FC2ブログ

2018-12-13

A+ Works of Art 「Break, Bind & Rebuild a two-person exhibition featuring Amy Lee Sanford and Tith Kanitha,」を観てきました。



A+ Works of Art にて

「Break, Bind & Rebuild a two-person exhibition featuring Amy Lee Sanford and Tith Kanitha,」

を観てきました。


 ほんと、パーティーが苦手です。
4人以上だと、実は脇に変な汗かいてます。
なので今回もオープニングではなく
別の日にこっそりと伺いました。

それにしても
夕方のKLの雨は心をへし折りますな。




Amy Lee Sanford さんと Tith Kanithaさんは両方ともカンボジア、プノンペン産まれだそうです。
でも二人の人生はとても違っているそうで

Tith さんはプノンペンで過ごしておられるとのこと。
Tithさんのアーティストプロフィールを拝見すると
ここにも出ていた「SUNSHOWER」。
調べてみるとカンボジアの住民の家を再現した作品でした。
こちらに動画あります。
これ、実際に入ることができて、そして可愛かった。



今回の作品は再現の要素はなく、とても硬質な感じ。
でも近くでみると、とても躍動感があってなんか動きだしそう。

金属なんですが全然冷たさを感じないんですよね。
なんかゆらゆら「たゆたう」クラゲみたい。




Amyさんはプロフィールを確認すると
カンボジア人だけどほとんどをアメリカで過ごしてるようです。

この壊れた壺「Break Pot」というのは継続して行われているパフォーマンスの模様。
この作品は1970年代のカンボジア人虐殺に関連した

家族の分離
文化的破壊、
死についての個人、または歴史的意味、

そしてそれに続く
数十年間の長く遅い再現の歴史を指しているとのこと。

だそうです。

とても直接的だけど、でもとても遠く感じる。
それはAmyさんがアメリカが拠点というのもあるのかも。
一緒にすな!かもしれませんが
自分のルーツと遠く離れて生活すると、
自分の拠点について考えれば考えるほど
遠くなるような感覚に陥るときがあるんですよね。

壺を壊すパフォーマンスはアイ・ウェイウェイ
でもありましたがまた違った感覚を感じました。




Scaningは両親の手紙をスキャンしていく様を記録した映像作品。
ここで感じるのは「デジタル化」ってほんまに永遠なの?ってこと。
どうこういながら粘土板とかは何千年前のものが目の前にあるのに、
数十年前のデジタルデータサービスがいきなりなくなってしまったらそのデータは消滅してしまう。




このScanningという行為はとても未来と過去を行き来してる感じがしました。




足を運んで、その場に立って。
しっかりと感じて。

という行為をきちんと行っていきたいです。
ほんと、気持ちいいので。

ゆっくりペースですが
よろしくお付き合いください。


12月22日まで。
詳細は公式FBページをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-27

ILHAM gallery「The Two Mountains Photography Project 3.0」 を観てきました。




ILHAM gallery「The Two Mountains Photography Project 3.0」 を観てきました。


写真というのは心が不安定な時、とても惹かれる芸術です。
なぜなら写真は誰でもカメラがあればできる可能性があるけど
その芸術作品を作り上げるのは
とても時間と感性とそして人間性が現れるからです。

最近ちょっと調子が悪いので
新しいこの写真の展覧会を見たくて
足を運びました。

KLEE, INC PARIS TOKYOのディレクターの太田菜穂子氏と
マレーシア人でKuala Lumpur International Photoawardsのディレクターであり
現在はロンドンに拠点があるSteven Lee氏が中心となった
共同プロジェクトのようです。

というか
こういう活動って探せば本当にたくさんやってるんですなあ。
ほんと、歩いて探せばたくさんあるものですね。













富士山とサバ州のキナバル山について
マレーシアと日本出身の写真家3名づつが
それぞれの観点で
住む人々や地域社会を焦点を
表現しています。


山ってとっても不思議ですよね。
その場所を訪れた人と、
その場所に生まれ育った人だと
山に対する思いが違う。




吉本ばななさんのエッセイ
「人生の旅をゆく」に印象的な一節があったので
引用します。

「ピラミッドがみている」というエッセイより
————
前に富士山のふもとで育った人に「毎日きれいな富士山を間近に見ていたなんてうらやましい」と言ったら「冗談じゃない。怖かった」と言われてびっくりした。子供心にはそれは「もしあれが噴火したらどうしよう」という形をとっていたが、体育の授業のときにふと校庭で振り返るとそこにでっかい富士山がそびえたっていて、それはとにかく美しさというより理屈抜きにこわかった、とその人は言った。そのこわさは「畏れ(おそれ)」という字の意味を持っていたのだろうと思う。
————



同じ山でも印象がここまで違うとは、という気持ちを気づかせてくれる文章です。
私の子供時代、東海大地震が来ると言って富士山が噴火して日本終了などの
文章を読んで恐怖で眠れなくなった経験があります。
そして阪神淡路大震災のニュースを聞き、東日本大震災を経験して
恐怖を先に体験し「本当に富士山が噴火したらどうしよう」と
考えが止まらず震えて眠ったことを、そしてそういう体験が
それほど昔でないことを思い出しました。


マレーシアの写真家が見た富士山と
私が見た富士山は
同じだけど違うんでしょうね。


強い生命力を感じる写真が多いと同時に
この生命力は今も、
これからも維持されるのだろうかと
想いが勝手に巡っていく様を体験し
これが「山の力」なのかなとも感じました。


その場に行って
その瞬間を待って
初めて作品化された「この瞬間」に
出会えたことに感謝したいと思います。


強い生命力や人間ではどうにもできないような
強い力を感じさせる場は写真でしかできない表現ができますね。
マレーシアやインドネシアは
優れた写真家がもうすぐ登場するのではないかな・・・と
ワクワクしています。


2019年1月27日まで。
基本日曜、月曜休館ですが年末年始が入るので
詳細は公式WEBサイトをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-23

Richard Koh Fine Art「Somewhere Down the River, a solo exhibition by Liu Hsin-Ying」を観てきました。




Richard Koh Fine Artにて

「Somewhere Down the River, a solo exhibition by Liu Hsin-Ying」

を観てきました。




ちょっと落ち込んでいたのですが
こちらのスタッフさんからこのOPのお知らせを頂いた際
目を見張るような美しい色合いに
すがるような気持ちでOPに出かけました。



Liu Hsin-Yingさんは1991年生まれ。台湾出身。現在拠点はKLだそうです。
ニューヨークのArt Students League、台北台北芸術大学美術科を卒業されてるようです。

色々な表現を活用するようですが
今回私がとても印象に残ったのは
透明感のある色使い。





そして多くの作品を一気に並べたWallは
女の子のおしゃべりの場のようで
とても賑やかで、繊細で、そして儚げ。


とても悲しいニュースの多い11月だったのですが
この空間にとても元気を頂きました。


好きなことを続けること。
これは人を生かしてくれますね。
私は美術に触れていくこと。
この行動が私を生かしてくれます。


本当にありがとう。
感謝の気持ちに満たされて帰宅できました。


ありがとう。




もし、気になったアートワーク
(絵や芸術作品じゃなくてもいいんです!、本、映画、音楽何でもいい)
に出会ってそれを自分に近づけるチャンスがあるのなら

絶対に行動したほうがいいです。

芸術作品を見にいく
本を買う
映画をみる
音楽をDLする

なんでもいい。
そのアートワークに対する具体的なアクションは
そのアートワークを産み出した人の支援になります。


行動しましょう。ぜひ。


展覧会は12月15日まで。
開催に関してはギャラリーWEBサイトに直接お問い合わせください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-10-29

A+ WORKS of ART「Lopung Is Dead! – T- shirt printing workshop with Pangrok Sulap」に参加しました。



A+ WORKS of ARTにて

「Lopung Is Dead! – T- shirt printing workshop with Pangrok Sulap」

に参加しました。


展覧会がめっちゃかっこよかった Pangrok Sulap。
彼らがTシャツのワークショップやるからと
教えて頂いたので行ってみたのですが。。。


天国でした。


彫刻刀の使い方というのは
日本の小学校で習いますよね。
うちの息子さんは小学2年生で
日本を離れてしまったので
彫刻刀の使い方を習っていません。

シンガポールで1度体験した時も
インドネシア人アーティストのワークショップでした。



今回は2度目になるのですが
会場はギャラリーの外のテラス。
暖かい日差し。心地よい木漏れ日。

そこに10名の参加者が集合。
悲しいことに私たち以外全員インドネシア語がわかるので
ワークショップはインドネシア語で説明が始まりました。

二人で焦っているとなんと
参加者のお姉さんが日本語で通訳をしてくれた!


ほんと、東南アジアではこのように
日本語を話せる人が時々唐突に現れます。
そして上手いの。
本当に上手。ちょっとみんなもっと焦ろう。


脱線から帰還。



で、唐突に作業開始。
今回は自分で作品制作をして
Tシャツに刷るところまで行います。
もし作品に満足できなかったら
僕たちの版使っていいよまで用意がしてあって
一瞬そっちもいいかもと思ったのですが
でもせっかくなので作業開始。



今回は、前回三十三間堂で一目惚れした

「しょうぐうさん」

に登場して頂くことにしました。
移動しながらなんとなくデザインは考えてて。。。


荒ぶってもらいました。
下に何か文字を入れたい。。とリクエストしたら
「最高!」っていう意味でこんな感じになりました。



イケてる!!
作業中、細かくサポートもしてくれてすごく有り難かったです。
ちなみに他の参加者さんは
めっちゃガチで作業を継続。



私たちがまず最初に刷ることになりました。
板にインクをつけて試し剃りの紙をセットしたら
踏みます。(馬連は使わない!)



恐る恐る踏み出したら
メンバーが音楽を奏で始めました。


やべえここ天国かよ。


この前向き度MAXのインドネシアマインドって
本当に元気もらえます。
この前向きさ+投資が組み合わされば
現在はインフラはなきゃ作ればええやんなので
どんどん進化していく。

インドネシアは目が離せませんよ。

ということを考えようとしても
もうこの天国度の高い雰囲気に
酔ってる自分がいます。


ああ最高だ・・・・



で、出来ました。
どうです。かっこいいでしょう?


このワークショップマジで楽しいです。

Pangrok Sulap はあいちトリエンナーレにも参加するとのこと。
彼らの作品のかっこよさももちろんなんだけど


作品の後ろにある物語や
作品が作り出される時のハッピーマインドが


あいちトリエンナーレでも
体感できる場所があったらいいなと切に願います。


イベントは既に終了しています。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

2018-10-19

A+ WORKS of ART「Lopung Is Dead! – Pangrok Sulap's Inaugural Solo Exhibition」を観てきました。



A+ WORKS of ARTにて

「Lopung Is Dead! – Pangrok Sulap's Inaugural Solo Exhibition」

を観てきました。


やっと少しずつ色々な場所に足を運べるようになってきました。
今回は木版画。
私の中でのイメージとして木版画って小学校でやるでしょう的なものなのですが
東南アジアでの木版画というのはとても政治的な意味を持っています。





木の板とナイフという身近な材料で誰でも制作でき、何枚でも複製が可能な木版画。
基本文字を入れずビジュアルなので表現の可能性は無限大。
木版画とは20世紀初頭の東南アジアにおいては植民地時代から今日の反グローバリズム運動までを自身の表現で伝える特別なメディアだったのです。
何枚でも刷れる、移動も容易、そして遠隔地の人々と連帯することができる。
まるでいまのインターネットにおけるTwitterのようなメディアの役割を担っていました。



ちなみにうちの息子さんは小2で日本を離れたので図工の授業で木版画を体験したことはありません。
彼は以前シンガポールでインドネシアの作家に彫刻刀の使い方を習ったことがあるだけ、パンク!

2015-02-03
ART AFTER DARK AT GILLMAN BARRACKSに行ってきました。




木版画での表現は、東南アジアにおいてはとても熱を感じるメディアだったのです。

という知識を念頭に入れて作品を拝見。
こちらはサバ州のコミュニティアート集団であるPangrok Sulapの作品とのこと。
彼らはとても物議をもたらす作品を作る集団。
この大型作品は以前展示されたのに「あまりに挑発的」って苦情が言われて展示を取り下げられた作品なんだそうです。

え!取り下げかよ!って思ったのですがそこで、他の展開で展示が出来るところがマレーシアらしいと思います。
この大萱作品は2枚の版画で構成され、腐敗、農村の貧困、不平等な開発、土地問題、違法伐採、無国籍コミュニティなど、
サバ州とマレーシアに関する問題を描いています。




Pangrok Sulapは2010年に結成された比較的若いグループ。このアーティストグループ名は「パングロク・スラップ」ですが「パングロク」はパンクロック(そのままかよ)、「スラップ」は田舎の言い方で農家小屋という意味との記載が。つまり「パンクな農家小屋」ですね。
現在男女混合で15人のメンバーがいるそうです。




現在のマレーシアの状況に対するパングロク・サラップは挑戦を続けています。
「ウラル・ラリ・ルーラス(Ular Lari Lurus)」シリーズでは、マレーシアの政治家とその虚偽の虚偽を描いたヘビとはしごの試合を描いています。



このシリーズは、実はどんどん成長しています。政治的な動向やスキャンダルがどんどん付け加えられているのです。
まさに、政治的歴史な物語を語る作品と言えるでしょう。


今の政治に対して、世の中に対して言いたいことを表現し、そしてその表現の場がある。
これは実はとても幸せなこと。
そしてインドネシアのジャカルタにも行く機会が増え、インドネシアという国に更に親近感を感じています。
根っからのポジティブマインドとパッション。
彼らが発信するアートからはいつも元気をもらえます。

次回はワークショップも参加予定。
楽しみです。


10月27日まで。
詳細は公式FBページをご参照ください。


theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク