FC2ブログ

2019-04-28

TAIKO-LAB浅草「まうら」を観てきました。



TAIKO-LAB浅草にて「まうら」を観てきました。

このブログにしては珍しい「音楽」と「ダンス」です。
私は近年、個人的な体験から「喪失」にとても興味を持っています。
「この状態は次の瞬間全てなくなるかもしれない」と常に思っています。

だから

会いたい人には会いに行くし、観たい作品は観に行く。
苦手な場所、人にはなるべく会わない。

そう心がけています。
付き合い悪い、性格悪いって思われてもいいんです。
だって本当に性格悪いもの。



それはこっちに置いておいて。



今回はどうしても鑑賞してみたかったんです。
それは「まうら」に出演する
「まだこばやし」の舞台を観てみたかったから。

どうしてかというとまだこばやしのメンバーの酒井直之さんに、
うちの息子歌舞伎町で拉致られましてね。。
(これだけを文字にするとやばい感じがプンプンですね)。
いや、正確には舞台に飛び入り参加させて頂いたんですね。詳しくはこちらを。

2018年の東京を忘れたくないのならにんげんレストランに行くべき。行くべきだよ


その時思ったんです。


なにこのお兄さんちょっとやばい。
初めて「舞踏」というものに興味が湧きました。


そしてその後もTwitterなどで交流させて頂き、
今回の一時帰国の際に舞台がある情報をゲットして
お席を買わせて頂くことができました。
ちなみにまだこばやしのメンバーは

長谷川暢さん、
酒井直之さん、
齋藤礼人さん(太鼓センター)、
山崎眞結さんの4名。

息子は「小林(こばやし)さんはいないんだ」と驚いてました。
公式サイトはこちらです。



そこでね。あのですね。
下世話な言い方ですけどね。
アーティストさんたちのプロフ写真などを
親子で拝見してて思ったんですけどね。


「カッコいいねえ」
「ジャニーズみたい」
「綺麗なお姉さんもカッコいいねえ」



って二人で言ってたんですよ。
なのできっと会場はジャニーズのコンサート会場みたいなんだろう、
うちわとかあるのかな、
ルールがわかってない私達みたいなモノが
いきなりきたらファンのリーダーみたいな人に
説教とかされちゃうのかなとビビりながら
浅草寺を堪能してたんですね(ビビってない)。



ちなみに息子は2回目の浅草寺。
「僕の学校の友達(インターの中学生)がみんな行ってる場所だ」と
意気揚々とインスタ投稿をしていました。



そして会場へ。どんな会場かと思ったらそこはなんとスタジオでした。
そして、、、


あれ。。。。?ご高齢の方が多い。。。?
そこで私はこの会場が太鼓教室がメインであることを
観客のおばさまたちのお話から理解します。
確かに公式サイトにはレッスンスケジュールが。
そうなのか、そうなのか。。。
そして会場に漂うこの感じは。なんかどこかで観たことがある。。
私は息子に言いました。


「きよし!!!!!!」


年齢層高めだけどとてもポジティブな女性たちと
実力ある美しい若者が向き合う場」。
氷川きよしのコンサート会場はこんな感じではないのか?と。


息子は氷川きよしさんを実際には知らないのですが
聖⭐︎おにいさんで出てくる「マリア様のきよし好き」から
きよしの魅力を理解済み。
このポジティブ空間を「きよし」で一発理解してくれてました。


さあここで「きよしたち」はどんな風に化学反応を仕掛けるのか。。。?


ワクワクしながら始まりました。
作品は前半は太鼓の演奏。
そして後半に「ダンスと舞踏」、そしてフィナーレという流れ。
いやあ楽しかったです!

とにかくすごいなって思ったのは自分たちの目指す芸術と
「きよし感」の絶妙なバランス。
私、現代音楽のコンサートやイベントに
何回か行ったことあるですが、
あれって正直「????」になることがあるんです。
30分過ぎてからは「これは一体いつどんな風に終わるのか」
ということだけが気になってしまって
脳内大混乱になったことがあります。

今回の太鼓の演奏は打楽器のみなので
ある意味現代音楽に近い。
実力がある彼らは本当はもっともっと実験したい。
でも観客が混乱で足を踏み外さないように
長さやビジュアルなどに随所に工夫を凝らしている。

本当はもっと突き詰めてたいんだろうけど、
絶妙にわかりやすい場所で止めてる。
この寸止め感がめっちゃスリル。すごいなあ。




そして「まだこばやし」の演目。
30分というビギナーがついていける最大限の時間を使って
突き詰める場あり、笑いの場あり、これはすごい。

そして私が注目したのは唯一の女性である山崎眞結さん。
今回の舞台、最初の数曲を観ていて
私は1つだけ物足りないって思う点がありました。
それは


「トランス感が足りないな」ってこと。


東南アジアに5年近く住んでしまいますと、
トランスのない打楽器ってなんかとても違和感感じるようになるんですよ。
(東南アジアの打楽器はトランス感満載なんです)
なんかあまりに演者の皆さん日本人男子として
かっこよすぎて綺麗すぎて、
私の中のアイドル目線が抜けなくて、
トランス感が足りないなあって思ってたんです
(その点にんげんレストランはトランスの嵐だった)。

その中で山崎眞結さんのダンスは
巫女的な要素も感じられて
トランスとか小さいことを気にしてる自分を
ひっぱたいてくれるようなキメが何度もあって
とても素晴らしかったです。

演目はエンターテイメントとして本当に楽しめました。
こんなに楽しんでいいのかなって思うほどに楽しめました。
それは演出とか色々な要素もあったのかもしれませんけど
私は本当に楽しかった。
きっと他の観客の皆様も楽しんでおられたようなので、
とても素晴らしいなと思います。


「わかりやすさ」と「かっこよさ」と「すげえ」は同居できるんですね。


外から観ていて、日本という国は芸術に対しての目に見える援助、
必要とされる援助を得るのが本当に難しい国だと感じます。
こういうバランス溢れた表現にこそ目に見える援助をして
どんどん広めてもらいたいものだと改めて思いました。



最後に一緒に記念撮影。
もちろん、にんげんパーカーで行きましたよ!


「ダンス?うーっっちょっとわかんないかな」
って思っていた私たちをブレイクスルーしてくれた
酒井さんに改めて感謝。

「え、ちょっとわかんないからやめようかな」
って思わないで観れるものは観たほうがいいよね。
ほんとそうだよねと改めて感じることができました。
ありがとうございました!



TAIKO-LAB浅草の公式サイトはこちら
太鼓教室も随時行ってるようなのでぜひチェックしてください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-12-27

Bangkok Art Biennale2018を観てきました。


Bangkok Art Biennale2018を観てきました。


東南アジアもビエンナーレブームです。
今回は友人に会う目的も兼ねて
バンコクビエンナーレに足を運びました。



バンコクビエンナーレ2108は10月19日からバンコク市内20箇所で
開催されています。

タイを中心に、アジア、ヨーロッパなどから計75人(組)のアーティストが参加。
しかもビエンナーレは2018年だけで3種類も開催され
現在はバンコクは新しいアートの発信基地として
注目されています。

日本からはアーティストは草間彌生と奈良美智が参加。
インターナショナル・アドバイザーとして、森美術館館長の南條史生氏も参加しています。


しかし!他のビエンナーレと違いここは東南アジア。
移動がなかなか大変なので全体を全部見るのは
早々に諦め

バンコク・アート&カルチャーセンター界隈
サイアムモール界隈
寺院界隈

こちらの3箇所を楽しむことにしました。


ビエンナーレはお祭り要素が重要といつも思っていますが
今回もそのお祭り度はなかなかいい感じです。
項目別に振り返ってみたいと思います。


1:移動
慣れていない人だとタクシー、grabになると思いますが
午後になると急に移動することが大変になります。
値段も一気に上がるし、流しを捕まえると
急にメーターを止められふっかけられたり。
どうしてもそう言うのがいやだ!と言う場合は
電車やバスになると思うのですが
時間が限られている場合は厳しいですよね。
移動に関しては東南アジア慣れてるつもりの私も
ちょっと苦労しました。


2:情報
まず全体像を把握しようと
バンコク・アート&カルチャーセンター
/Bangkok Art and Culture Centre(BACC)
にてパンフレットを購入。
地図や作品名の照合が結構大変でした。
そして周囲にも注意したいので看板がある場合
そちらでも確認したかったのですが
「You are Here」が提示されていない看板が
多かったのが辛かった。。
専用アプリもあったんですが
言語設定を英語にする場所がいまいちよくわからず。
タイ語のお知らせいっぱい頂いた。。つらい。。。
でも瀬戸内国際芸術祭も
最初のアプリは使い辛かったですが
回を重ねるごとに
神アプリになったので
きっとすぐに改善されると思います。


3:観客
基本鑑賞料無料、寺院などの観光地内にも作品設置ということで
観客層は様々な人がいました。
お寺内のアトラクション的な展示は
もうね悟りを開くような感じになって
すごかったですね。
インドアの場所も係りの人もそこまで神経質でもなく
とても穏やかな雰囲気。
特にBACはアトラクション的な作品、パフォーマンス的な作品が
集まってる階があってそこはアミューズメントでした。
家族連れなどもとても鑑賞しやすかったです。


4:気候による体調管理
とにかく暑い。暑いです。
乾季ということで雨が降ることはありませんでした。
(そこはKLとは違った)とにかく暑いです。
東南アジアの日差しはこちらが考えてる以上に
エネルギーが吸い取られるので
水分補給はこまめに行いましょう。
そしてトイレは思った以上に綺麗なので
見つけたらこまめに行きましょう。
その際は個室内に
トイレットペーパーがない場合があるので
ポケットティッシュを持参しておくと
より安心だと思います。



では。作品についてざっくりと!



5−1:作品鑑賞:BACC

グッゲンハイムを彷彿とさせる螺旋の廊下は思った以上に体力を使います。
ビエンナーレは全体の建物のうち2階部分を使って展示されていました。
高い壁、贅沢な敷地はとても自由な感じでした。


特にパフォーマンスアートをフューチャーした階は
本当に雰囲気がよくてびっくり。
インスタ映えももちろんですがイライラ待たされることもなく
楽しんでその場に居られる仕組みが工夫されていました。
ちなみに息子曰く結構ガチなアトラクションで
体験は結構大変とのこと。
怪我がありませんように。

ここはカルチャーが集結する場所のようで
レストランやショップもおしゃれで可愛かったです。




5−2:作品鑑賞 サイアムモール界隈


ショッピングモールの中に展示されてる作品達。
東南アジアのモールはだだっ広く、動線もあってないようなものなので
場所探しに超難航。インフォメーションに聞いても
人によってはそんなに知らん!ミュージアムに行けって言われたり。
でもめげてはいけません。
東南アジアはそんなものです。

やはりここで触れたいのは草間様。
華やかさはモールにぴったりでした。




5−3:作品鑑賞 お寺界隈

バンコクビエンナーレの特徴として
「寺の中に作品設置」が挙げられると思います。
今回はこの3箇所をまわりました。
場所によっては室内展示でとても冷房がきいていて
極楽浄土ここにありってトリップしそうになりました。
ちなみにこの間は地図では近いけど家族連れで徒歩移動は
あまりオススメできません。
私たちはタクシーを使いました。

Wat Arun Ratchawararam Ratchawaramahawihan
Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm Rajwaramahaviharn
Wat Prayurawongsawas Waraviharn

バンコクにおいてお寺めぐりは重要な観光。
その観光途中にビエンナーレに触れるということは
その他の場所にも興味を持つことができるので
すごくいい戦略だと思います。
しかし場所によってはかなり広いので
設置に関しての情報はもう少し欲しかった。。。




でもね、あまりにお寺が素晴らしくて
全部見なきゃ!とかそういう義務感とか
ぶっ飛ばしてくれるような満足感に満ちあふれることが出来ますので
お寺関係の鑑賞は本当にオススメ。
できれば午前中にががっと回ってしまいましょう。
午前中ならまだ交通機関も通常対応してくれるはずです。



今回私たちは時間の関係で訪問は出来ませんでしたが
政府機関やホテルにも展示がありました。
バンコクという観光業との共存を意識し
結果的にビエンナーレに触れる人を増やす作戦は
次の展開をよりエキサイティングにする
とても考えられた戦略を感じました。


このバンコクビエンナーレ、2年後が楽しみです。
2年後、まだ息子が高校生になってないので
まだ東南アジアにいたら
ぜひ再訪したいと思います。


2月3日まで。
詳細は公式WEBサイトをご参照ください。

2018-11-19

幡野広志 さん著「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる」を読んでみました。




幡野広志 さんの

「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる

を読んでみました。

KLの紀伊國屋で発見、運命を感じて購入してその日のうちに読了しました。



幡野広志さんはインターネットで知った作家さん。
写真作品ももちろんなんですが、文章にとても惹かれました。

実はこの本の前に私、作品も購入させて頂いています。
私の購入作品は、
もしかしたら幡野作品で

「一番幡野さんから遠くにいる作品」かもしれませんね。



この本は息子さんへ向けてのメッセージなのですが
幡野さんの息子さん立場になりたい読者にも
同時に語りかけるような優しい語り口なので
とてもスムーズに読むことができます。

でも、深く入り込んで共感する人と
自分のエリアで共感する人に
すごく分かれると思います。

どちらが正しいとかではなく。

そしてそれぞれの共感方法が自分と違ったら

「違う、そうじゃない」

と言いたくなる人がいるのもわかります。
そのくらいこの語り口は
己の感情をさらけ出してしまいたくなるような
包容力で満ち溢れています。




個人としてと言うより親として
どう考えて今、生きてる時を過ごすかを
改めて考えさせられます。




そしてああやっぱり大事なんだなあと
再確認できたのは生きていく上で



孤独を愛する
優しい気持ちを持つ
失敗を経験する場を作る
嫌だと思った人とは関わらない



こんな感じですかね。
ほんと、人間っていつ何があるかわからないから
人に安易に頼って生きちゃいけない
やりたいことはその時にやっとけ
行きたい場所にはその時に行っとけ
って改めて思いました。
まだまだ甘えてるな。もっと自分で切り開かなくては。




幡野さんの作品。とても気に入っています。
素敵ですよね。
息子が寮生活の時、日本を感じるために持参してほしいと
個人的には願っていますが
それは本人が決めること。。。



高校入学まで頑張っていきましょう。。。

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-18

ArtTech KL 2018「Panel discussion Session 2」を拝聴してきました。



ArtTech KL 2018にて

「Panel discussion Session 2」

を拝聴してきました。


ArtTech KL 2018は2回目の開催とのこと。

「様々なイベントを通して、マレーシアの新しいメディアアートの開発をサポートするプラットフォーム」

とのことですが、今回私が拝聴したのはpanel discussion。
なぜこれに気がついたかというと
スプツニ子さんが「KLなう」と
ポストして下さったから知ったという
登壇者に教えてもらうという素敵な展開でありました。
Panel discussionは私の英語力だと
本当に聞き取るのが大変なので
細かい内容は主催者の映像などを確認してからとして
今回は主観的な感想を。


まず「英語が100%わからんから行ってもしょうがない」
って思うことは全然ないです。
自分の好きなことだと単語単語が引っかかるので
案外内容がすっと入ってきます。
なので本当に行ってよかったです。

セッションは2部に分かれています。
パネリストは左から順番に




SPUTNIKO!さん
映像製作で有名って書いてあったけど
インスタレーションも印象的だし准教授でもあるし
なんかスプツニ子さんって何者?って聞かれて
ご本人も答えられないんじゃないかしら。

息子にとっては「スシボーグ☆ユカリ」でしたが
今日お話ししてる姿を見て
やっとそこから卒業できたそうです。



BONO STELLARさん
マレーシア出身のアーティスト&デザイナー。
音楽関係のディレクションが多いみたい。
インスタグラムにすごく力を入れてるようです。
っていうか海外の人と交流したかったらまずインスタですよ。
インスタまじ大事。



CHRISTL BAURさん
アルスエレクトロニカのキュレーターであり、研究者とのこと。
アルスエレクトロニカって一度行ってみたいんですよね。
まだ行く機会ないですが、でもいつか行きたい。


セッションは2つに分かれていて


Part I : Art Individual(アーティストそのものについて)


PartⅡ : Community(コミュニティについて)

それぞれ質問についてのトークがあり、そして質疑応答がありました。

Part I : Art Individualでは政府や企業とアーティストがどう関わるか、
どう関係を強化していくかということについて。

PartⅡ : Communityではアーティストは地域社会とどのように関わっていくか、
教育の一環としてのアートレジデンスなどについて。


アーティストが関係性を築くこととブロックチェーンの関係性についてなどの
質問もあったりして
ああブロックチェーンってマジで避けられない話題なのねと改めて実感。
ほんと、勉強せねばと思いました。


女性3人のトークということで
フェミニズムやガールズパワーや
女子が数学を学ぶことについて
話題はありましたが
なんかとても「で、議論するの普通でしょ」的な
スタンスを感じたのは個人的にはすごく新鮮。
私自身子供の関係でMaker Fair的なものに
KLでも行ってますが
イスラム圏だからと言って女子がいないなんて
全然なくて
みんなすごく積極的に学んでるんですよ。
なのでこういう話題がとてもストレートにできるのは
すごくいいなと思いました。



ちなみに後で息子に
「フェミニズムとか知ってる?」と恐る恐る聞いてみると

「知ってるよ。学校の討論のテーマ程度だけど」

だそうです!中学校のディベートのテーマになるなんて
そりゃ日本語圏と違うわあああ。。。


ちょっとびっくりしたのは
セッション全体に漂う上品さ。
パネリストももちろんなんだけど
これはすごいなと思ったのは
モデレーターのCheang Lin Yewさん。



ものすごく上品な空気を上手にキープしながら
トークを進めていて
そして質疑応答のさばき方もすごく上手!

KLでいくつかこのようなトークを拝聴しましたが
質疑応答でなぜか質問者の自分語りが始まり
どこ行っちゃうのかわからないヒートアップアルアルなのですが
さばき方が本当に上手。
突っ込んだ質問した質問者に「で、あなたはどうなの?」って
質問を返したりして。

ちょと感動しました。

あとスプツニ子さんのお話がとても面白かったからだと思うのですが
参加者から
日本における芸術活動、美術館活動についての質問やコメントが
積極的にありました。
他でも書いたことありますが
ほんと、森美術館ってマレーシアのアートラバーからすると
聖地認定なんですね。
森美術館のツアーが組み込まれた
旅行とかあったら大人気になるのではないかしら。


帰り道息子と面白かったねえと話したのですが
息子は私の8倍くらいヒアリング力が高いので
スプツニ子さんの上品だけど結構突っ込むトークが
すごいと感心していました。

「あの上品な荒ぶりテクは参考にしたほうがいいよ」

と助言頂いたので頑張ります。


そしてスプツニ子さんは
国とアートの関わり方について
上手に国の組織と付き合いながら
自分のやりたいアートをやってる人なんだねえと。
teamLabの猪子さんのお名前が出てきたからでしょうか。

「国の組織とうまく付き合えるアーティストさんは
 嫌いって言われることも多いだろうけど頑張ってほしい」

だそうです。大人の発言。


スプツニ子!さんは著書も素敵です。

2014-02-22
スプツニ子!「はみだす力」を読んでみました。





スプツニ子!さんありがとうございました!
もう、スシボーグ☆ユカリ怖くないそうです。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-12

「TOKYO2020で情熱の声を形にしたい」土佐尚子先生と一緒に楽しみたいのでプロジェクト&Sound of IKEBANAを改めて紹介します!

NAIKO_TISA_FB.png


土佐尚子先生が仕掛けるオリンピックプロジェクトがテレビ朝日で紹介されました。
上記は番組FBページ

からの引用ですがこれでもちょっとわかりにくい。。
見逃した方、え、なになにという方に

P1020648.jpg

土佐尚子先生の作品をずっと追いかけている
この子連れアート鑑賞日記が
わかりやすく改めてご紹介したいと思います。



土佐尚子教授の代表作であるSound of IKEBANA。
こちら、どうやってできてるか???って思いますよね。
CG? かなって思う人も多いそうです。

実はこれ、実際の映像なんです。
調合された液体を音の振動で躍動させて
高速度カメラで撮影。いけばなとして見立てた作品であります。


一番最初に拝見させて頂いたのは2014年。

2014-09-13
Ikkan Art Gallery「Naoko Tosa 「Space Flower」」を観てきました。

当時はタイトルも違いましたね。
そこからどんどん進化していったんですね。


P1220271.jpg

文化交流史としても世界を舞台にご活躍されています。
文化庁文化交流使のアーティスト土佐尚子氏がシンガポールで個展開催。篠田大使、堤公使が訪問。



とりあえず、動画見ましょう!



何度もも鑑賞させて頂いておりますが
実際に見れないけどものすごい生き物感を感じ
拝見するたびに

実際に自分の目では見れないのに
実際に起きていた情景を
実際に自分の目で見ている自分

にこの表現において内なる宇宙的な感覚を覚えます。


そう、気持ちが宇宙に通じてる感じ。


今回のこのオリンピックプロジェクトでは
この「Sound of IKEBANA」をなんと、


全国から集ったアスリートを応援する人々の声援
その声援を受け取ったアスリートの声


この生きた声で作品を表現するそうなんです!


それが、前回テレビ朝日系列で紹介されたこちら。

「TOKYO2020で情熱の声を形にしたい」土佐尚子さん

以下引用---
ニューヨークのタイムズスクエアに浮かび上がった不思議な映像
まるで生き物生き物のように動くカラフルな色彩
CGを使わずに製作されたという、その名も“サウンドオブ生け花”!
実はこの映像、京都大学の土佐尚子教授が特殊な装置を使い
“音”を“形”に変えたアートなんです。東京2020では
このアートを使って会場を盛り上げようというんです!
そこに込められた熱い想いとは?

そして、“サウンドオブ生け花”に松岡修造もチャレンジ!!
どんなアート作品が生まれたのか!?
-------
動画はリンク先からどうぞチェックしてください。


どんな場所でどんな風に声援は集められるんのでしょう?
どんなアスリートがその声援を聞くのでしょう?
全国回るって土佐先生コメントされてましたが、、、
え?旅しちゃうの???旅?


そして場所を超えた声援、時空を超えた心音で出来た
このアート作品を私たちもスタジアムで楽しめるそうです。


シンガポールのアートサイエンスミュージアムでの展示



ニューヨークのタイムズスクエアの大規模な展示でも

土佐先生の作品は上映されました。


Sound of IKEBANAって
すごく街に映えるんですよ。
スタジアムでどんな風に体感できるのか
楽しみですね。。。



ここで確認したいのは
このアートを産み出すパーツ1つ1つは
「全て実際に存在するもの」であること。

実際に存在するもの全てで作られた
目に見えないけどそこに存在する


「Sound of IKEBANA」は


アスリートと観客の心の中に咲く花。
どんな風になるか楽しみですね!

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク