例を伝えていきたい。



そんな気持ちにさせてくれるのは
本当に親切なギャラリースタッフのおかげです。



どうして来てくれたの?と声をかけてくれたスタッフとおしゃべり。
クアラルンプールのギャラリーのフレンドリーさを伝えたいのって
話したら「もういつでも来てよー!」と言ってくださり感激。



また1つ通いたい場所が増えました。
ありがたいことです。


9月29日まで。
詳細はギャラリーのFBページをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-09-20

【Kuala Lumpur】Wei-Ling Contemporary「Dadang Christanto「M I S S I N G」」を観てきました。



Wei-Ling Contemporaryにて

「Dadang Christanto「M I S S I N G」」

を観てきました。

Dadang Christantoさんはインドネシアの作家さん。
インドネシアの作家さんのエネルギーが大好きな私はまた下調べもなく
行ってしまったのですが。。。

これはすごい展覧会でした。



少しだけ歴史の授業。

20世紀最大の虐殺事件の1つと言われている
9月30日事件というのがあります。
国軍部隊のクーデター未遂事件後のスハルト陸軍少将(当時)による
首謀者・共産党勢力の掃討作戦に関連する
一連の事象全体を指して「9月30日事件」と呼ばれています。

この掃討作戦の被害者は50万人前後とも、最大推計では300万人とも言われています。
その数は、今日でも正確には把握されていません。
こうした残虐な大虐殺は、1965年10月から1966年3月ごろまで
スマトラ、ジャワ、バリで続いたと見られています。

9月30日事件 - Wikipedia

この事件を題材にした映画もあります。

THE ACT OF KILLING




この展覧会ではこの9月30日事件の犠牲になった人たちの
ポートレート110点がとても生々しく描かれています。
このポートレートにはちゃんと元の写真があるそうですが
大虐殺の最中なぜその写真が存在したのか
わかっていないことも多いそうです。

作家であるDadang Christantoさん(1957年生まれ)は
インドネシア中部ジャワの小さな村Tegalで
インドネシアの中国系の家庭に生まれました。
彼が中華系の生まれであることは
この作品に大きな影響を持っています。
マレーシア、インドネシアには華人と呼ばれる
中国をルーツにした人たちが数多く住んでいました。
(そして今も住んでいます)
彼らは一生懸命働くので裕福になり、そしてその裕福さから
妬みの対象となり政治的、人権的な弾圧を受け続けてきました。
そして共産党という脅威は常に弾圧の対象になりました。

彼の父親もこの虐殺で帰らぬ人になっているとのこと。
当時彼は8歳だったそうで
その時の体験はずっと彼の作品制作に影響しているそうです。




この数多くの肖像画は中国の身分証明書を連想されるとのこと。
そして彼らの作品の中に溶け込む赤も中国の国旗の色、赤を連想させます。


そしてこの作品群が「単なる歴史をモチーフにした作品」
で済まされないほどに世界は今混乱して不安定であることに
改めて不安を感じます。

鑑賞している時、スマートフォンの
バイブレーションが来る度に
あ、これが世界の終わりの始まりだったら
どうしよう!とを感じてしまうような
不安感が襲ってきました。


世の中はそれほどに緊迫感にあふれている。
そう、この瞬間「MISSING」になる可能性もあるのだと。


もし、あなたが「MISSING」になったとしたら
あなたは今どうするのか?




数々の肖像画が私に問いかけてきます。


東南アジアに暮らして丸四年。5年目突入です。
本当に色々なことがありました。



そして多くの国を訪れました。
私にとってインドネシアは
多くの友人の故郷であり
訪れるたびに元気をもらえる明るさを感じる
とても素敵な場所であります。


だからもう誰もMISSINGになってほしくない。
みんな穏やかに幸せになってほしい。


でも、そうするには
私は何ができるんだろう。


深く、深く問いかけを感じる展覧会でした。


クアラルンプールをこの時期訪れる方は
ぜひ足をお運びください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-09-10

【Tokyo】新宿タカシマヤ10階美術画廊「富田菜摘展『真夏の夜の夢』」を観てきました。



新宿タカシマヤ10階美術画廊にて

「富田菜摘展『真夏の夜の夢』」

を観てきました。


このブログ、ずいぶん長くやっていますが
もしかしたら1番長く追っかけさせて頂いている
作家さんの一人が富田菜摘さんであります。

一番古い記事は8年前!!!

2010-01-15
「iPRECIATION(The Fullerton Hotel of SINGAPORE)」を訪問してきました。


遠い昔、プラスティックの歯ブラシでできた
ヤモリにびっくりしたのが最初の出会い。
それからずっと拝見させて頂いていますが
正直初めて出会った時には
外国に住んで帰国時に個展を見に行くことになるなんて
想像もしていませんでした。







今回は「真夏の夜の夢」というタイトル通り
夜。影が重要な要素になっています。
展示もなんだかナイトサファリのような
美しさがあって素敵やわあと
改めてうっとり。


そして!







息子さんはずっと富田菜摘作品とコラボってるのですが
まだコラボれる!
12歳なのに!
さすが英語圏男子!ノリがいい!



富田菜摘作品に感じてほしいのは
このノリの良さ、グルーヴ感なんですよ。
あの、料理とか家事をしてる時に


「あれ?これ、ここに置いたっけ?」


ってモノが動いてて???とか思ったことありませんか?
そう、なんか目を離していた際に
家電や部品やいろんなものが集まって

なんだか不思議な物体になって動くの。

そしてその集合の方法を
家にある動物図鑑とかスマホのYoutubeとかで
情報収集して

なんか本物に近づくように毎日少しずつ工夫したら。。。

なんかこんなになっちゃった!
的な感じ。
彼女の作品は廃材を集めての制作でありますが
近年の作品はなんかグルーヴ感が高まったいて
目を離したらなんだか動き出しそう!
飛んで行きそう!

とワクワクします。

彼女の作品が繰り出す世界から
これからも目が離せないなあと
改めて思いました。


ちなみにアクセサリーなども販売がありました。
(大人気なのですぐ売り切れてしまう!悲しみ😭)
このような展覧会、

「素敵だけど買うとかできないら」

と言う方は
ぜひ小さな作品もチェックしてみてくださいね。



展示はすでに終了しています。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク