FC2ブログ

2019-02-10

Museum Macam「Arahmaiani: Masa Lalu Belumlah Berlalu(The Past has not Passed)」を観てきました。



Museum Macanにて


「Arahmaiani: Masa Lalu Belumlah Berlalu(The Past has not Passed)」


を観てきました。

Lee Mingweiさんの大ファンである私がMacamでのプログラムをチェックする前から
この展覧会の存在は知ってました。
ジャカルタや東南アジアのメディアだけでなく世界規模のメディアでも
「是非見に行くべき展覧会」にチェックされていたからです。







Arahmaianiは、インドネシア、バンドン出身の女性アーティスト。
バンドンというのはインドネシア第3の都市、ジャワ島の西側にあります。
標高が高く1年中涼しいため、
週末になるとインドネシア各地からの観光客でにぎわいます。
学校や美術館などが集まる
文化芸術の都市です。
高級リゾート地としてもとても有名なんだそうです。


そんなバンドン出身の彼女の展覧会は、
絵画、舞台芸術、インスタレーション、詩など、
さまざまな媒体を通して表現を行なっています。
作品の多くは政治的、経済的、環境的な問題を扱っています。
消費主義、宗教、現代文化における女性像など
地域や世界の問題を浮き彫りにしています。

なので、背景を調べる必要がある作品も多い。。。
今回は70点の作品で構成されているそうです。


背景を知らなきゃ難しいの。。?
え。。。


大丈夫です。ご安心ください。
だってここ、MACANですよ。
愛溢れる空間で展覧会は設定されてるんですよ。
ほんと、すごいと思う。こんなに自由に空間を使えたら
アーティストもそりゃ嬉しいよなって思います。


映像などでパフォーマンスはチェック済みだったんですが
共有できる映像がありました。


Handle without care
というパフォーマンスの舞台となる
「Nation for the Sale」が行われる舞台。


様々な陳列物は
イスラム教を侮辱しているのではと
以前ものすごい抗議を
受けたこともあるそうです。

バリの衣装、資本主義を象徴するコカコーラ。
日常生活を取り巻く様々なグッズ。
宗教音楽はイスラム教だけでなく
あらゆる宗教の曲が使われているとのこと。
様々なものが複雑に絡み合い
現在のインドネシアの問題を浮き彫りにします。


その他、チベット問題とか
イスラムにおける
女性の扱いについての問題など
1つ1つを見ると非常に政治的、宗教的で
そこには数多くの語りがあるんですよ。
とても、とても、雄弁です。


でもなんでしょう。


そういう難しい側面ばかりを気にして
ああやっぱわかんないと思うからいいわって思うには
あまりに勿体無い。

人らしさにあふれてるこの世界を純粋に楽しんでほしい。

数多くのビエンナーレ、トリエンナーレ、グループ展、個展が
世界中で行われているのわかるわあって思います。


3月10日まで。
是非足を運んで頂きたい展覧会です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2019-02-09

【Indonesia】Museum MACAN「Lee Mingwei: Seven Stories 」を観てきました。



Museum MACANにて

Lee Mingwei: Seven Stories

を観てきました。



私の中で絶対に外すことができない作家さんの一人が
Lee Mingweiさんです。
私が勝手に大ファンなんですけどね。

最初の出会いは資生堂ギャラリーでした。
その後私はシンガポールに引っ越したんですが
森美術館で個展のために一時帰国しました。
次に台北で個展があると聞いて追っかけました。
そこでご本人に会えて更に感激。
その後私はマレーシアに引っ越したのですが
Leeさんは一度イベントでシンガポールにいらっしゃってたんです。
私はその時引っ越し直後で
ドタバタしていてLeeさんに会える機会を逃しました。

ブログはこちら。
2012-09-22
資生堂ギャラリー「リー・ミンウェイ展「澄・微」」を観てきました。


2014-09-18
森美術館にて「リー・ミンウェイとその関係展」が9月20日から開催されます。


2014-12-17
森美術館「リー・ミンウェイとその関係展: 参加するアート―見る、話す、贈る、書く、食べる、そして世界とつながる」を見てきました。


2014-12-19
【コラム】リビングルームのホストになって「森美と私」を振り返る。


2015-09-06
臺北市立美術館「李明維與他的關係:參與的藝術 ─ 透過觀照、對話、贈與、書寫、飲食串起和世界的連結」を観てきました。


そして2018年11月。
インドネシア、ジャカルタのMuseum MACANという
素晴らしい個人美術館で
Leeさんの展覧会が行われると聞いて
私はいてもたってもいられなくなりました。

11月、12月は個人的にとてもしんどいことが多くて
精神的にものすごく辛かったんですよね。
そんな時にどうしても行きたかった。
結局行けたのは1月の末でしたが。。。


本当に、行って、良かった。









今回は彼の作品の中での7点を
物語のように展示するスタイル。
優しい雰囲気に満ち溢れていて
会場内で何度も泣きそうになりました。




特に手紙のコーナーは心揺さぶられました。
「The letter writing Project」は
展覧会に来た観客にそれぞれ大切な人に向けて
手紙を書いてもらい、
他の人に読んでほしくないものは封をして、
読まれてもいいものは封を開けたままにしておく、
という作品。


封をされた手紙は投函され、
封をしていないものは展覧会場で
他の観客が自由に見られるようになっています。
手紙の棚は毎朝リセットされるそうなんですが、
観られる手紙は
その後の手紙に多大な影響を与えるそうなんです。


この手紙、毎回読ませてもらうんだけど、
泣けちゃうんですよまじで。
インドネシア語、読めないけどでもなんかグッときたなあ。
私も、

「私はこの空間をずっと追いかけてる。ここに来れて嬉しい」

って英語で手紙を残してきました。




Leeさんの作品の根底にあるもの。
それはコミュニケーション。
一緒に食べる、手紙を綴る、
日常のコミュニケーションこそ究極のアートという表現。

これって、外国でアタフタしながら
語学を酷使して生活してると
涙が出るほどそうよね!って思うことがあるんです。


私自身、東南アジア在住5年目になりました。
英語が全くわからないわけではないので
死なない程度に生活はできますが、
でもやっぱりコミュニケーション苦手です。

これは日本語だったらいいってわけじゃなくて
人として苦手なんです。
学校の用事があるって時、
いつも息ができないわあって思うほどに緊張します。
同時に東京で幼稚園でも、小学校でも
学校と名のつく場所に行くのが
本当に嫌で嫌で仕方がなかったことを思い出します。


ええ、コミュ障と呼ぶがいいさ。


そうなると、
英語でなんとかアタフタできる方が
よっぽど楽なんです。
余計なこと、話さなくていいし。

こんな私にとって
人とのコミュニケーションは
ある意味演劇のような要素を持っています。
私は情報を得るために、タスクをこなすために
必死で「演じている」んです。
これをアートって言っていいのなら、
もしかして、私、すごく楽になれる。。?



どんなに挙動不審でも、
どんなにアタフタしてても、
それもコミュニケーション。
それもあなた。
あなたはそのままでいい。



って言ってもらってるような気持ち。



泣いてもいいですか。



Leeさんの世界に浸る際に
まるで母体に戻ったような
暖かい気持ちになれるのは
普段コミュニケーションってことに
疲れてそして疲れてる自分に嫌気を感じて
たまらない自分を

そのまま許容してくれるから

なんだろうなって思う。。。


今回は弾丸の訪問だったのでイベント、
パフォーマンスに遭遇はできなかったんだけど
それでも本当に満足度高かったです。
行ってよかった。


美術館も素晴らしい美術館なので
ぜひ一度足を運んで頂きたいと思います。
カフェも、美味しいです。


3月10日まで。
Leeさん訪問のタイミングが合えば、
やばい行ってしまうかもしれない。。。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2019-01-28

【Singapore】Aloft at Hermès「Vanishing Workflow by Xavier Antin」を観てきました。




Aloft at Hermèsにて

「Vanishing Workflow by Xavier Antin」

を観てきました。


以前、Noriko Ambeさんの展示をお手伝いしてから
特別な場所になったAloft at Hermès。今回のシンガポール訪問の際も
もちろんと出かけたのですが
今回はとても、とても驚くべき展示でした!




4階に上がると、美しくデザインされたタペストリーと花束がありました。
ふーんと思いながら観ているとお兄さんが

「説明させてもらっていいですか?」

何かなあと思いながら伺うと


「このインスタレーションは
シンガポールで撮影された植物のデータと
ビットコイン市場が連動して作成された作品なんです」


!!!!!!!!


あとで調べたのですが
この作品を作ったフランス人アーティストXavier Antinさんは
インタビューにて


「展覧会はシンガポールで行われています。
この国の持つ設計された公園や庭園の緑豊かな熱帯、
そして世界の重要な銀行と金融サービスが集う国です。
この事なる重要性の共存に影響を受けています」



旨のコメントをされています。




たしかにその通りなんです。
今、マレーシアに転居したからわかるけど
シンガポールの公園、庭園というのは
設計された美しさと合理性が熱帯雨林の中で
とてもシステマティックに設計されていると感じます。

シンガポールにおける緑化政策は政治主導で行われてきました。
国土が淡路島程度しかなくトップダウンで政策設定が可能だったこの国では
外国の投資や企業および観光の誘致を率先して行うことが死活問題でした。
その政策をより円滑に進めるために

「熱帯だけど住みやすい街作り」

として緑化政策、公園や庭園設定が
国をあげて行われたのです。


政策を円滑に行うために
街で植栽された樹木すべてのデータ
(植物の情報や過去の病歴、対応履歴など)が
データベースで管理されています。


そしてビットコイン。


私は日本に住民票がないので
納税の関係で仮想通貨市場を体験したことはありません。
ビットコインとはなんぞやレベルなんですが
暗号理論を用いて安全性を確保、
発行が管理されたされた仮想通貨であるとのこと。

ちなみにビットコインはサトシ・ナカモトという人が
作ったそうなんですが
これが実在してる人かどうかもわかってないそうです。

そして市場はPeer to Peerという
複数の端末間で通信を行う形式で中央組織のない形で
運営されています。
ビットコインはブロックチェーンと言われる方式で
運営されているとのこと。


詳しく知りたいからはここら辺からどうぞ。

ビットコイン出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ビットコインの仕組みを分かりやすく解説 <概要を知る>


P2Pネットワークとブロックチェーン


 

ちなみに、シンガポールは他の国よりいち早く

「ビットコインに対して政府の公式見解を明確化」

した国です。
ビットコイン取引も盛んで、2014年時点で
過去数年間に渡る投資によって
シンガポールにおけるビットコインの流通量は
100億ドル以上に到達しています。



この2つの大きな特徴が
このアートスペースに組み込まれているとは。。。胸熱!
っていうかこんな作品、
シンガポールでしかできないやん、すごいやん。


ちなみに花束も
オンラインbitcoin取引プラットフォームに接続されているとのこと。
この彫刻はそれが利益を上げるたびに
展示スペースに花の花束を注文するようにプログラムされているそうです。



ってなると利益が上がるたびに、
花束だらけになる可能性もあるってこと。。。????
そして利益が上がらなければ花束はそのまま。。
そう、枯れていくしかないそうで。


「テクノロジーと自然のコラボ」
をテーマにした作品は数多く拝見したことがあります。
でもここまでテクノロジーとアートを
ライブでコラボした作品は初体験でした。凄っ。


シンガポールでしか出来ない展示だと思います。
そしてシンガポールの政治、歴史知った上で
体験するともっと面白くなる展示です。
現代芸術って
こんな風に過去と現在と未来を繋げていくのですね。



必見です。
是非、足をお運びください。


3月10日まで。
エルメス路面店の4階なので
ちょっとおしゃれして
どうぞお出かけください。

参考動画:
Aloft at Hermès’ latest exhibition by Xavier Antin explores technology, Bitcoin and flowers…

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2019-01-25

【Singapore】Mizuma Gallery「Hopes & Dialogues in Rumah Kijang Mizuma」を観てきました。



Mizuma Gallery にて

「Hopes & Dialogues in Rumah Kijang Mizuma」

を観てきました。


Singapore Art Week(SAW)、開催中です。
今年の開催は2019年1月19日 から27日まで。
アートステージシンガポールが突然キャンセルという
びっくり(でも納得)展開があり
静かにざわざわしてる今年のSAW。
最初に参加してから丸5年が経とうとしてるのかと思うと
そりゃ息子さんも中学生になるわな!と改めて思います。
最初の頃はアートステージもとても盛況できたね。。
懐かしいですね。。




この展示はSAWの一環としての展示。
今回はRumah Kijang Mizumaに参加した
メンバーのグループ展とのこと。
仲良くさせて頂いている岡田裕子さん参加ということで
伺わせて頂きました。

Rumah Kijang Mizumaは、
ミズマギャラリーのエグゼクティブディレクターの三潴さん、
キュレーターのHermanto Soerjanto、
アーティストのAngki Purbandonoによって
2014年に設立された共同作業スタジオおよびアーティストの居住スペースです。

私たちも一度伺わせて頂いたことがありますが、
とてもハッピーなエネルギーオーラが溢れている場所です。

ちなみに「Kijang」って意味知らなかったんですが
「鹿」って意味なんだそうですね。
近隣にはアートスペースが多く、
そして美味しいカフェやイタリアンレストランも多いんです。
アーティストAgan Harahapはここの家族と住み、
スタジオ、事務所、アーティストの交流スペースを
とても暖かく運営していました。








ここでは合計22人
(インドネシア7人、日本人15人)の
アーティストが2週間から9ヶ月の間滞在していたとのこと。
近所には生き生きとしたストリートアートなどもあり、
とてもポジティブな活気が溢れていた事を今でも思い出します。



今回の展示はそのアートスペースで製作された作品、
それぞれのアプローチが本当に面白い。




訪問の目的であった岡田裕子さんの「カラダアヤトリ」。
カラダアヤトリは体全体を使って
大人や子どもがあやとりをする様がビデオに収められた作品。
これがまたね。日本の様々な場所や
インドネシアなどで行われてるんですが、
縄ってなんてまあ七変化するだろう!?って思いましたね。

歌舞伎町ではプレイっぽく、
教室内で授業っぽく、
そしてインドネシアでは儀式っぽく。

単なる縄のはずなのに、ものすごく違う。
これは日常で人はその人そのもののみのはずなのに、
環境や、置かれ方、そして使われ方で様々に変化していく
ということを示しているように見えます。

そして同時に片方で「相手をわかった」と思いこんでしまう危なさを
提示してくれてるような気もします。

ジョグジャカルタでもない、日本でもない
このシンガポールで
この縄をどう捉えるか、
なぜ自分がそう思ったかを
考えてみたいと思いました。




その他に印象的だったのはYamamoto Ryukiさんの「PORTRAIT DIARY 」。
これは自分の周り(ご本人のコメントだと3M以内)にいる人の
肖像画を日記風に書いた作品とのこと。
70年代的な要素もあってとても作品として面白かったんだけど
スタッフさん曰く山本さんはこの作品の製作過程で明らかに
「変わった」そうで。最初はとてもシャイだったんだけど
作品が仕上がっていく過程でどんどん開放的になっていったんだそうです。
場所の力、人の力、人の思いなどがとてもポジティブに現れていて
観ていて元気をもらえる作品でした。


私自身、インドネシアのハッピーマインドが
とにかく大好きなんですよね。
彼らの前向きさ、行動力、そこに資源と財力のある人がつけば
すごいことが起きるのは時間の問題。




若いアーティストさんによく
「一度東南アジアに行ってみようかと思うのですが
どこに行けばいいのでしょう」
と相談されることがあるのですがその際は
「インドネシアがいいと思うよ!」
と話します。

あのポジティブさは若いうちに絶対に触れてほしい。
今の日本ってなんかネガティブマインドにあふれているから
なおさら。


3月19日まで。
開催の詳細はギャラリーの公式FBページをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2019-01-15

【Kuala Lumpur】National Art Gallery Malaysia「CHANG YOONG CHIA, Second Life」を観てきました。



National Art Gallery Malaysiaにて

「CHANG YOONG CHIA, Second Life」

を観てきました。


ほんと、このNational Art Gallery Malaysia のゆるさってたまりません。
午後3時にここを出ることを目標に逆算して行動すれば
交通に関してもほぼ問題なし。
そしてなんと言っても無料!
無料なのにものすごい充実っぷり。

ここはマジで穴場です。

そして今回は

CHANG YOONG CHIA, Second Life

を観てきました。
実際に何度も訪問させて頂いていて
毎回発見を頂いてるA+Works of Artさんから
情報を頂いたこの展覧会。
いつものように全くしなくて
行ってしまったのですが。。。


度肝を抜かれました。






CHANG YOONG CHIAさんは
1975年、Kuala Lumpur生まれの
マレーシアのアーティスト。
オフィシャルサイトを拝見すると
かなり長く多方面に表現活動されてる方のようです。

(オフィシャルサイトの色使い、可愛い。。。)

今回は集大成的な展覧会のようなんですが。。。


これが、大迫力なんですよ。

東南アジアで常に感じる止められない生命感や
止められないごちゃごちゃ感。
そして日常化する多くのアクシデントに
クスッと笑ってしまうようなユーモア。

東南アジアで暮らしてると
日々ぶつかる様々なエネルギーを
こんな形で表現できるのかと
驚かされます。







特に感銘を受けたのは
古切手を使った作品。

マレーシアって、ぶっちゃけ、郵便事情結構心配なんですよ。
正直、信用できない。
今でもそうなんだから、かつてはもっと信用できなかったと
思うんです。
この多くの古切手はこの


「届くかな。。届くといいな。。」という思いが
こもってるんですよね。
その思いはどんな気持ちを運んだんでしょうかね。
なんか色々かんがえが巡ってしまいました。



こういうアーティストをどんどん紹介していきたいです!
ほんま私たちがワクワクです!


1月31日まで。
詳細は公式ホームページをご参照ください。

more...

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク