FC2ブログ

2018-10-11

National gallery Singapore「PAINTING WITH LIGHT // FESTIVAL OF INTERNATIONAL FILMS ON ART」が開催中です。



National gallery Singaporeにて

「PAINTING WITH LIGHT // FESTIVAL OF INTERNATIONAL FILMS ON ART」

が開催中です。


今、時代は映像なんですが
私自身は映像ってちょっと苦手なんです。
なぜかというと映像ってそこから動けないから。
拘束感が正直辛いんですよね。

でも映像の情報量ってほんと半端ない。
情報過多の状況に慣れてしまってる現代人は
もう静止では満足できないのかなあ。。

なんて思いながらも
とても楽しみにしていた
「PAINTING WITH LIGHT // FESTIVAL OF INTERNATIONAL FILMS ON ART」。
Artを土壌にした映像作品は私にはとても受け入れやすかったです。


今回拝見したのは
「SOUTHEAST ASIAN SHORTS」という
東南アジアの特色が鮮やかに出ている小作品たち。
そしてこのエリアはいわゆる無料ゾーンです。

話が逸れますが
東南アジアの美術館ではこのように
チケットを買わなくても芸術を楽しめるゾーンというのが
存在していて
そこには大人も子供も自由に出入りしています。

この無料ゾーンはぶっちゃけ無料なので
親子でも気軽に入りやすいし
途中入場、途中退出がしやすいので
映画鑑賞の練習にもいいと思います。
こういうゾーン、日本の美術館でももっと増えたらいいのに。


拝見したのは2つの作品でした。


Kartika: 9 Ways of Seeing
By Christopher Basile




インドネシアを代表する作家であるアファンディの娘さん、
カルティカ・アファンディ。
彼女のインタビュードキュメンタリーです。
アファンディの美術館には1度足を運んだことがあるのですが
もうねエネルギーが凄すぎなんですよ。
燃えたぎってる。
っていうかインドネシアという土地そのものの
エネルギーは本当に凄まじくて
こりゃ勝てねえよって思わせてくれます。


Bangkok Dystopia
By Patipol Teekayuwat



男子高校生と娼婦が同じバスに乗ってるのですが軍部のトラブルにより
急にバスから降ろされてしまいます。
二人は夜道を歩くことになり、最初は違いに警戒してるのですが
ここはバンコクの夜道。
ぶっちゃけ、タイ人でも怖い。私もマレーシアの夜道を無知識により
歩かされたことがありますが
もう泣きそうでした。いや。泣いてた。野犬とかいたし。

二人はお互いことをポツポツと話すようになり
そしてお互いを理解しようとしはじめ、結束して
夜道を歩くのですが。。
悲しいことに現実が二人を引き裂き、
彼らはそれぞれの人生を歩いていきます。

とにかく夜道の緊張感、二人のやりとりに引き込まれます、

アジアの夜道を知ってる人なら
一緒に肩に力が入ってしまうような重い、重い緊張感。
タイの人も他のアジアの人もわかるわあって
思いながら引き込まれたんだろうなと思います。


2017年のタイのショートフィルム映画祭の受賞作品だそうですが
わかりますわかります。
そして男子高校生役の子、可愛かった。




そして。
今回はこのフェスティバルのオープニングパーティーにも
参加する機会を頂きました。
メイン作家であるジョン・チャングさん
(シンガポーリアンだけど現在はニューヨーク在住)
にご挨拶できたことは
本当に嬉しい体験でした。

Their Remaining Journey
By John Clang


彼の作品は今回のフェスティバルのオープニング作品です。
この映画は彼の映像作品としてのデビュー作!
ロッテルダム国際映画祭(2018年)で世界初演され、
ブライト・フューチャー賞のノミネートを獲得しました。

このフェスティバルでは2回上映されるけどもうチケット売り切れのようです。。
(ちなみに私たちは所用があったのと18歳未満は見れない映画だったので未見です😂)

この映画は未見なので
ストーリーや見解は書かないでおきます。
公式サイトはこちらです。
いつか体験して書ける日がきますように。


多分、私はビジュアルアーティストとしての
ジョン・チャング作品を
一番観て記録してる日本人一般人だと思います。

2013-03-26
National Museum of Singapore, Exhibition Gallery 1「Being Together: Family & Portraits – Photographing with John Clang」を観てきました。

2016-02-29
John Changがアメリカ大統領選で話題になってるようです

2016-07-30
Fost Gallery「John Chang / The World Surrounding an Indoor Plant」を観てきました。


それだけ彼の表現は日本の皆さんにも知ってほしい!と思います。

ちなみに今回色々がご縁が繋がり
ジョン・チャングさんは私のブログをチェック済みということを伺い
ものすごくびっくりしました。
自分のブログのことを

「My son's blog that growing while watching art works」

って言ったら文法変だけど通じたようで
めっちゃ笑ってくれました。

息子はチャングさんに「僕が観れる作品も作って」とリクエストしたら
「12歳だろ?6年なんてすぐだから!」とのことでした。
光陰矢の如し。

彼の作品、特に映像を撮り入れた数々の作品表現は
優しさに溢れながらもとても鋭い視点を持っています。
映像作品、どこかで拝見出来る機会があるといいなあ。


「PAINTING WITH LIGHT // FESTIVAL OF INTERNATIONAL FILMS ON ART」
は10月28日までの開催です。
数々の作品のスケジュールを確認して
チケットを買って行って頂きたいのですが
でも無料ゾーンの作品もとても面白いので
ぜひ気軽に足を運んで頂きたいと思います。


詳細は公式WEBサイトをご確認ください。
スポンサーサイト

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

2018-09-27

ArtScience Museum 「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」を観てきました。



ArtScience Museum

「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」

を観てきました。


もう何回足を運んだことでしょう。
ArtScience Museum 「FUTURE WORLD」が
「WHERE ART MEETS SCIENCE」としてリニューアルされていました。


この夏、下関、東京ボーダレス、そしてシンガポールと
チームラボに全く関係ないのに

地方、東京、海外と

3分野を勝手に制覇してる私たち。
ここで声を大にして言いたいのは




「家族が最高に楽しめるのはシンガポールだと思うよ!」


であります。
今回改めて感じたのであえてシンガポールの
「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」
がなぜオススメなのかを改めて整理してみたいと思います。



1:広さがちょうどいい

チームラボ作品の巨大化が止まりません。
私が最初に拝見したアウディや東京シティビューの時代に比べると
作品はどんどん巨大化し、鑑賞者と作品は一体化して、

そして

引率する大人は疲労が蓄積されていきます。

その点ArtScience Museumの

「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」

は広さが丁度いい。

「自然ゾーン」
「街ゾーン」
「サンクチュアリ」
「公園ゾーン」
「宇宙ゾーン」

それぞれのゾーンを自由に行き来することも可能です。



2:混み具合が丁度いい

ArtScience Museum 「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」は
Marina Bay Sandsの施設内にあります。
周りにはたくさんのお店やレストランがあります。
そして他の階にも魅力的な展覧会があります。

つまり、人の集中が過度にならないので
いつも程よく混み合っているので
快適に楽しむことができます。

しかも展示作品は定期的に変わります。
今回も10作品は新展開。
しかも中のWi-Fiもめっちゃ強力。



3:外も楽しい


ArtScience Museumの外にも
チームラボ作品があります。
こちらの美しさもたまりません。
そして中に入らなければ無料で楽しめます。
詳細は別記事にて。


2018-01-29
「綺麗なものはみんなで見たほうが楽しい。きっと。」チームラボが技術と優しさで描く新しい人と人との関係の具現化「Digital Light Canvas」。



4:参加してる人の笑顔度が高い


ここ重要。
1−3の好意的要素の集合体の結果
この展覧会に入場してくる人は笑顔の度合いがとても高い。
笑顔の多い人が集まる空間は。。。
そりゃ笑顔になりますよね。



私は個人的にチームラボ作品というのは
綺麗だデジタルだテクノロジーに注目することと同じくらい



「そこにいる他人がそこにいるからこの世界が存在してる」



点に注目すべきだと感じています。
(日本語ではあまり触れられないけど)


そこに存在する「他人の存在そのもの」を含めて
自分が見ている世界が構成されてる。

そこに考え方の相違や見た目の相違とか話し言葉の相違など関係ない。
そう、存在そのものが壮観して世界は構成されている。



ここに気づくことができたら
実世界でそれぞれの相違でわざわざ争いを起こすことより
まずお互いを認めあおう。そう思えるようになるはず。

実世界でもそこに気づけたら世界はもっと優しくなれるはず。


世界中の人が集まり様々な言葉が聞こえてくるシンガポール。
ここには様々な相違が集まり美しい世界を共有している、
そしてその美しい世界は一瞬たりとも同じものはない。


他の存在そのものを認めあおう。
そこに気づけたら世界の美しさに私たちはもっと目覚めることができて
そしてもっと優しくなれる。


インスタ映えするこの瞬間は
自分たちだけでできてるわけではないのです。



考えすぎですかね。
でも、そんな風に考える余裕を持てるほどに
とても程よい世界であるのがこの

ArtScience Museum
「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」。


チームラボ作品を家族でMAXで楽しめるのは
私はシンガポール一押しです!
まだまだずっと開催続いていくそうですよ。


ぜひ、飛行機に乗っていらしてください。
あ、私は隣の国にいます。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-09-25

ワタリウム美術館「 梅沢和木 × TAKU OBATA 超えてゆく風景」展を観てきました。



ワタリウム美術館にて

「 梅沢和木 × TAKU OBATA 超えてゆく風景」展

を観てきました。


カオス*ラウンジというのは私にとって興味はあるけど
縁のないアーティスト集団でした。
ちょうど活動が活発化したのが
私が日本を離れた時と同時期というのも関係して
なかなか実際に作品を見ることができませんでした。


今回弾丸一時帰国の中でちょうど時間ができたので
ブッコムぞ的な勢いで訪問したのですが。。。



とても特別な体験ができました。


恥ずかしながら
「なぜ写真撮っちゃいけないのか」
実際に作品を見るまでわかりませんでした。
梅木さんはインターネットの画像を大量に集めて
そこにアクリル絵の具などで加筆を行い
自分の世界観で再作成する手法。

近くで見ると「ああ!これは○○だね!」がいっぱい。
こりゃ確かに撮れないね。




そしてこのコラージュの世界。
私はとても見覚え、というか感覚的にわかる部分があります。


現在マレーシアで暮らす私。
学校も英語、日常生活も聞こえてくるのは
英語、中国語、マレー語です。

そこで聞こえてくる言語を
注意深くチューニングして
なんとか情報を集めています。


しかし。
日本に一時帰国すると様子が変わります。
特に飛行機を降りた羽田空港からタクシー乗り場まで。

私の頭はちょっとした混乱状態になります。

マレーシアだとチューニングしないと頭に入ってこない
様々な情報が
日本になるとこちらに御構い無しに
どんどん脳内にぶち込まれて行きます。

こんなにいらない。。
っていうか訳がわからないのに
勝手に入ってくる情報が本当に多い。


これは

私の思考が日本語であること
日本語以外の言葉だと考えないと入ってこないこと
日本語の情報だと考えないでも入ってきてしまうけど
でも今日本にいないので情報を正規の形にキャッチできないこと


が原因だと思われます。
正直、帰国して2日目くらいまでは
脳内が混乱状態になります。


そう、こんな感じに。




展示に足を踏み入れた時、


「ああこれって帰国した時の私の脳内」


って瞬時に理解しました。
そしてこれがずっと続くって。。。
(梅木さんの作品は会期中随時追加されていくとのこと)


うわああああああ


と改めて別の混乱を実感しました。



そしてTAKU OBATAの彫刻作品。
ダンサーであるのにデフォルメ部分につい目がいってしまう
この不思議なスタイルは
このダンサーが現実に踊り出すのではなく
このダンサーが存在するデフォルメと実在の世界が
混在する世界に自分が引き摺り込まれたような感覚に陥ります。


そう、この混在感は
自分がコントロールできない混乱に
身を流されるような感覚。


東京ってとても情報過多だけど
情報が流れていく感がすごく強い。


そして流されていく自分を
諦めの境地に流していく空気がある。




ああ、このまま自分も流されて無くなってしまうのかな感覚。



このように感じるのは
私が(日本で育った)日本人だからなのか
この展示を(今、様々な意味で流れている)東京で見ているからなのか


短い時間では私の中で結論は出ませんでした。


でも

あの帰国時に猛烈にくる脳内混乱を
心底わかってくれる人に出会えたような
安心感は予想外の体験でした。


そして


私は情報のチューニングの変化で
ああいう混乱が脳内発生すると思っていますが
もしかしたらああいう脳内混乱て
結構色々な人に発生してるのかな。
そして悩んでる人多いのかな。


展示を堪能させて頂いていた際
「(なんかわかる)安堵感を持った笑顔」で
楽しんでいる方がいて
勝手に仲間意識を感じていました。


これからも注目していきたい作家さんが
また一人増えました。
忙しい日程だったけど本当に行ってよかったです。


12月2日まで。
原則月曜日休館。
詳細はWEBサイトをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-09-06

【Indonesia】museum MACAN「Life is the heart of a rainbow」を観てきました。




8月の上旬になりますが

museum MACANにて

「Life is the heart of a rainbow(人生は虹の心)」

を観てきました。




MACANとはなんぞや。
MACANとはインドネシアのビジネスマンでありアートコレクターでもある
Haryanto Adikoesoemo氏によって設立された
インドネシア初の現代アートミュージアムなんだそうです。
いわゆるプライベートミュージアム。

これは個人的な想いなんですが
インドネシアのビックコレクターさんって
本当に金持ち半端ない+アートに対する愛がハンパないです。
本当にアートが好きで、このアーティストを応援したいという
想いを感じます。
私も何人かお話をさせて頂くコレクターさんが
いらっしゃいますが
本当に愛溢れる素晴らしい人たちです。

なので、期待してたんです。



期待以上でした。
アートに対する愛が満ち溢れた場所でした!


以前、ジャカルタのアートスペースに行くには
タクシーで交渉しなきゃいけなかったんで
すごく辛かったんですよね。
適当な場所で下ろされちゃったりして。

でも今はGrabのおかげでずいぶん改善した気がします。
今回もGrabでススーッと出かけました。




人気と聞いていたので事前いWEBでチケットを購入。
その日の夕方にKLに帰る予定だったので
朝一10時のチケットを購入。
買ったのに来ない!と騒いでいたら
迷惑メールフォルダに隠れておりました。


早目に到着して並んでしたら
「荷物は持ち込まないで」と
途中でクロークへ強制連行。
でも、これいいですよね。
だって確実に事故減りますもんね。
私はいつもこのような時のために
小さなトートバックを使うのですが
それもダメでした。
どうしても心配!って時は
小さなポシェットなら大丈夫そうです。




そして並び直していざ中へ。
途中でチケットの確認を何回もやってくれるので
入場時にはスムーズでした。
ネット情報によると入場も1日3000人までと制限があった模様。
作品保護を最優先に出来るのは個人所蔵のミュージアムならでは!


私自身は草間彌生展は東京、シンガポールと拝見しています。
シンガポールの際は東京との鑑賞の雰囲気の違いに
すごく驚かされたのですが
ジャカルタも雰囲気が全く違いました。


ジャカルタはですね。
とにかくめっちゃ楽しい!んですよ!!!!



東京では草間弥生の人生に自分を投影し涙ぐむ人続出
シンガポールでは作品の中の私!私を観て!の思い爆発

ジャカルタでの展示は

難しいこと言わないで
私の世界に身を委ねなさいよ!
楽しいわよ!という草間様の心意気に


おっけー!!!


と飛び乗るジャカルタっ子続出。
まさに「私大好きワールド」が
自由奔放に同時多発していました。



個人的な憶測ですが
草間彌生さんはこの「私大好きワールドが同時多発」を
自分の展覧会環境に求めていたような気がします。


心の病との葛藤、死の誘惑と戦うための制作、
そして日本社会からの抑圧に対する戦いのための制作。
その時期を経て気がつくと
もういつ死んでもいいんだという歳になり


もう戦わなくていい
誰かと競わなくていい
私が描きたいように描けばいい


というフィールドになって初めて
新しい世界が花開いているような気がします。




今回のジャカルタの展示では
その私大好き!の気持ちがとても素直に受け止められているような
印象を受けました。



ここは極楽浄土かよ。


インドネシアマインドというのは
草間彌生の世界に絶対にあってる!と
思っていたのですが
予想以上に化学融合がありましたね。


作品と展示する場所と
展覧会が作られている空間。
この3つは複雑に関係しあっているのだなと
改めて感じました。
今、自分だから出来る


「好きな作家の作品を色々な国で観る」


はぜひこれからも続けていきたいと思います。

ちなみにカフェも超美味しかったです。
早め早めの行動を心がけるときっと大満喫できると思います。



9月9日まで。
このアートスペースはこれからも注目していきたいです。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-08-29

一時帰国していました

今年は学校が変わったので
休みも変更。今年は灼熱の8月に一時帰国しました。
家族の事情もありやること満載&西日本横断という
すごい一時帰国だったのですが
展覧会もたくさん行きました!



和田高広 「Nippori Portraits」
eitoeiko



富田菜摘 「真夏の夜の夢」
新宿高島屋10階 美術画廊


チームラボ 学ぶ!未来の遊園地
ボートレース下関


カップヌードルミュージアム
大阪池田


三十三間堂
京都


エプソン チームラボ ボーダレス
森ビル デジタルアート ミュージアム


建築の日本展
森美術館



相変わらずバタバタなのですが
頑張って記録を整理していきたいです。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク