2018-02-14

library@esplanade「Kimono: Comparison & Alteration」を観てきました。



library@esplanadeにて

「Kimono: Comparison & Alteration」

を観てきました。


日本文化といえば、着物。
しかし、着物って私何十年着てないでしょう。。
私自身着物と縁のない生活を送っていて
着物といえば、趣味であった古典芸能を観るくらい。
自分には手の届かないものだよなあと
勝手に思っていました。


今回、シンガポール駐在時に本当にお世話になったJCCさんが
着物のイベントを行うとのお知らせを頂き
息子の試合の前日という事で伺わせて頂く事にしました。


私は古典芸能が大好きです。
古典の世界にいつも魅了されてきました。


そして。
今回、自分の頭が硬かった事を思い知らされましたね。。





伝統文化というものに今日どのように向き合うかというのは
2つのパターンがあると思われます。
1つは頑なにそのスタイルを守り続ける事。
そしてそのスタイルを守る事が出来るように
周りが体裁を整える事。


これはある意味、理想です。
でも、理想だけど、でもそれができたら
こんなに苦労してないよっていうのが
現状でもあります。


そして第二のアプローチとして
伝統的手法を守りながら
新しいアプローチに挑戦する事。


それって、私。以前は
ちょっとどうなのよって思ったんです。
日本に住んでいた時は。


そして東南アジアに住んで早4年。
今、思うのは



「変化しても大事な根源は変わらない」
「だから変化を恐れることはない」



という事ですね。
変化を恐れない、そして大事な根源を見失わないとは
どういうことかを今回、このイベントで
しっかりと教えて頂いた気がします。


今回のイベントは「日舞」「トーク」「ショー」3部構成。
日舞から始まりました。
歌舞伎や狂言がとても好きな私でありますが
舞というのは正直よくわかりませんでした。
しかし、一度市川染五郎さんの舞を拝見する機会があって
全身の血が逆流するくらいびっくりした事があったんですね。



あ、舞っていうのは
その人だけじゃなくて
舞う人がそこに世界を作るんだって。



日本舞踊秋房流の家元である秋房愚楽先生と、
音遊所属の舞姫さんたちの舞。
特に秋房先生の舞が作り出す世界は
視線の先に世界があり、その世界を
鑑賞者が共感できる懐の深さがあって
素晴らしかったです。


そしてここから驚かされたのは
着物を未来に感じさせるショーの数々。


西陣織をネクタイなどに転換させた
BBCO JAPANさんの作品は素晴らしかった。
(私、旦那さんに1本購入しました)
音遊さんの現代風にアレンジされた着物や可愛らしい小物も
とても大人気でした。



東南アジアで暮らしていると
伝統を今の生活に上手に取り入れている人が
普通にそこら中に歩いているんですね。
なので着物を現代風にアレンジというのも
全然抵抗ないんだろうなと。



伝統的な概念に縛られてる方が古い。
そういう考えの人が多い場所にいると
それぞれの考え方も変わってきます。



家元のトークは
「伝統に敬意を持って大事にしていたら新しい事に挑戦する事は何も怖くない」
という彼の信念を感じさせるとても素晴らしいものでした。



ショーはモデルさん出演のもと、帯の締め方、伝統的な着物のショー。
解説を挟んで先進的な着物のショーと続きました。
日本人である私がええええええって思うようなポイントの質問があったりして
とても興味深かったです。




このようなショーは
「伝統はこうでなきゃ」とか思い込んでることではなく
伝統に最大限の敬意を感じながら
どんどん世界に出ていくこと、これが大事なんでしょうね。
また機会があったらぜひショーを拝見したいです。



息子さんはショーの後、モデルさんと記念撮影。
みなさんとてもお綺麗でした。



音遊 ★ kimono schoolのサイトはこちら
大阪で着付けのスクールも開催されています。
ぜひこちらもチェックしてみてください。


スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-01-29

「綺麗なものはみんなで見たほうが楽しい。きっと。」チームラボが技術と優しさで描く新しい人と人との関係の具現化「Digital Light Canvas」。


今回のシンガポールでは
チームラボ作品を3箇所で拝見しました。

Marina Bay Sands「Digital Light Canvas」

IKKAN ART gallery「Continuous Life and Death at the Now of Eternity」

National gallery Singapore
「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」
「 Flowers and People - Dark 」


実は私、このブログでteamLabさんを随分前から追いかけさせて頂いております。
Audiから見てることを記録に残してる人、少ないんじゃないかな。


Audi Forum Tokyo「teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo」を観てきました。

シンガポール滞在時から
色々な展示にメディアとして呼んで頂きましたが
前回のNational Gallery Singaporeでの
「CHILDREN's BIENNALE :DREAM AND STORIES」にて

「Homogenizing And Transforming World(均質化されつつ、変容し続ける )」を

「私、2014年の東京シティビューで見てます」
って言ってびっくりされたりしました。

東京シティビュー「MEDIA AMBITION TOKYO 2014」を観てきました。


なのでね。


今回は綺麗だなんだ技術だなんだということではなく
(というかそういうのは写真や動画で十分伝わる)
この場を使って彼らが何を伝えたいのか、感じてほしいのか、
そして存分に楽しむにはどんなことを気をつけたらいいのか
お伝えしたいと思います。



まずはMarina Bay Sands・「Digital Light Canvas」。


本作は、直径15mの光の円形リンクと、
光の点の集合でできた高さ20mにあるシリンダー(直径7m高さ14m)から
構成されているそうです。




まずこれ、円形リンクに入場するには有料です。一人5ドル。
しかしここで諦めない。

今回私は

1:ArtScience MuseumのFuture Worldのチケットを持っているか
2:Marina bay sands hotelに泊まっているか
3:Marina bay sandsのカードを持っているか

を聞かれました。
今回は弾丸だったので悲しいかなどれも当てはまらなかったんですが
割引のチャンスは色々あるようです。
なのでぜひ事前にご確認を。チケット売り場はスケートリンクだった
会場からすぐそばのエスカレーターのそばです。




今回は体験が最優先なのでチケットを買って堂々と入場。
入った時間が午前中だったので
明るい光に照らされ綺麗なんだけど写真が。。と思ったそこのあなた!


そういう時はトイカメラモードで撮影しましょう。
めっちゃフォトジェニックに写ります。
こちら30分ごとに映像が変わるそうです。
私が行った時は土曜日でしたが午前中だったので
それほど混み合ってはいませんでした。
そう、


「teamLabをシンガポールで楽しみたいのなら早起き」


ここ重要です。


そしてQRコードやリンク経由でシリンダーの光を
コントロールしたり有料で文字を打ち出すこともできるそうです。



ここで大事なことは
この有料で払った人たちのお楽しみが
遠方とはいえ、無料の人にも丸見えなこと。


ちょっと意地悪な考え方をしたら
「なんでこっちが金払ってるのをタダでみせなきゃあかんの」
ってなりますよね。


それって他人にいい思いをされたらムカつく!っていう
今の日本語思考社会にありがちな
「まず嫉妬から生まれてしまう現象」ですよね。



そうじゃなくて。


楽しんでるんだから
綺麗なんだから
みんなも楽しもう~


という自分の満足度で人も幸せな気分になったら
みんなハッピーという考え方。


こうなったらもっと世界はもっとあったかくなるんじゃないかっていう
想いを感じるんですよね。


綺麗だけじゃない。
インスタ映えだけじゃない。



きゃーーーーー綺麗ーーーーー


っていう時のWOWな気持ちの笑顔の伝染。


デジタルテクノロジーが
こんな風に優しい気持ちをPay Fowardしていけたら
世界はもっと優しくなれる。


技術が人の心を温めるって
こういうことなのかなって感じました。



夜はめっちゃ綺麗だと思いますが
でもエフェクト工夫すれば
朝でもとっても綺麗だし、朝だったら
お子様連れでも十分楽しめます。


常設展示だそうなので
どうぞ足をお運びください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-01-05

Thean Hou Templeに行ってきました

fc2blog_20180105175119e2a.jpg

Thean Hou Temple(天后宮)

に行ってきました。


宗教施設が大好きです。
もちろん美しいからということもあるのですが
東南アジアの宗教施設は
どの宗教に関しても


「生活に溶け込んでる感」


がすごくあって
とても温かい感じがするから好きなんです。
大変だったり、辛かったりする想いを
そのまま受け入れてくれる感じがあって。


fc2blog_201801051751591a4.jpg

このThean Hou Temple(天后堂)は
マレーシア国内で最大級の仏教施設。
高台にあるので景色もとても綺麗です。



ちなみに。


トリップアドバイザーとかには
「ホテルから近いから歩いてみた」旨の
記述が幾つかありましたが
車移動がメインのクアラルンプール。
車道を徒歩移動はひったくりなどのターゲットになりますので
家族連れでは行わないほうがいいのではと私は思います。



実際にGrabで行ってみると



ああああああ懐かしい。。。。


fc2blog_20180105175315d1b.jpg

fc2blog_2018010517524640e.jpg

シンガポールの仏教寺院を彷彿とさせる雰囲気。
ホーカーを連想させるこの机と椅子。
やる気がどこにも感じられないこのダラとした雰囲気。
(あ、これはKLでもそうかも)



あああああ懐かしい。。。。



土地ロス(前住んでいた土地、国を懐かしむ)
は基本しない人なのですが
場所ロス(好きなスペースは懐かしくて仕方がない)
はけっこうあるタイプ。
シンガポールで通った仏教寺院を思い出し
なんとも言えない気分になりました。


fc2blog_201801051753419d3.jpg

シンガポールと違うなあと思ったのは
施設の中にあった有料の体重計。
健康管理?ではなんで有料?


fc2blog_201801051754152d6.jpg

謎は深まるばかりでしたが
個人的にはとても心安らぐ場所だったので
ここには通おうと思います。


theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

2017-11-20

Public Lecture by The Honorable Yuriko Koike on Pursuing Sustainability: Environmental and Financial Leadership in Tokyo(小池百合子東京都知事講演会:シンガポール国立大リー・クアンユー公共政策大学院)を拝聴してきました。

fc2blog_2017112012071272e.jpg


Lee Kuan Yew School of Public Policy(シンガポール国立大リー・クアンユー公共政策大学院)にて



fc2blog_201711201207515ea.jpg

Public Lecture by The Honorable Yuriko Koike on Pursuing Sustainability: Environmental and Financial Leadership in Tokyo(小池百合子東京都知事講演会)を拝聴してきました。


シンガポールという国のすごいところは
このような要人の講演会の会長機会が
一般人にも開かれていることです。
(日本だったら無理ですよね)
素晴らしい機会を頂くことができとてもありがたいです。


実はこの大学院。息子のトライアスロンクラブの練習場のすぐ隣。
なので以前から場所を知ってました。
そしてちょうど雨と予想があったので
早めに来訪。とても気持ちよく入れて頂きました。
(日本が絡むと公式報道関係者以外は。。と事前手続きしていても
嫌がられる場合もあるのでこれは嬉しかった)


予想通り開演30分ほど前から豪雨。
早めに来た顔見知りの方々(殆どの方は公用車、裏山!)と
安堵の笑顔で待機。


fc2blog_20171120120825789.jpg

時間通りに小池さん登場。
東京オリンピックのロゴをイメージしたスカーフが気になります。
大学院の学長さんの紹介で講演スタート。



fc2blog_20171120120908dc4.jpg

東京が取り組んでいく国際的な取り組みを
数々紹介していくのですが
私東京都民だったんですが
全く知らんという項目も数多くあり
ああそういうものなのかなあと
考えさせられました。



ちなみに東京オリンピックでのメダルプロジェクト。
こちらは使用済携帯電話を再利用してメダルを作るとのことだったんですが

fc2blog_2017112012094569d.jpg


「リー首相からFDケースに入れた使用済携帯もらいましたー」

と見せて頂いたのケースを見て


そういえばリー首相ってギーグだったから
FDケース異常に持ってたのかもなあ
Windowsのアップデートとかで
途中で止まってブチ切れたりとかしてたのかなとか
色々想像してたらなんだか目頭が熱くなりました。


シンガポール首相、自作のプログラミングコードをFacebookで公開


英語で聞く「東京ビジョン」はとても美しかったです。
日本語が出来るシンガポールの人は「日本語報道のシンガポール」を
こんな気持ちで読んでるのかなと感じました。


批判ではなく、言葉を変えると感じ方が違うという感じでしょうか。
この「違い」を感じることこそが
もしかしたら一番大事なのではないかなと感じました。


fc2blog_20171120121032b01.jpg

この講演会、とても時間が短かったんですね。
講演+フォトセッション+質疑応答(3人)でトータル30分。
お忙しいのでしょうね。お疲れ様でした。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

2017-10-23

JUGAS | Japanese University Graduates Association of Singapore 主催の「Nihongo de Asobou 2017」に参加させて頂きました。

fc2blog_20171024102413583.jpg

JUGAS | Japanese University Graduates Association of Singapore主催の
Nihongo de Asobou 2017」に参加させて頂きました。


「Nihongo de Asobou」というイベントが
毎年シンガポールで開催されていることをご存知でしょうか。
え、Eテレ関係なら行きたかった!と思ったそこのお母さん。
ちょっと違うんです。


fc2blog_20171024102434035.jpg

このイベントはシンガポール留日大学卒業生協会(JUGAS)が
毎年開催しているイベントです。
参加しているのは日本語を学ぶ
シンガポールの中学生から大学生さんたち。
今年も80名近い学生さんが参加しました。
開会式では篠田大使もご挨拶。去年初参加だった大使は
生徒さんたちの日本語力にとても驚かされたこと、
そしてこれからもぜひ勉強を続けてほしいと
コメントをしておられました。



こちらに参加している学生さんの多くはMOE LCに所属。
MOE LCとはシンガポール全国統一中学入試(PSLE)の
成績上位10%の生徒が、第三言語としての
外国語を中学から学ぶために設立された学校です。
そして主催側である国費留学などで
過去に日本に留学した人の同窓会組織「JUGAS」は
こうした日本語に関する交流イベントを毎年開催しています。
イベント開始当初は


「どんなゲームを作ったらいいのかわからない」
「どんなことが行われるかわからない」


とゲーム提供者、参加者を集めることに苦労したそうです。
今はみなさんとても盛り上がるので
毎年楽しみにしてくださるとのこと。

確かに、最初の準備運動からすごい盛り上がりでした。


fc2blog_201710241025003ac.jpg

参加者はクレメンティ校の先生方の指南で体をほぐした後、8~10人のチームに分かれてゲームを開始します。

fc2blog_20171024102755d2d.jpg

各チームで連想ゲームやテーブルでのカードゲームを行います。
ものすごく、ものすごく、盛り上がりました!




fc2blog_20171024102846276.jpg
fc2blog_201710241029082cf.jpg
fc2blog_20171024102926a2f.jpg

もちろんテーマは日本または日本語。
日本人である私も思わず首をひねるような難問も数多くありました。
ゲームは30分を4ターム。
途中休憩を挟みましたが最後まで盛り上がりました。


fc2blog_2017102410260461e.jpg

優勝者がJUGASのイー・ジェン・エン会長から
発表された時は会場の盛り上がりは最高潮になりました。



楽しんでいる生徒さんたちを撮影しながら
ふと疑問に思ったことがあります。



みなさん日本語を使って働きたいから日本語を勉強しているのかな?



それはどうも少し違うようです。
日本語の人気の秘密はやはり漫画。
日本の漫画に惹かれるきっかけは
英語に翻訳された日本の漫画を読んだり、
字幕のある日本のアニメを見たことが多いそうです。
しかし全ての本が英訳されるわけではありません。
英訳されるとニュアンスが変わってしまいます。
だからニュアンスの違いに着目したい、
もっと他の話も読めるようになりたいなどと感じ、
日本語を学び始める学生さんが多いとのこと。
好きなことから入るパターンですね。
よって、自分の将来のビジョンに
日本語を使った自分というのはあまりないようです。




何人かの学生さんとお話してとにかく感じたのは

「みなさん超日本語うまい!」
「みなさんめっちゃ積極的!」
「みなさん好きなことが明確すぎ!!」


例えばある留学生さんに話を聞いていみると


「僕は何をしたいからどこどこ大学で学びたくて、今留学準備中なんです」


などとても目標が明確です。
その明確さを伝えることに躊躇しない、
そしてそれに対しての意見を
「意見としてのみ受け入れる」。
母国語以外でこのような発信力、交流力が
自分が学生時代にあったかと
改めて考えさせられます。




でも以前別件で調べて驚いたことがあります。
このように日本語にものすごく興味があって
日本語が上手で
日本が大好きな東南アジアの学生さんたちは。。。


どうも「日本に就職したい」という気持ちはあまりない印象。


どうして何だろう?


日本人だったら英語ができたら、中国語ができたら、
海外で就職して。。。とか考える人が多いのに!!!



疑問に感じながらファインダーを覗いていたら気がつきました。



あれ、なんかみんないろんな言葉をとても自然に話してる。
彼らはその時々において自分の話したいことばを使い分けてる。



感覚と選択を経て色々な言葉を使い分ける若者たち。
その中に組み込まれた「日本語」は授業で習った日本語ではなく
使われてる、想いがある日本語であります。


使いたいから使ってるだけなんだ。
そう、彼ら、世界中で使われている
「英語」も「中国語」も話せるよね。



「使いたいから使う日本語」を喋れて好きなものが日本にあるから
日本語を学ぶという行動力のある人って仕事人として理想。
そういう日本語を使える有能な若者が日本に来たら。。。


そういう人と、働きたい。
経営者ならそう考えるのではないでしょうか。


今まで私たち日本人は
「日本の中では日本語で」という感覚があったと思います。
そして「日本語ができるのは日本人だけ」という感覚も。



私はシンガポールで生活するようになって
日々数多くの驚きを感じていますが

「日本語思考を理解した日本語の若者の使い手が多い」

ことはとても驚かされたことの1つです。
彼らは強制ではなく自由意志で日本語を学び
日本語を話すだけでなく、
英語やマンダリンを話し
英語思考や中華思想を体感しています。
数々の分野情報に関して
それぞれの言語で接しています。


このような若者は
東南アジアで確実に増えています。

fc2blog_20171024102719dc4.jpg

今回の優勝チームの皆さん。おめでとうございます!

毎回感じますが
彼らの知識とその知識を活用する力に驚かされます。
日本人って勤勉とか言われたのは昔の話。
目的意識を持った東南アジアの若者の
学ぶ姿勢には驚かされるものがあります。



このような現状をもっと知ってほしい。
そして日本語を話す人間として
もっと草の根の相互交流をしていきたいと
改めて感じました。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク