2017-03-13

Singapore Contemporary - Asia Contemporary Art Showを振り返りこれからの「ミッドキャリアフェア」の可能性を探ってみる。



アートフェアには複数のスタイルがあります。
Art Basel やArt stageのような国際的な規模で行われるアートフェア。
そしてAffodable art fairに代表されるような「誰もがちょっとした勇気で買えるフェア。

フェアというのはこのような
「ハイクラス」と「ロークラス」の二分化というのが今までも傾向でした。





そこに近年「ミッドキャリア」と言われる層が出てきました。
今回は「ミッドキャリアフェア」として去年の悪評を吹き飛ばした
Singapore Contemporary - Asia Contemporary Art Show」を
レポートしながら新しい方向性を探ってみたいと思います。


ミッドキャリアフェアとは何かというには
実際のフェアを振り返ることが一番確実です。
この「Singapore Contemporary - Asia Contemporary Art Show」は
去年、シンガポールで行われるBig Fairある
「Art Stage Singapore」のサテライトフェアとしてスタートしました。




サテライトフェアとはビックフェアと同時期に開催されるより
小規模なフェアを指します。
ビックフェアには世界中からコレクター、バイヤーが
そこでしか出逢えないアートを見つけようと訪れます。
サテライトフェアではビックフェアに来たバイヤーやコレクターを
取り込もうという目的があります。
(なのでサテライトフェアというのは「開場時間が長い」という特徴があります。)


しかし、去年の「Singapore Contemporary - Asia Contemporary Art Show」に私が訪れた際、
あまりの観客の少なさに驚きました。
Art Stageを訪れていたコレクター、バイヤーにより会場を近く感じてもらうために
「VIPカードホルダーは無料」などのオプションがあったにもかかわらず、
そこに活気を感じることはできませんでした。
私は「このフェアは来年はないな」と思い、早々に会場を後にしたのです。



そして驚かされたのは今年の「Singapore Contemporary - Asia Contemporary Art Show」は
「Art Stage Singapore」の次週に行われるというニュースです。
旧正月の前の週という日程が私にはとてもハンディになるのではと感じました。
参加ギャラリーは20カ国から90以上。去年の65から増えたことがどう出るのか。
とても興味深く出かけました



びっくり。
たくさんおる!!!!



実際のフェアは大盛況。連日(昨年に比べて)多くのお客様が訪れました。
合計でアジア全土から、22,650人の来場者がこのショーに参加しました。
その次の週、旧正月の前にこれだけの集客を達成するというのは
正直予想外でした。結果として2016年の第1回より訪問客は40%増加しました。
そこには幾つかの理由があったようです。



1;良い企画展


今回は写真の展覧会「Photo17 Singapore」と
南米のギャラリーで構成された展覧会「Latin American Voices」が開催されました。

写真に関してはシンガポールでは新しい分野であり、
アートとしての認識はもう少し先との意見もありましたが
今回非常に評価が高かった作家も多く、購買につながるケースもあったようです。
会場は常に活気に溢れていました。

そして特筆すべきなのは「Latin American Voices」。
このエリアの作品はフェア開催前から購入希望者が非常に多く
最終日まで大盛況であったことです。
ラテンアメリカという文化はシンガポールでは馴染みの薄い分野であり、
今回のフェアを訪れたコレクター、バイヤー、
そして買う予定がなかった鑑賞者の心も揺さぶりました。
それは同時に幅広い購買層に答える幅広い販売価格が
存在していたからでもあります。



2;マーケティング


今回の購買の活気を感じた特徴として中国語圏、英語圏それぞれに
情報が確実に届いているという印象を受けました。
主催者でありますMark Saundersonさんにお話を伺うと
今回はそれぞれの言語圏にダイレクトに届くマーケティングを行っていたとのこと。
確実にその効果は現れていたと感じます。

前年度誰もおらんかったからでしょという声が聞こえてきそうですが、
前年度皆無であった訪問者数を増加させることが実現できたとしたら
それは更に素晴らしい成果という気がするんです。私は。




3;あらゆる層への開放感


そして去年以上に感じたことはフェアが総ての層に開かれていること。
総ての層(ここでは購買意欲のない層も含まれる)に居場所がありました。
ツアーは合計36回、アーティストトークは12回行われました。
ツアーには子供の鑑賞ツアーもありフェア中に12回開催されました。
(大人同伴なら)2歳から参加可能という自由度の高さには驚かされました。
ドーセント経験のあるボランティアがそれぞれのギャラリーを回り、
アーティストやギャラリストが直接こどもたちにアートの面白さを解説をしてくれました。
こちらのツアーは今年度は当日参加も可能でした。



アメリカではミドルクラス層の減少が大きなムーブメントを呼び起こし
トランプ大統領を誕生させました。
しかし世界全体、特にアジアに目を向けてみると
中国、インドのミドルクラス層は急激に増加しています。
この層が持つ経済力、そして購買を刺激する出会いの場が
今まではアートマーケットに登場していませんでした。

そう、彼らはアートをどこで買うべきか、わからなかったのです。




このミッドキャリアフェアは
販売側と購買側が出会う新しい場になろうとしています。
少なくともシンガポールではその出会いの場の形成は第一段階としては
成功したのではと感じました。




こちらのフェアは香港ではAsia Contemporary Art Showとして
春と秋、コンラッドホテルで開催されています。
ホテルのフェアはまた雰囲気が違いますが確実に出会いの場を作っている感があります。
このミッドキャリアフェアについてもっと日本からも注目していくべきフェアだと思います。
自分自身も積極的に追いかけていく予定です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-02-24

【随時更新】2017年2月に訪れた展覧会

さあ!あっという間に2月です!
書けるものは諦めずに書いていきます!

--------------
OTA FINE ARTS / Landscapes (Singapore)

Mizuma Gallery / _hyP3
FOST Gallery / SOLID PRAYERS (Singapore)

Japan Creative Centre /The Japan Media Arts Festival Special Exhibition in Singapore「Landscapes: New vision through multiple windows」(Singapore)

Singapore Art Museum / An Atlas of Mirrors - Singapore Biennale 2016 (Singapore)

Movie / Giovanni's Island(Singapore))

ION ART GALLERY / young artists group show.

iPRECIATION/ Afterimage… – A group exhibition by Hilmi Johandi, Jon Chan, Khairulddin Wahab, Kenichiro Fukumoto & Allan Balisi(Singapore)

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2016-10-09

「美術館、博物館での撮影はOKかNGか」を海外在住の身から検証する。


先日このようなニュースが。


東京都の美術館と博物館、写真撮影OKに? 解禁検討へ


東南アジアの美術館は、基本写真撮影OKです。
博物館や寺院に関しては「撮影したい場合は追加料金」という
システムも多いですね。


私はシンガポールを拠点に生活しているわけですが
シンガポールの美術館、博物館にて
写真撮影でトラブルということに
遭遇したことはほとんどありません。


理由を考えてみました。


1:通路が広い
東南アジアの美術館は結構通路が広く作られています。
これは欧米などを模写して作成されたからだと思われます。
通路が広ければ撮影が鑑賞の邪魔!ということから
トラブルになることはあまりないようです。

2:シャッター音がしない
東南アジアで売られているiPhoneなどの携帯は
シャッター音を消せます。
なのであまりシャッター音に過敏になることはありません。
ちなみにデジタルカメラもシャッター音って設定だと消せます。


3:そもそも結構うるさい
シャッター音がどうこう、カメラを構えてる人がどうこういう前に
そもそも結構うるさいのがアジアの美術館、博物館です。
しかも聞こえてくる言葉は1つではありません。
そうなると雑踏もサラウンドになり、言葉の意味が気になるということは
ありません。



ということで
これを日本だとどうだかを考えてみましょう。


1:通路が広い → 狭いと「ぶつかるから」と嫌がられる
2:シャッター音 → 消せないiPhoneなどは「音が気になる」と嫌がられる
3:そもそもうるさい → 静かだから「発する音そのもの」が嫌がられる


ではこの嫌な原因を潰せばいいのではないでしょうか。

1;狭いと「ぶつかるから」と嫌がられる → 通路が広い場所のみ撮影OK
2:「シャッター音が気になる」と嫌がられる → シャッター音を消してもらう
3:そもそもうるさい → うるさくしたら嫌よの時間帯を設ける(サイレントタイム?)


なんであそこの美術館は撮影OKなのにここはダメなんだ!という
お怒りなどもあるでしょう。でもそれは設備的な問題とか
構造的な問題とか背景はいろいろある気がします。
あと作品撮りなどでその場を独占するとかね。
アート+コスプレ で撮影したい!って
コスプレイヤーさんが思ってくれてることは
ある意味うれしいことなんですけどね。。。


トマトやピーマンが
生でも好きな人が居たり
焼かないと食べられない人が居たりいるように


それぞれの美術館、博物館にはそれぞれの事情がある


と鑑賞者側も割り切るべきかなと個人的には感じます。



ただ思い出を残したい!という気持ちもわかるので
館内を撮影不可にする場合は
撮影スポットなどを設定するのもいいかもですね。



こんな風にお互いの妥協点を見出したいと
思う私も美術館、博物館で絶対禁止すべきと思うものがあります。
それは


101123415689jidori_selfy_stick1.png

自撮り棒。


これはマジで危険です。
破損の要素が多々あります。
長い傘を持ち込み禁止している館は多いですが
長い傘よりある意味危険です。
こちらは絶対に持ち込みをされないように
どうぞよろしくお願い致します。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2015-09-23

東京都現代美術館「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」を観てきました。


東京都現代美術館「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」を観てきました。



このブログを見て頂いてる方は
私は会田誠さん作品の大ファンでであると同時に
岡田裕子さんの映像作品の大ファンで
お二人の紡ぎ出す文章の大ファンでもあることは
よくご存知だと思います。

そんな皆様が寅ちゃんと一緒に作品を作る!と聞き
こりゃ行くしかないっしょどうにかして行くわよと
調整総動員して9月に観に行くことになりました。
(なので開催直後のいろいろな出来事にバタバタしていました)


念願の一時帰国。しかもWSにも当選。
息子にWSの参加をしてもらっている間、
私は全体の展示を何度も何度も歩き回りました。



今回のこの展覧会は
通常夏に行われる現美の子供むけ展覧会において
私にとって忘れられないものになりました。
それは子育て中のざわざわそのものと
親としての覚悟的なものが愛憎弁当のように無作為に同居してる!
まさに今の子育ての世界そのもの!
と感じることができたからです。



まだ鑑賞前に
「これは子供むけではないのでは」という指摘をしてる大人が
けっこういて
正直不思議だったんです。
そもそも子供むけ展覧会ってなんなのよって。




実際に観てわかったのは
「子供向けの展覧会」というスタイルにはまらない
よく言えば自由奔放、
悪く言えば大人のイメージする「こども」から逸脱した
この空間は
子育てしている親からしたら
とても「日常」な空気だよなということです。



そして同時に「子を守る」という覚悟が
すべてのカテゴリーで強く感じることができる
とても貴重な場になっていました。


他人から来るいらぬ無責任な指摘ってありますよね。
「お弁当に冷凍食品入れるなんて」とか。
そういう時に感じる
「あたしがこの子の安全を考えないとでも思ってんの!!
 あたしがどれだけこの子を守る!って思ってんの!!!」
的な覚悟。
そういう覚悟が随所にあるなあと感じました。



特に「会田家」の展示は親としての覚悟が随所に感じられました。
私はあの空間を体感できて幸せでした。



家族は大事。でもひとりになりたい時もある。
「はじまるよびじゅつかん」と「会田家」の距離感は絶妙でした。
ここだけは「保護者が子供から解放される立場」で鑑賞が可能なんですよね。
そしてひとりで「会田家」という家族のカテゴリーをみて
「家族という場所」「家族の中の自分という場所」を
ダイレクトに問いかける行為は
自分の中で「自分の場所」「自分じゃない場所」そして
「そもそも場所って何」など深い問いかけがループしてくるんですよね。


「みんなここに長居するのってわかるわ」


と思いました。


立場上美術館で親子連れがいると
ついつい観察してしまうくせがあります。
今回ほど親が自然体でその空間に委ねていた
展覧会は珍しいです。みなさんとても自然でした。
子育てはこうあるべき
こどもと一緒だと大人はこんな風に行動すべき
いろいろなしがらみから自由になった場は
もしかして常に子育てに息苦しさを感じている
日本の親子が求めている「だれのものでもない場所」
なのかもしれないなと思いました。




なのでこの感情に流されると
「ヨーガンレール」はラストでしょ!と勝手に思い込んでたんです。
アルフレド&イザベル・アキリザンがラストという展開に
個人的にものすごく動揺しました。
「私の場所」を改めて作るという能動的行為が最後に来るということに
この空間を作ったすべての方が希望を前に押し出す勇気をお持ちなんだなと感じました。



今回、図録がないと聞いてます。
すごく残念です。撮影可なわけだから記録はたくさんあるのに。
どうにかならないものなのかしら。
絶対に記憶に残しておくべき展覧会です。
ぜひ足をお運びください。
10月12日まで。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2015-09-21

東京に来ています


theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク