2018-06-02

一般鑑賞者目線で芸術祭とアートツーリズムを分析してみた



シドニービエンナーレに行ってきました!楽しかったー。
帰りの飛行機でのんびりしていて気がついたんですが私も、うちの息子さん。芸術祭めっちゃ見てる!

日本も海外も芸術祭増えましたよね。
せっかくなので今回はここ数年親子鑑賞した芸術祭を「一般鑑賞者目線で」比較、分析してみたいと思います。
今回比較するのはこの5つ。
あくまでも一般鑑賞者目線なのでどうぞよろしく。

-----------


シドニービエンナーレ 
開催場所:オーストラリア、シドニー。
訪問時期:2018年5月




クアラルンプールビエンナーレ
開催場所:マレーシア、クアラルンプール
訪問時期:2017年11月~2018年3月

2018-04-27
君はThe National Art Galleryで開催していたのKL biennaleを知っているか!?!



シンガポールビエンナーレ
開催場所:シンガポール
訪問時期:2016年10月~2017年3月

2016-11-10
Singapore Biennale 2016 「An Atlas of Mirrors」が開幕しました!



横浜トリエンナーレ
開催場所:神奈川県横浜市
訪問時期:2017年10月

2017-10-10
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」 を観てきました。




瀬戸内国際芸術祭
開催場所:ベネッセアート直島他
訪問時期:2016年9月

2016-07-16
瀬戸内国際芸術祭、夏会期が7月18日より始まります。
-----------



「シドニービエンナーレではこんな体験型作品も」

前提: 一般鑑賞者がビエンナーレに行く理由

うちのような家族は例外中の例外で、ビエンナーレ目的で出掛けてる日本人家族は少ないと思います。その都市を観光で訪れたからせっかくだからいってみるかというのがきっかけでしょう。「まずは、ついでに訪れる気軽さ」がポイントになるような気がします。




「横浜トリエンナーレではいつもと違う美術体験が」

芸術祭の家族鑑賞をオススメしたい理由

家族で美術鑑賞したいけど、でも子供が騒いだらどうしよう、保護者だったら一番気にするポイントです。その点芸術祭は「祭」なので多彩な人が来るので普段より騒がしい度が増しているので安心です。迎える側も「祭」を意識しているのであらゆる層に対応する体制が出来ています。家族鑑賞に過敏に反応されないというのは連れて行く保護者としてはとても気持ちがいいものです。
そして芸術祭によっては開催場所の美術館の割引、または無料鑑賞が可能の場合があります。いつもよりお得に入れると万が一子供が騒いでも保護者はそんなにショック受けないですよね。。
というわけで、芸術祭は家族鑑賞にオススメなのです。
でも芸術祭も色々な仕様があります。どんなものがオススメでしょう。




「シドニービエンナーレは船に乗って島に行ったり都市の美術館で見たりする複合型。」

1: 都市型か、冒険型か、それとも複合型か

開催都市にもよりますが祭度が上がるのは冒険型。船とか乗るなんて最高ですね。瀬戸内国際芸術祭の冒険度は素晴らしい。スタンプ制度も賛否両論ありますが家族鑑賞時にはエンタメ度が上がるので私は好きです。
でも冒険型だと簡単に行けないというのもあります。その点、1つの会場や都市で開催されるクアラルンプールビエンナーレや横浜トリエンナーレは「ついで」でも訪問しやすいと思います。
両者の複合型もあります。シドニービエンナーレのコッカトゥー島はフェリーで行くけど本数も多く気軽に行けるのはとてもグットでした。




「開催期間の間に訪れると瀬戸内国際芸術祭もゆっくり鑑賞できます。こちらは犬島。」

2: 訪問時期

芸術祭開催中だと祭度が高ければ高いほど人は多く集まります。美術館開催がメインだと祭度が若干下がるので開幕、閉幕時期を外せば落ち着いて鑑賞できそうです。長期開催の場合は会期間訪問という裏技もおススメです。瀬戸内国際芸術祭は春、夏、秋と行われるのですが短い期間なら(場所ごとに入場料がかかりますが)その間に訪れるととても落ち着いて鑑賞できます。




「シンガポールビエンナーレはとてもコンパクトで回りやすい」

3:会場数

会場が美術館メイン開催の場合は1箇所でも満足出来るので非常に回りやすいです。都市開催だと交通手段も複数あるし回りやすい。シンガポールのようにバスや徒歩で簡単に回れたり、横浜トリエンナーレのように巡回バスが出てる場合もあります。
冒険型は回る場所が多いので小さい子がいる場合は行く場所を選ばないといけません。冒険には、準備が必要です!




「クアラルンプールビエンナーレは五ヶ月間全部無料!太っ腹!」

4: 入場料

クアラルンプールビエンナーレは五ヶ月間の開催なのに無料でした!なのちょこっと行ったり向かいのカフェでお休みついでに行くとか色々出来ました。シドニービエンナーレもオペラハウス以外は無料。この無料というのはとてもフレンドリーです。




「直島のベネッセアートミュージアムのレストランはアートと食と自然の融合を体全体で味わえます」

5: トイレ、レストラン

家族鑑賞で大事なポイント。美術館は基本トイレは綺麗です。
冒険型だとトイレは冒険度が上がりますがでも通常よりかは行きやすいのではないでしょうか。
荷物を預けるロッカーや休憩できるレストランも美術館ならすでに併設されています。そしてレストランが子供慣れしてるのは大きいです。
都市型美術館での開催の場合は元々美味しいレストランが多いので食べる場所には困らないでしょう。
冒険型のレストランは訪問の目玉でもあるので本気で美味しい。でも若干高め。そして冒険型の場合は帰らなきゃいけないので飲み過ぎにはご注意下さい。




「シドニービエンナーレはグッズはこちらのカタログのみでした」

6: カタログ、記念グッズ

ここは開催側の意向でわかれるようです。
日本の芸術祭のグッズは可愛い。本当に可愛い。横浜トリエンナーレと瀬戸内国際芸術祭のグッズは本当に可愛いです。でも、瀬戸内国際芸術祭は会期の間だとグッズ販売がストップしてしまうのが残念でした。その点横浜トリエンナーレの充実度はすごかった。赤レンガ倉庫のショップは気がつくと財布の紐が緩みっぱなしでした。
クアラルンプールビエンナーレは長い開催期間に合わせて薄いカタログから厚いカタログが完成という新しいスタイルでした。




「ビエンナーレは基本撮影可。インスタ映えバッチリです。こちらはシンガポールビエンナーレ」

7: まとめ

全世界で行われている芸術祭。家族で訪れる際には「気軽に見るか、じっくり見るか」「都市型か、冒険型か」がチェックすべきポイントです。
そして「祭り」なのでその都市との関係性がキチンと表明されている芸術作品も多いです。たとえその時子供がその芸術の意味がわからなくてもその場で鑑賞することにとても大きな「意味」を感じてくれると思います。
そして、芸術祭は(諸事情によってかわりますが)基本継続して開催されます。その年齢の時に訪れたこと、それは子供にも、連れていった保護者にも猛烈に記憶に残ります。そして子供が成長した時に、その記憶を味わいながらその子の家族と訪れるような未来ってとても素敵だと思うのです。
これからも日本各地、世界各地で芸術祭が行われます。ぜひチェックしてみてください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-03-03

RUANG by Think City「“Talks on Future Art Form” is a sharing session by Dr. Naoko Tosa and Dr. Ryohei Nakatsu」に参加してきました。



RUANG by Think Cityにて 国際交流基金主催の


「“Talks on Future Art Form” is a sharing session by Dr. Naoko Tosa and Dr. Ryohei Nakatsu」


に参加してきました。


アーティスト、土佐尚子さんの活動は
シンガポールでも、IKKANギャラリーでも、文化交流史の活動
ずっとウオッチさせて頂きました。
クアラルンプールに転居する際に土佐先生直々に
「今度そっちで講演やるから来てねー」と
お誘い頂き、とても楽しみに出かけたのですが。。


渋滞にハマる。


大幅な遅刻に大後悔です。
ほんまにごめんなさい。



場所は中心部のコミュニティセンターでした。
普段自分が生活してる場所とは雰囲気が全然違うので
ちょと挙動不審。

途中からですが
講演をじっくり拝聴。
特に、京都とニューヨークのお話が聞けたのは
とても嬉しい体験でした。


「Sound of IKEBAMA」において
リアクションの取り方がシンガポールと微妙に違う感じが面白かったです。
個人的な経験からの印象なのですが
マレーシアって自然の強さがシンガポールより「強い」印象があります。
生命力が強い感じ。。。
なので生き物を表現する際、生命力に関してのジャッジが厳しめなのかな。
グイグイ感、ドンドン感がある作品とわびさびを表現した作品に対しての
反応の違いが面白かったです。


京都のプロジェクトマッピングについて。
琳派についてのお話で、風神雷神の説明で
観客がガチでノーリアクションだったことに
おおお!って思いました。
イスラム教が主流のマレーシア。
神を具現化しないとことがポリシーのイスラム教。
だから風の神、雷の神が具現化されてる様そのものに
びっくり!してる感じがとても興味深かったです。


後、琳派って英語だと「Rinpa school」なんですね!


「派 = SCHOOL」!!!


なんか超学級崩壊してる「School」なのかもなあと
ニヤニヤしてしまいました。



ニューヨークのプロジェクトマッピングのお話を伺ったのは
シンガポールのギャラリーのパーティーでした。
今回、映像が拝見できてとても嬉しかった。
ニューヨーク、もう何年行ってないんだろう??


そして中津先生の講演。
伝達を分析し、そして次に何が起こるのか。
それをどう考えていくかという流れは
非常に興味深いものでした。
特にスマートフォンを始め
テクノロジーの進化は
人間社会の公共と個々、本音と建て前を
混合させていくという流れは
思い当たる節がありすぎました。

これからどんな風に変わっていくのかな。。
変わっていくことは止められないから
変化を見失わないように
素敵なコンピューターおばあちゃんになろうと
思いました。





オリンピックのプロジェクトの話題も。
これは楽しみ!!



とても有意義な時間でした。
本当にありがとうございました。


そして本当に強く感じるのはこのような


「日本発信のカルチャー、文化をその土地の人に直接届ける活動」


が行われていることが日本人に全く知られていないこと。
これはほんと、もったいないと思います。


シンガポールの時も感じたのですが
文化交流こそ「その体験を記録に残し次世代に伝えるべき」
だと思うんですよね。
なぜなら事業でも、仕事でも、教育でも、人物交流でも
必ず「文化」が交わるから。
その関わりの際に過去の文化交流の記録があったら
新しい交流がまた広がるから。

でもお金にならないんですよね。文化交流って。
近年色々厳しいから記録するメディアも少ないのが現状です。


でも、でも、それって本当にもったいない。


日本人として、日本人の子供を育ててる大人として


「いろいろな文化発信がこんな風に行われた」


という記録が日本語で残ってることって
何かの検索とかで拾ってもらった時
その人の人生そのものを広げる力があるのではって
思うんですよね。


シンガポール、そして現在のマレーシアのクアラルンプールに転居して思うのは
文化交流の場に参加する際「母親なのに」「子供連れで来るなんて」ってことを
全く言われないこと。(もちろん事前に確認しますよ)
文化交流を体感するとことがどれだけ人生によい体験になるか
みなさんよくわかってらっしゃる感じがするんですよね。
(もちろん基本的参加マナーは大事ですよ)


ああクアラルンプールでも
(そしてシンガポールや他のアジア地域でも)
こういう興味深い活動が実際に行われていることを
もっと伝えていきたいなあと
改めて思いました。


メディアを立ち上げたいっていう思いがフツフツと。。
言ってるだけじゃだめだ。形にしなきゃ。


そしてもっと交通事情に慣れなくては。。。
まだまだマレーシア初心者です。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-02-14

library@esplanade「Kimono: Comparison & Alteration」を観てきました。



library@esplanadeにて

「Kimono: Comparison & Alteration」

を観てきました。


日本文化といえば、着物。
しかし、着物って私何十年着てないでしょう。。
私自身着物と縁のない生活を送っていて
着物といえば、趣味であった古典芸能を観るくらい。
自分には手の届かないものだよなあと
勝手に思っていました。


今回、シンガポール駐在時に本当にお世話になったJCCさんが
着物のイベントを行うとのお知らせを頂き
息子の試合の前日という事で伺わせて頂く事にしました。


私は古典芸能が大好きです。
古典の世界にいつも魅了されてきました。


そして。
今回、自分の頭が硬かった事を思い知らされましたね。。





伝統文化というものに今日どのように向き合うかというのは
2つのパターンがあると思われます。
1つは頑なにそのスタイルを守り続ける事。
そしてそのスタイルを守る事が出来るように
周りが体裁を整える事。


これはある意味、理想です。
でも、理想だけど、でもそれができたら
こんなに苦労してないよっていうのが
現状でもあります。


そして第二のアプローチとして
伝統的手法を守りながら
新しいアプローチに挑戦する事。


それって、私。以前は
ちょっとどうなのよって思ったんです。
日本に住んでいた時は。


そして東南アジアに住んで早4年。
今、思うのは



「変化しても大事な根源は変わらない」
「だから変化を恐れることはない」



という事ですね。
変化を恐れない、そして大事な根源を見失わないとは
どういうことかを今回、このイベントで
しっかりと教えて頂いた気がします。


今回のイベントは「日舞」「トーク」「ショー」3部構成。
日舞から始まりました。
歌舞伎や狂言がとても好きな私でありますが
舞というのは正直よくわかりませんでした。
しかし、一度市川染五郎さんの舞を拝見する機会があって
全身の血が逆流するくらいびっくりした事があったんですね。



あ、舞っていうのは
その人だけじゃなくて
舞う人がそこに世界を作るんだって。



日本舞踊秋房流の家元である秋房愚楽先生と、
音遊所属の舞姫さんたちの舞。
特に秋房先生の舞が作り出す世界は
視線の先に世界があり、その世界を
鑑賞者が共感できる懐の深さがあって
素晴らしかったです。


そしてここから驚かされたのは
着物を未来に感じさせるショーの数々。


西陣織をネクタイなどに転換させた
BBCO JAPANさんの作品は素晴らしかった。
(私、旦那さんに1本購入しました)
音遊さんの現代風にアレンジされた着物や可愛らしい小物も
とても大人気でした。



東南アジアで暮らしていると
伝統を今の生活に上手に取り入れている人が
普通にそこら中に歩いているんですね。
なので着物を現代風にアレンジというのも
全然抵抗ないんだろうなと。



伝統的な概念に縛られてる方が古い。
そういう考えの人が多い場所にいると
それぞれの考え方も変わってきます。



家元のトークは
「伝統に敬意を持って大事にしていたら新しい事に挑戦する事は何も怖くない」
という彼の信念を感じさせるとても素晴らしいものでした。



ショーはモデルさん出演のもと、帯の締め方、伝統的な着物のショー。
解説を挟んで先進的な着物のショーと続きました。
日本人である私がええええええって思うようなポイントの質問があったりして
とても興味深かったです。




このようなショーは
「伝統はこうでなきゃ」とか思い込んでることではなく
伝統に最大限の敬意を感じながら
どんどん世界に出ていくこと、これが大事なんでしょうね。
また機会があったらぜひショーを拝見したいです。



息子さんはショーの後、モデルさんと記念撮影。
みなさんとてもお綺麗でした。



音遊 ★ kimono schoolのサイトはこちら
大阪で着付けのスクールも開催されています。
ぜひこちらもチェックしてみてください。


theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-01-29

「綺麗なものはみんなで見たほうが楽しい。きっと。」チームラボが技術と優しさで描く新しい人と人との関係の具現化「Digital Light Canvas」。


今回のシンガポールでは
チームラボ作品を3箇所で拝見しました。

Marina Bay Sands「Digital Light Canvas」

IKKAN ART gallery「Continuous Life and Death at the Now of Eternity」

National gallery Singapore
「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」
「 Flowers and People - Dark 」


実は私、このブログでteamLabさんを随分前から追いかけさせて頂いております。
Audiから見てることを記録に残してる人、少ないんじゃないかな。


Audi Forum Tokyo「teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo」を観てきました。

シンガポール滞在時から
色々な展示にメディアとして呼んで頂きましたが
前回のNational Gallery Singaporeでの
「CHILDREN's BIENNALE :DREAM AND STORIES」にて

「Homogenizing And Transforming World(均質化されつつ、変容し続ける )」を

「私、2014年の東京シティビューで見てます」
って言ってびっくりされたりしました。

東京シティビュー「MEDIA AMBITION TOKYO 2014」を観てきました。


なのでね。


今回は綺麗だなんだ技術だなんだということではなく
(というかそういうのは写真や動画で十分伝わる)
この場を使って彼らが何を伝えたいのか、感じてほしいのか、
そして存分に楽しむにはどんなことを気をつけたらいいのか
お伝えしたいと思います。



まずはMarina Bay Sands・「Digital Light Canvas」。


本作は、直径15mの光の円形リンクと、
光の点の集合でできた高さ20mにあるシリンダー(直径7m高さ14m)から
構成されているそうです。




まずこれ、円形リンクに入場するには有料です。一人5ドル。
しかしここで諦めない。

今回私は

1:ArtScience MuseumのFuture Worldのチケットを持っているか
2:Marina bay sands hotelに泊まっているか
3:Marina bay sandsのカードを持っているか

を聞かれました。
今回は弾丸だったので悲しいかなどれも当てはまらなかったんですが
割引のチャンスは色々あるようです。
なのでぜひ事前にご確認を。チケット売り場はスケートリンクだった
会場からすぐそばのエスカレーターのそばです。




今回は体験が最優先なのでチケットを買って堂々と入場。
入った時間が午前中だったので
明るい光に照らされ綺麗なんだけど写真が。。と思ったそこのあなた!


そういう時はトイカメラモードで撮影しましょう。
めっちゃフォトジェニックに写ります。
こちら30分ごとに映像が変わるそうです。
私が行った時は土曜日でしたが午前中だったので
それほど混み合ってはいませんでした。
そう、


「teamLabをシンガポールで楽しみたいのなら早起き」


ここ重要です。


そしてQRコードやリンク経由でシリンダーの光を
コントロールしたり有料で文字を打ち出すこともできるそうです。



ここで大事なことは
この有料で払った人たちのお楽しみが
遠方とはいえ、無料の人にも丸見えなこと。


ちょっと意地悪な考え方をしたら
「なんでこっちが金払ってるのをタダでみせなきゃあかんの」
ってなりますよね。


それって他人にいい思いをされたらムカつく!っていう
今の日本語思考社会にありがちな
「まず嫉妬から生まれてしまう現象」ですよね。



そうじゃなくて。


楽しんでるんだから
綺麗なんだから
みんなも楽しもう~


という自分の満足度で人も幸せな気分になったら
みんなハッピーという考え方。


こうなったらもっと世界はもっとあったかくなるんじゃないかっていう
想いを感じるんですよね。


綺麗だけじゃない。
インスタ映えだけじゃない。



きゃーーーーー綺麗ーーーーー


っていう時のWOWな気持ちの笑顔の伝染。


デジタルテクノロジーが
こんな風に優しい気持ちをPay Fowardしていけたら
世界はもっと優しくなれる。


技術が人の心を温めるって
こういうことなのかなって感じました。



夜はめっちゃ綺麗だと思いますが
でもエフェクト工夫すれば
朝でもとっても綺麗だし、朝だったら
お子様連れでも十分楽しめます。


常設展示だそうなので
どうぞ足をお運びください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-01-05

Thean Hou Templeに行ってきました

fc2blog_20180105175119e2a.jpg

Thean Hou Temple(天后宮)

に行ってきました。


宗教施設が大好きです。
もちろん美しいからということもあるのですが
東南アジアの宗教施設は
どの宗教に関しても


「生活に溶け込んでる感」


がすごくあって
とても温かい感じがするから好きなんです。
大変だったり、辛かったりする想いを
そのまま受け入れてくれる感じがあって。


fc2blog_201801051751591a4.jpg

このThean Hou Temple(天后堂)は
マレーシア国内で最大級の仏教施設。
高台にあるので景色もとても綺麗です。



ちなみに。


トリップアドバイザーとかには
「ホテルから近いから歩いてみた」旨の
記述が幾つかありましたが
車移動がメインのクアラルンプール。
車道を徒歩移動はひったくりなどのターゲットになりますので
家族連れでは行わないほうがいいのではと私は思います。



実際にGrabで行ってみると



ああああああ懐かしい。。。。


fc2blog_20180105175315d1b.jpg

fc2blog_2018010517524640e.jpg

シンガポールの仏教寺院を彷彿とさせる雰囲気。
ホーカーを連想させるこの机と椅子。
やる気がどこにも感じられないこのダラとした雰囲気。
(あ、これはKLでもそうかも)



あああああ懐かしい。。。。



土地ロス(前住んでいた土地、国を懐かしむ)
は基本しない人なのですが
場所ロス(好きなスペースは懐かしくて仕方がない)
はけっこうあるタイプ。
シンガポールで通った仏教寺院を思い出し
なんとも言えない気分になりました。


fc2blog_201801051753419d3.jpg

シンガポールと違うなあと思ったのは
施設の中にあった有料の体重計。
健康管理?ではなんで有料?


fc2blog_201801051754152d6.jpg

謎は深まるばかりでしたが
個人的にはとても心安らぐ場所だったので
ここには通おうと思います。


theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク