2017-06-16

家族で草間彌生展を鑑賞する際ぜひ知ってほしい3つのこと



6月9日からシンガポールのナショナルギャラリーにて


草間彌生展「LIFE IS THE HEART OF RAINBOW」


が始まりました。
この展覧会は東南アジア初の彼女の大規模展覧会です。
草間彌生?アートに興味のない人でもきいたことがあると思います。「あ、水玉の人でしょ」とか「派手なおばあちゃんでしょ」「なんか作品可愛いよね」とかいうイメージではないでしょうか。
彼女は1929年長野県松本市生まれで、1957年単身渡米、前衛芸術家としての地位を築きます。そして1973年活動拠点を東京に移し、2014年には『アート・ニュースペーパー』紙にて世界で最も人気のあるアーティストに選ばれています。2016年にはタイム誌のランキング「世界で最も影響力がある100人」に選ばれ、日本でも文化勲章を受賞しました。


こうやって文章にするとちょと身構えてしまうかもしれません。
芸術に興味がないと言われるシンガポールの人々もこの草間彌生展には大挙して訪れています。
ナショナルギャラリーは、お昼前にはいつも大行列です。
でも朝行くと結構入れます!朝一オススメ!!!


この展覧会「LIFE IS THE HEART OF RAINBOW」は
アートラバーからするとこの時期、シンガポールに旅行するなら絶対に見逃せない展覧会なのです。
そしてシンガポールという観光都市だと家族旅行でこの展覧会を訪れる人もいると思います。
子供だとわかんないかな、子供じゃないけどアートとか難しいからわかんないわと言う方に
子連れアートブロガーでもある私が



「家族で草間彌生作品を訪問する際ぜひ伝えてほしい3つのこと」


をご紹介します。



1:自分、そして助けてくれる人を信じる

草間彌生は幼少期から心の病気と戦っていました。そしてその病気について家族はあまり理解してくれませんでした。女学校に入る頃には精神に不調をきたすようになり、幻聴や幻視に悩まされるようになります。彼女はそこから逃れるために絵を書き始めます。女の子が花嫁修行以外のことをやるなんて!!と理解に乏しかった両親を説得し治療の一環として絵を描き始めた草間彌生はすぐに輝く才能を開花させます。正規の美術教育を受けた草間彌生は学業卒業後、松本に戻り個展を開催。その際に精神科医である西丸四方先生が感銘を受け、絵を購入します。そして彼は彼女の生涯の良き理解者となって行きます。
草間彌生は松本でも、ニューヨークでも、そして東京でもずっと病と共に芸術を生み出してきました。常に自分の表現を信じ、自分の表現を「大好き」という自己愛で支えてきました。そして信頼できる専門家に常に意見を仰ぎそその意見を信頼して自分で行動していきました。

自分を好きでいること。助けてくれる人を信じるということ。

これは草間彌生というアーティストの生き様から学べることです。



2:恐怖と向き合い、浄化させる力は人を救う

彼女の精神的な病はいくつもの症状は組み合わさったとても複雑なものです。その特徴の1つに「侵食」があります。自分が恐怖に侵食されるイメージ、これが彼女の中で水玉になっていきます。そして彼女の中での男根恐怖症を反転させたものがソフトスカルプチャ作品になります。
恐怖を自らの手で進化させた形(ここではソフトにしたこと)で増殖させることで作品を作る。これは彼女が病に侵食されていながら、彼女の才能がその侵食を作品に浄化させた珍しいケースです。

自分が恐怖と思う存在と向き合い、自分のスタイルで浄化させること。

それはその人の生き様を救う手助けになることが彼女の作品で証明されています。




3:人は覚悟を決めたら強くそして優しくなれる

草間彌生は90年だから新しいシリーズを「連作で」描き始めました。
この連作シリーズは猛烈なエネルギーで製作されていきます。このころから彼女は「私には残された時間は少ない」という発言が多くなります。残された時間。「あとどのくらい生きられるのだろうか」という想いが明確に現れるようになり、そしてこの連作に向かう情熱がとても「クリア」になっていく感じがします。
そして人は情熱が明確化するととても優しくなれる気がします。なぜなら情熱が熱くなればなるほど他に意地悪する余裕なんてないからです!
「愛はとこしえ」「我が永遠の魂」などの連作には猛烈なエネルギーとそしてタイトルに込められた日本語の美しさに感銘を受けるでしょう。

覚悟を決めたら人は強く、そして優しくなれます。



現代アートを鑑賞する際、歴史や背景を知っていたら鑑賞時により楽しくなります。
でも一番オススメしたいのは「知識よりも感覚の解放」です。
彼女の想いを直接感じ、自分の気持ちに置き換えてみましょう。
美術的知識は必ずしも必要ありません。
まず作品に身を委ね、全身で感じることがです。

お子さんがそんな風に感じている際、ぜひ上の3つの点を伝えてみてください。
お子さんの世界の中の感情が広がることでしょう。


ちなみに、現在「チルドレンズビエンナーレ」も開催されています。

2017-05-21
National gallery Singapore「CHILDREN's BIENNALE :DREAM AND STORIES」が始まりました!


この2つの展覧会+常設ギャラリーを見たらもう1日あっても足りません!
旅行の場合はチケット少し高いと感じるかもしれませんが
絶対に家族で楽しめると思います。
ぜひ足をお運びください。


9月3日まで。
詳細はギャラリーWEBサイトを御覧ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-06-06

National gallery Singapore「YAYOI KUSAMA LIFE IS THE HEART OF A RAINBOW」メディアプレビューに行ってきました。


National gallery Singaporeにて

「YAYOI KUSAMA LIFE IS THE HEART OF A RAINBOW」

メディアプレビューに行ってきました。



草間彌生様っていうのはもうアートを愛する者からしたら
もういわゆる一つの「現人神」なんですよ。

そして彼女の存在は、今、もう神に近づいている。
それはですね、彼女がもう自分の「終わり」を意識して
そこに向かって能動的に行動してるからなんですよね。

人間覚悟ができちゃうと、もう強いですよ。
そしてそう言う覚悟ができた人ってのは
人に優しいんですよ。

だって、もう覚悟出来てるんだから。

草間様の人生、そして行きていく上で様々な困難苦難との共存、
そしてその苦しみを超えた彼女からしたら

もう生きてるだけで素晴らしいのよ

と言い切れると思うんです。
悩んでる暇とかないから。
アートで戦うのよ。私には時間がないの!


と言い切ってもらえる感じ。


今回の展覧会、とても良かったんですが
東京の展覧会との違いも多く感じました。




まず。熱くない。

東京の展覧会ではまず、彼女の挨拶というか決意表明があって
それを読むだけで、もう泣けちゃうんですよね。
私だけじゃないです。みんな泣いてました。



今回はビデオレターがあったんですが
あれ、泣いてるの私だけ。。。




そして個人コレクション作品から始まるので
比較的小さめな静かな感じで始まります。
(個人コレクション作品が多いので「撮影不可」があるので注意)
そしてニューヨークで披露された「無限の網」シリーズが
始まります。ここも出来たら


「ニューヨークに行くことで日本でのしがらみから解放された」
「男根恐怖症を増殖させたソフト・スカルプチャ作品を発表できる環境を手にいれた」


的な内面なことがもっとわかりやすくあるといいと思ったんですが
あまりそこまでは突っ込んでないかな。
(もしかしたら英語のキャプションをちゃんと読めば書いてあったのかも)




そして光の海を体感できる作品がいくつか続くのですが
これは今のメディアアートの根源の1つになってるよなと
改めて感じることができました。





そしてドットであったり
南瓜に出会ったりと
彼女のトレードマークが続きます。
わかりやすいストーリーに心が踊ります。







そして「愛はとこしえ」「我が永遠の魂」
連作シリーズへと続きます。
連作の凄さは正直その場に立ってこそ
感じることができるもの。
モノトーンの美しさは再発見が多かったです。
よくみると見つけられる可愛らしいキャラクターも素敵。







そして最後、「ナルシスの庭」で
フィナーレを迎えます。
現在芸術と商業主義との格闘を
東南アジアの商業のハブで感じる行為は
もはや快感でもあります。
ちなみにこのフリーの展示スタイルには
ちょとびっくり。
現在ナショナルギャラリーでは
「チルドレンズビエンナーレ」という
大人気の子供向け展示が行われています。
触っていいの?って思わずきくと
「ダメよダメ!!」と慌てて言ってました。
でもここはシンガポール。しかも夏休みなんで
結構家族づれ多いはずなんですが
チャレンジですね。



グッズもたくさんのものが売ってました。
オリジナルっぽいです。


カフェではこんなスイーツも販売するそうです。



今回はギャラリーの力の入り方がパワフルでした。
実際の展示は草間様の人生と作品が「分類されてる感じ」
があってこのスタイルは日本じゃないからできるのだろうなと
発見が多かったです。


プレビュー終了後、息子と合流したら
ギャラリーのご好意で息子も鑑賞させて頂けることに。
そこで





「すごくいいんだけど、東京の時みたいに泣いてる人がいないね」
「タイトルが英語になると感じ方が違うね」
「ぼく、日本語も英語も頑張るわ。この違いがわかるってなんか大事な気がする」


と親としては心震える感想を教えてくれました。


草間様はやっぱり、現人神ですわ。


個人的はシンガポールの人がどんな風にこの展覧会を見るのか
とても楽しみです。
通おうと思います。


ちなみにチケットはオンライン予約で混雑状況を調整するとのこと。
旅行中の人はどうしたらいいのか
確認したいと思います。


9月3日まで。
詳細はWEBサイトを御覧ください。

#SGLovesKusama

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-05-21

National gallery Singapore「CHILDREN's BIENNALE :DREAM AND STORIES」が始まりました!



National gallery Singaporeにて

「CHILDREN's BIENNALE :DREAM AND STORIES」


が始まりました!


6月、7月というとシンガポールでは
公立幼稚園、小学校の夏休みシーズンになります。
時期は多少のズレがありますが
だいたい1ヶ月強のお休みになります。
しかし長期の冬休みと違い
シンガポールは夏休みはどれほど長くありません。
そして学年によっては秋に重要な試験があったりするので
勉強のために遠出ができないという事情もあります。



そこで。


シンガポールの博物館、美術館は
夏休みは一斉に子供向けの展示を行います。
それだけこの時期は「子供たちが美術館にやってくる」
シーズンなのです!


今回はメディアブリーフィングと
初日の招待日に呼んで頂いたので
行ってきたのですが



なんと初日招待日は。。。
メディアも家族でどうぞ!!日でした!!!
なので息子さんも参加。
なんとメディアシールまで頂いて
ちびっこジャーナリストになりました!


今回のこの
「CHILDREN's BIENNALE :DREAM AND STORIES」は
このナショナルギャラリーでは
最初の夏休みイベントです。
力、入りまくりです。


オープニングイベントでとても印象的だったのは
CEOであるChong Siak chingさん、

Tan Chuan-Jin大臣

それぞれの挨拶で

この展示はシンガポールの子供だけの展示ではなく
シンガポールを訪れる全ての子供に楽しんでほしい
ぜひお互いにどうだったか何か楽しかったか
コミュニケーションが生まれる「社交の場」にしてほしい

旨の点に触れられていたこと。
これって多様性というか相違性ありきの思考がないと
実はとっても難しい。
日本の美術館で、同じこと言えるかな?と
改めて考えさせられました。



今回はまさにアジア各国から
アーティストさんが参加しています。
いくつかご紹介。


日本からはTeamLabが
「Homogenizing And Transforming World(均質化されつつ、変容し続ける )」
で参加。

実は私、2014年六本木で体験してます!
東京シティビュー「MEDIA AMBITION TOKYO 2014」を観てきました。


あの時の私に教えてあげたい。
「あんたは3年後にシンガポールに住んでメディアとしてこれ体験するのよ」
絶対信用しないだろうな。




めっちゃフォトジェニックポイントです。
正直ここは子供だけじゃなくてかなりの大人も訪れるでしょう。
かなり並ぶと思いますので
午前中、できれば開館直後にぜひ。(チケット売り場のすぐ横です)



そしてこれは盛り上がりますな!は
フィリピンのアーティスト、Mark Justinianiさんの「FIREWALK : A BRIDGE OF EMBERS」。

ここは作品の上を歩くのですがこれがなかなかエキサイティングな体験。
そして歩くだけなのでそれほど待ち時間もありません。



ナショナルギャラリーならではの大規模展示は

ベトナムのアーティストTRAN TRONG VUさんの
「Sonnet in Blue」。
アジア各国の学生と協力して作ったお花がちりばめられた
巨大作品は中を通ると様々な声が聞こえてきそうです。





色々やってみよう!は IAN WOOさんの「ROCK AND SPHERE」と
Lynn Luさんの「THIS CHANGED MY LIFE」がオススメ。
未就園児さんとかきっとここからしばらく離れないと思います。






そしてちょっと離れたところにある
Chang Seok Tinさんの「BEING YOURSELF」は版画作品に
自分で紙を当ててクレヨンでこすって作品を共同制作するスタイル。
彼女が盲目のアーティスト。なので「触る」という行為は
とても重要なんだそうです。
共同制作しながら彼女の情熱を体感してください。





そして6月に大規模展覧会が予定されている草間さんのお部屋。
ここはシールをどんどん貼っていくのですが
実は私たち、東京ですでに体験済み。
ここはもし大量に並んでいたら外から観るだけでもいいかも。。


でも貼るのすごく楽しいんですよ。なので空いてるタイミングをみてぜひ。



最後に、この展示を見るための日本人的親子が注意しなくてはいけないことを。

【重要その1】冷房半端ないです。そしてお子さんが走り回って汗をかいて冷たい風に当たって風邪ゲット!が懸念されます。
着替えやタオル、体温チェックをどうぞお忘れなく。
【重要その2】展示は美術館各所に混在しています。結構歩きます。小さいお子さんはくれぐれも無理をしないように。

1:大きな荷物が持ち込めない部屋があります。心配な方は貴重品だけ入るサブバックをご用意ください。
2:7月中旬までは思った以上に「並ぶ」可能性があります。10月までやってるので焦らず。
3:ぼっとしてると横入りされることもあり!なのでしっかり並びましょう。
4:草間さんのお部屋、チームラボのお部屋は正直かなり並ぶと思います。どっちを優先するか考えて並びましょう。
5:実は、子供向けの展示は美術館中にいーっぱいあります!

1回で全部回らなきゃ!とか思わずにお子さんが笑顔で帰ることを最優先で。


(ずっと夏ですが)シンガポールもそろそろ夏本番!
どうぞミュージアムを楽しんでくださいね。


10月8日まで。無休です。
6歳以下のお子様は無料。
シンガポールの学校に通う学生、教師は無料。
シンガポール国民及び永住者は無料。
それ以外は大人20ドル。
(キャンペーンなども企画されているようです。チケット購入時にご確認ください)
(詳細は公式WEBサイトをご参照ください)

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-04-26

森美術館「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」を観てきました。


森美術館にて

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」

を観てきました。


なんてわたしたちにピッタリなタイトル。



そう、ここ数年わたしたちは
「チャーミングな旅の一環」として
この美術館を訪れています。


ちなみに、ハルシャさん。
1969年。インド南部、カルナータカ州マイスール生まれ。
現在もマイスールを拠点に活動されてるそうです。


つまり、まだまだ働き盛り。
そういう人の個展は


ミッド・キャリア・レトロスペクティブ


っていうそうです。
サイトの説明によると


ミッド・キャリア・レトロスペクティブとは
一定のスタイルを確立した中堅アーティストの
数十年間の仕事を網羅的に見せる展覧会


なんだそうです。
ちなみに「回顧展」とは
アーティストのキャリアの晩年や没後に開催されるイメージ。
確かに、現役バリバリですもんね。


今回、旅というタイトルを聞いた後
この展覧会を楽しみながら
私は息子の学校やクラブ活動であった
インド系の様々なご家族について
考えていました。



シンガポールで貧富の差が激しい国の1つであるインド。
金融関係、宝飾関係で大活躍する方もいれば
肉体労働を続ける環境で日々働く人もいる。


勝ち取った立場にいる彼らは
「私たちは今の立場にたどり着いた」
と強く認識しているように見えます。
そして様々な立場の人を冷静に見るように
心が鍛えられています。


この感覚は正直、日本に住んでいた時には
わかりませんでした。


ハルシャさんの様々な作品から出てくる


協調性の中に見える
異様な存在そのものを許容するスタンス


は、インドの皆さんの心の強さを感じます。
以前の私には想像もできなかった強さを。



人生は旅であり
旅を続けるには強くなければならない。


そんな気持ちを再確認するには
森美術館は私たちにとって最もふさわしい場所です。



私たちはこの美術館で
おやこ鑑賞を始めました。
この美術館が私たちを受け入れてくれなかったら
今の私たちは存在しないし
そもそも私は親として機能していなかったと思います。


様々に描かれるたくさんの人々の姿。
遠くから見るととても美しい布のように見えます。
まさに、今、流行りのフォトジェニック。
よくよく見るとそこには強い葛藤や黒い心が渦巻きます。


そしてフォトジェニックな空間って
心を旅に導くのね。。と改めて感じます。
私が、旅してこの美術館にいるからなのかも
しれませんけど。
森美術館は #empty などいろいろ新しい試みを
チャレンジされてるそうですが
今後も楽しみです。



それはまさに今私たちが生きてる世界。
「おかえり」と言ってくれる場所で
私は今、自分の世界を再確認できました。
素晴らしい体験でした。



ちなみに。
7月は大規模な東南アジアの展覧会が開催されます。
サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで
こちらもとっても楽しみです。


6月11日まで。
詳細は公式サイトをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-04-23

国立新美術館「草間彌生 わが永遠の魂」を観てきました。


国立新美術館にて

「草間彌生 わが永遠の魂

を観てきました。

私たちが行ったのは月曜日の午前中。
国立新美術館が「休館日」と誤解されやすい月曜日。
通常なら観客はかなりすくない日ですが。。。


かなりのお客様ががいらっしゃいました。
いろいろな方に
「ちゃんと時間をとってみるように」
「泣くと思う。女性は特に」と言われ続けたこの展覧会。


はい、その通りでございました。






こんなにも根底から来るとは
予想はしていましたが、
でも実際に体感してみるとすごかったです。


日本語環境思考という言葉を最近、私はよく使います。
(どこの国でいても)「日本語で日本語的思考で考えること」によって
感じることってあるんだなと思うことが多いからです。
それはいいこともあるし、辛いこともあります。
なんでえええええと叫びたくなるようなこともあります。


草間さんの作品はそのなんでええええという時に感じる
私たちの頭の上に重くのしかかる重さみたいなものを
具現化してくれているような気がします。


草間彌生はまさに第二の黄金期なんだそうです。
確かに彼女の作品のこの猛烈なエネルギーは
まさに黄金期だとおもいます。


しかしですね。


私が注目したいのは
彼女の作品に関わって紡がれる「言葉」。
この日本語が猛烈に、猛烈に語りかけてきます。



「我が永遠の魂」シリーズは圧巻。
そしてものすごく鑑賞に時間がかかります。
それは、多くの人が「タイトル」と作品を
見比べ、そこから感情を汲み取り、心が揺さぶられるので
なかなか前に進めないからです。

このエネルギーをフルに感じれるのは
日本語ネイティブの日本人女性だからかなと
改めて感じます。

彼女の言葉には年齢を重ねてきたから出てくる
浄化感が溢れその言葉に触れることによって
今自分が感じるしがらみを再確認し

「私はあなたのようになれますか」

というまるで神に遭遇した一般人のように
人々の感情は彼女のメッセージに集中します。



あなたに逢えてよかった
明日も生きていけそうです


そんな想いが溢れる凄まじい空間になっていました。



そして。


草間彌生さんは6月にシンガポールでも
大規模な個展を行うとのこと。
最初、私は巡回展と勘違いしてまして
この作品はアジアの人にどう伝わるのか
勝手に動揺していました。


実際の展覧会は巡回展ではなく
全く違ったものになるそうです。
それだけアジアで作品があるということでもあり
アジアの草間彌生の人気を改めて感じます。


そして6月、私はその会場で
どんな印象を感じるのか今から楽しみです。


必見です。ぜひ、足をお運びください。


5月22日まで。
火曜日休館です。(5月2日は開館)

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク