2017-04-28

サクラスリングを購入してみました。


サクラスリングを購入してみました。


サクラスリングって気になってたんです。
それはこちら。


cropped-head.png

そしてどんなものかというのは
公式サイトをご覧ください。


ねえねえめっちゃ可愛いと思いませんか!!!!
すごく欲しかったんですが
前回の一時帰国であまりにバタバタして
買いそびれてしまった。。。とFBでつぶやいたら
ご紹介の縁が繋がって繋がって。。。




様々なみなさんの助けを借りて
なんと特別に海外購入をさせて頂くことが出来ました。
注:公式サイトからは海外発送は取り扱ってないそうです。




本当にありがとうございます。




早速つけて、夜の百貨店を徘徊してみました。
そして実際に使って思ったことは。。。


・思った以上に、布が厚いのでカメラを包むと安心する
・つけてみると想像以上にカメラが軽く感じる!
・東南アジアだと暑いよとの指摘があったそうなんですが
 殺人的な冷房のシンガポールだと、逆に助けになります。
・そして目立つ!みんな観る!キャアア!!!!



仕事で撮影をする時は基本的に「全身黒か紺」なので
ここにカメラスリングしたらめっちゃ目立ちますね。視線もらいやすいですね。
公式記者会見、何かありませんかね←目的を間違ってる



屋外撮影の場合はちょと暑いかなと思いますが
室内だったらこれは助けになる!と思いました。
ぜひ、いろいろ使わせて頂こうと思います!


日本国内からはぜひこちらの公式オンラインショップで。
あ、なんかイベントたくさんやってるみたいです。
次回の一時帰国で何かイベントやってますように!
詳細は公式サイトをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : アート
genre : 学問・文化・芸術

2017-04-19

Japan Creative Center「Summerland Wonderland Japan 2017」に行ってきました。


Japan Creative Center

「Summerland Wonderland Japan 2017」

に行ってきました。



先日一時帰国してきたのですが
とても久しぶりに「日本国内旅行」をしました。
頻繁に日本には帰りますがでも父の葬儀関係とか
母の具合を見に行ったり、そしてアート関係訪問が多くて
「旅行」って久しくしていなかったんです。


今回、とても久しぶりに仙台を旅行しました。
改めて思いますが日本の旅行って美味しいですねー。
そして地域によっては英語や中国語での表記に
本当に力を入れていて
日本語以外を話すお客様をもてなそう!という気持ちに
溢れていることを実感することができました。



そして新幹線!早い!綺麗!
Wi-Fi使える!電源使える!
動き出したらすぐ飲み食いできる!
動き出したらすぐトイレに行ける!

飛行機移動が多い自分にとって
新鮮なことが多かったです。
総じて本当に日本旅行って「楽しい」。



そんな日本旅行をシンガポールの人にも楽しんでほしい
日本旅行に行った人には楽しかった思い出を思い出してほしい


というイベントが

「Summerland Wonderland Japan 2017」

なんだそうです!




そして家族連れならぜひ注目して頂きたいのが
このプラレール!


ああ懐かしい。日本で子育てしてした経験がある人なら
誰でも1回は触れたことがあるのではないでしょうか。
このプラレール。
そしてここまでの規模のジオラマはシンガポールではなかなか見たことがありません。




実際の新幹線の写真と見比べるのもまた楽しい。
小さなお子さんは正直テンション上がるはずです!
ちなみに、時間によっては動かすことも可能だそうです。
動かしたい場合は、その場にいる監視の方に注意事項を聞き、
破損などが起きないように引率の
大人の人が十分目を配るようにしましょう。




そしてプラレールだけではありません。
英語圏の友人で日本旅行に行った人、
日本旅行を計画してる人には
こちらの多くのパンフレットが役立つはず!
ちなみ、日本を紹介する英語の勉強にもものすごく役立ちます。
英語教材としてもぜひご活用ください。




そしてJAPAN RAIL CAFEの紹介のお部屋も。
タンジョンパーガーに出来たこちらのカフェは
JR東日本が(Tanjong Pagar Centre) 1 階に
作ったカフェだそうです。
こちらでは訪日情報、カウンター業務(JTBとの提携)、
カフェ、物販などが行われているとのこと。

恥ずかしながらまだ行ったことがないので
これは行かなきゃなあと思いました。




ちなみに今回はこの展示ではコスプレも出来ます。
小学生は女性の車掌さんの衣装ならサイズがいい感じで着れます。


イベントもあります。
新幹線を作るペーパークラフトイベントや、
JTB、H.I.S.さんが行う「たびセミナー」。
とっておきの裏技を教えてもらえるかもしれません。



こんなに多方面に楽しめるこちらの展示、無料です。
ぜひ、ぜひ、明日をお運びください。
小さなお子様も日本を懐かしむご両親も
そして夏休みの予定を考える際にとても役立つはず。
ぜひ、足をお運びください。


5月6日まで、月曜日、5月2日はお休みです。
開催時間の詳細などは公式のホームページをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-04-01

The Japan Creative Centre「Playful times, playful computing A lecture on interactive media by Dr Yuichiro Katsumoto」を拝聴しました


The Japan Creative Centreにて

「Playful times, playful computing A lecture on interactive media by Dr Yuichiro Katsumoto」

を拝聴しました。



デジタルカメラやスマートフォン、iPadが、わたし好きです。
本当に、本当に、好きです。
そしてガジェットカテゴリーだけど
もうどうしようもないことに
とてもこだわり楽しんでいるような
デジタルガジェット(玩具)はもっと好きです。

今回講演はそのデジタルガジェットについて。
正直それだけできっと好き!と
何も下調べもしないで行ってしまいました。



今回の登壇者である勝本 雄一朗さん
1981年岐阜で産まれ、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスにて
映像制作を学びながら、次第に時間に対して有効なメディア表現に
挑戦するようになりました。
いい時間を過ごせるガジェットをつくりたいという
想いに溢れて活動しておられます。


まあね難しいことは抜きで
もうね、楽しくなっちゃうんですよ!
例えば。雨刀(AMAGATANA)。



私は息子を育ててきて、息子が幼稚園に入って
思い知らされたことがあります。それは

「傘ってなんでそんなに曲がるの折れるの」

私は男子という生命体は
「傘をそのまま持つということは苦行」
であることを学ぶことになります。
正直なんで傘振り回すのさ。。と思っていました。
しかしこの雨刀のコンセプトを拝見して



あああこれがしたかったんだ
と心の奥底から納得することができました。
ガジェットによって
思い通りにならない状況に対する
対処法を教えてもらい、
結果としてこのガジェットに関らなくても
「楽しい時間」を頂くことができました。

その他にも新しい視点がいっぱい!
ロボット1つとってもとってもユニーク。


Mojigen & Sujigen from yuichirock on Vimeo.




「もじげん」と「すうじげん」。
私たちの日常に数多く存在する「文字」と「数字」を
自分たちの代わりに動いて表現してくれるロボットです。
ここから産み出される文字や数字を表すための動きは
本当に、本当に美しいです。



私と息子は
講演会中、ずっと笑顔。
ワクワクが止まりませんでした。
プレゼンテーションもとてもわかりやすく
息子はとても面白かった!と話していました。



勝山さんはガジェットが産み出される過程、
そして関わる結果において
「より幸せになりたい、幸せにしたい」と
何回もお話しておられました。




産み出す際に
より深くユーモアをもって関わること。
笑顔になること。
これって実は本当に大事ですよね。

ご挨拶をさせて頂き、
記念撮影にも入れて頂きました!
ありがとうございます😊。
次回、ラボにも伺わせて頂くことになったので
更に楽しみです!

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-03-09

しゃぼん玉を吹きながら歩いて家に帰る(2017)に参加します。

shabondana_2017.jpg
(画像:FBのイベントページよりお借りしました。可愛いなあこのシャボン玉液が入った入れ物)

しゃぼん玉を吹きながら歩いて家に帰る(2017)

に参加します。


こちらのイベント。毎回参加させてもらっています。
え、日本のイベントでしょ?と思うあなた。

これは世界中で参加していいそうなんです。
参加方法はとっても簡単。

-----------------
3.11に、あなたのいるところでシャボン玉を吹きながら歩いて家に帰り、
可能であれば、その様子を写真に撮って #シャボン玉2017 または、
#soap_bubbles2017 のタグをつけて、
Twitter、facebook、Instagramに投稿してください。
-----------------
(主催者:三木 麻郁さんのコメント)


こちらに越してこの日を迎える度に
ああ本当にこれは日本で起こった出来事だったんだなあと
感じます。
私は日本人が多いコミュニティに属していないので
誰も地震について会話しませんし、
または会話をする人は英語のニュースを見て
それで会話をしてくるので
意識がとても偏ってる場合があります。

しかも私の父は福島出身。
そして去年の1月、亡くなりました。
3月の納骨の際に「福島に行くから」と話したところ
クラスメイトの父兄から「本当に大丈夫なのか」的な
心配の声を沢山もらいました。
帰国して帰ってきた日去年の3月11日は金曜日。
学校ではみんなでまずテレビでニュース的な映像を見て
討論をする日だったそうなんですが
地震の映像が出たそうなんですね。
クラスメイトはみんな息子が「FUKUSHIMA」に行ってたことを知っています。
そして(去年ですから)5年前、まだ彼が日本にいたことも知っています。
私たちは東京にいたんですが
まあ外国から見たらそういうのってもうごっちゃなんです。
その日はもうみんなに「難民キャンプから逃げてきた人みたいな扱いを受けた」
そうです。そこで必死に
「今でもあぶないところもあるけど、普通に生活してる人もいっぱいいる」
と息子は必死に説明したそうです。


去年、
しゃぼん玉を吹きながら歩いて家に帰る(2016)を二人でやったときのブログを読み返します。
2015年の際の言葉が突き刺さります。

-------------
人の人生は本当にある日突然変わります。
私自身が本当に実感したことです。
来年もシャボン玉が出来たら
まずそのことを心から喜び合おうと思います。
-------------

3月11日、このイベントがあるから
なんだか気持ちよく生きてる今に感謝できる気がします。
きっといろんなことが起こるでしょう。
だって本当にいろんなことが起きましたもの。


でもでも


きっとなんとかやっていける。
シャボンだまを吹きながら色々なことを
考えたいと思います。


今年はアーカイブアプリもあるそうです!

3.11シャボン玉・アーカイブARアプリ
By Photon,Inc.


theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-02-25

Science Center Singapore「In Conversation With Dr Lena Okajima - Science through entertainment with shooting stars on demand」を聴いてきました。



Science Center Singaporeにて

「In Conversation With Dr Lena Okajima - Science through entertainment with shooting stars on demand」

を聴いてきました。



しみじみ思うのですが
このシンガポールという国の素晴らしい点の1つは
「コンパクト」さ。
このような講演をささっと聴きに行くとか
日本だったらかなり難しいこと。

今、宇宙をめっちゃ勉強したい気分なので
こちらのお話を頂いたとき、喜び勇んで出かけました。

サイエンスセンター終了時に入ったのですが
なんですかこの感じの良さ。ああナイトミュージアム。



ご挨拶をさせて頂き、早速拝聴開始。
ここまでで、「流れ星を作るらしい」しか知らない私たちでしたが。。


めっちゃ楽しめました。





流れ星を作る仕組みをわかりやすく説明してくれたと同時に
このプロジェクトがとてもロマンティックであることに
なんだかとってもワクワク。

そしてやっぱり思い出すのは「君の名は」。

流れ星の姿って
とてもフィトジェニックであると同時に
とても大きな自然的な「力」を感じますね。

この人工流れ星、様々な


私は聞くのに必死でしたが
息子さんはほぼ普通にわかっていました。
さすがです。



そして今日はもう1つ素晴らしいことが。
声をかけてくれた学生さんたちがとってもフレンドリー!
彼らはサイエンスセンターに所属する科学クラブの学生さん。
女の子も男の子もとーっても優しくて
息子を(ちゃんと私に声をかけてから)
科学クラブの部室を案内してくれたりして
息子は本当に充実した時を過ごしました。



今、日本の小学校教育で
英語だなんだよく言われていますが
やはり英語を学ぶのではなく
「英語で学びたくなる環境作り」が
大事なんだなあとしみじみ思いました。

今日は岡島先生の講演もすごく面白かったのですが
科学クラブの学生さんたちとの交流も
とても、とても楽しかったです!


このような体験はお誘いがあったら
どんどん行きたいと思います。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク