FC2ブログ

2018-11-27

ILHAM gallery「The Two Mountains Photography Project 3.0」 を観てきました。




ILHAM gallery「The Two Mountains Photography Project 3.0」 を観てきました。


写真というのは心が不安定な時、とても惹かれる芸術です。
なぜなら写真は誰でもカメラがあればできる可能性があるけど
その芸術作品を作り上げるのは
とても時間と感性とそして人間性が現れるからです。

最近ちょっと調子が悪いので
新しいこの写真の展覧会を見たくて
足を運びました。

KLEE, INC PARIS TOKYOのディレクターの太田菜穂子氏と
マレーシア人でKuala Lumpur International Photoawardsのディレクターであり
現在はロンドンに拠点があるSteven Lee氏が中心となった
共同プロジェクトのようです。

というか
こういう活動って探せば本当にたくさんやってるんですなあ。
ほんと、歩いて探せばたくさんあるものですね。













富士山とサバ州のキナバル山について
マレーシアと日本出身の写真家3名づつが
それぞれの観点で
住む人々や地域社会を焦点を
表現しています。


山ってとっても不思議ですよね。
その場所を訪れた人と、
その場所に生まれ育った人だと
山に対する思いが違う。




吉本ばななさんのエッセイ
「人生の旅をゆく」に印象的な一節があったので
引用します。

「ピラミッドがみている」というエッセイより
————
前に富士山のふもとで育った人に「毎日きれいな富士山を間近に見ていたなんてうらやましい」と言ったら「冗談じゃない。怖かった」と言われてびっくりした。子供心にはそれは「もしあれが噴火したらどうしよう」という形をとっていたが、体育の授業のときにふと校庭で振り返るとそこにでっかい富士山がそびえたっていて、それはとにかく美しさというより理屈抜きにこわかった、とその人は言った。そのこわさは「畏れ(おそれ)」という字の意味を持っていたのだろうと思う。
————



同じ山でも印象がここまで違うとは、という気持ちを気づかせてくれる文章です。
私の子供時代、東海大地震が来ると言って富士山が噴火して日本終了などの
文章を読んで恐怖で眠れなくなった経験があります。
そして阪神淡路大震災のニュースを聞き、東日本大震災を経験して
恐怖を先に体験し「本当に富士山が噴火したらどうしよう」と
考えが止まらず震えて眠ったことを、そしてそういう体験が
それほど昔でないことを思い出しました。


マレーシアの写真家が見た富士山と
私が見た富士山は
同じだけど違うんでしょうね。


強い生命力を感じる写真が多いと同時に
この生命力は今も、
これからも維持されるのだろうかと
想いが勝手に巡っていく様を体験し
これが「山の力」なのかなとも感じました。


その場に行って
その瞬間を待って
初めて作品化された「この瞬間」に
出会えたことに感謝したいと思います。


強い生命力や人間ではどうにもできないような
強い力を感じさせる場は写真でしかできない表現ができますね。
マレーシアやインドネシアは
優れた写真家がもうすぐ登場するのではないかな・・・と
ワクワクしています。


2019年1月27日まで。
基本日曜、月曜休館ですが年末年始が入るので
詳細は公式WEBサイトをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-26

Mizuma Gallery 「Radiance by Albert Yonathan Setyawan and Miyanaga Aiko 」を観てきました。



Mizuma Gallery にて

「Radiance by Albert Yonathan Setyawan and Miyanaga Aiko 」

を観てきました。


行動する時は行動しないと後悔するから。
そう思った時は行動するべき時です。



所用でシンガポールに急遽行くことになったのでどうしても見たかった展覧会。
「Radiance by Albert Yonathan Setyawan and Miyanaga Aiko」を観てきました。



なぜ見たかったのか。まずですね。アルベルトさんの作品大好きなんですよね。
市ヶ谷で拝見して、

2014-03-21
ミヅマアートギャラリー「アルベルト・ヨナサン展「Enshrined」」を観てきました。

シンガポール時代に何度も拝見して、そして銀座で無理を言って早めに拝見させてもらったりして。

2017-10-12
POLA Museum Annex「TERRENE | Solo Exhibition by Albert Yonathan Setyawan」を観てきました。


そしてアルベルトさんのお人柄も大好きなんですよね。
サンシャワー展で見事なウォール作品にうっとりしながらも
「ねえなんかみんなこの東南アジアのアーティストたちの歴史とか想いとかちゃんと感じられるのかな」
と勝手に思い深まり混乱する私に「そんな風にアーティストと作品を想ってくれることが嬉しいですよ」
と優しい言葉をかけてくださるようなアーティストさん。

2017-07-08
森美術館&国立新美術館「サンシャワー 東南アジアの現代美術展」を観てきました。


宮永愛子さんは市ヶ谷、BankArt,などでまた深く深く感覚を刺激して下さるアーティストさん。

2011-05-21
ミヅマアートギャラリー市ヶ谷「宮永愛子展「景色のはじまり-金木犀-」」を観てきました。


特に2011年5月に拝見した金木犀の作品は震災後ということもあって
生きていくとは、消えていくとはどういうことなのかを
深く考えさせられました。

ナフタリンを使った美しい作品は
この世に存在すること、そして消えていくと消えてしまうとは
生き物の根本を考えさせるようなとても哲学的な作家さんです。


そんなお二人の展覧会。どんな風に行われるのかとても気になっていたのです。
結果的に足を運べたのは運命だったと思います。






ウォールの美しさと(森美の時は地震対策とかも大変だったって言ってたよなあ)
とか思い出しながら







宮永さんの消えゆくナフタリンの作品を拝見しながら
もう戻ってこないシンガポール生活について
想いを馳せてるとスタッフさんが新作について説明してくれました。






ヨナタンさんのこの作品。
これは宮永さんの本の鍵の作品(2014年の作品、私、市ヶ谷やシンガポールで見ています)

2016-04-18
MIZUMA GALLERY「CONSTITUENT CONCRETENESS」を観てきました。        


からインスピレーションを受けて本を彫刻として表現しました。

ここに宮永さんは消えゆく鍵を入れたのですが
ヨナタンさんはここに草の種子を植えたそうなんです。



私、最初これはイミテーションなんだろうなと想っていたので
本物と聞いて思わず涙腺崩壊。

宮永さんの作品の特徴であるナフタリンは長い時間をかけて消えていきます。
この長い時間をかけての消滅は
まるで人の生きていく様のような
人はどのように人に思われて消えていくかなどを
深く深く考えさせてくれます。

でも、でもそれって
「生まれる」という行為があってこそなんですよね。

私自身が自分の体験、感情、その時の匂いなどと
アーティストさんの作品を勝手に結びつけてしまう癖があって
私の中では宮永愛子作品というのは「なくなる」という
キーワードと深く結びついていました。


そして今回。ヨナタンさんが
「なくなる」は「生まれるからはじまる」を表現してくださって
なんか大げさな言い方ですが
生きる意味を再確認した!というくらい感情が揺さぶられました。

だってすごくないですが。
生まれるとなくなるがこんな風に表現されるなんて!!!


アーティストトークの記事

Mizuma Conversations | Albert Yonathan Setyawan & Miyanaga Aiko on “Radiance”

を拝見するとヨナタンさんが
「So, I think, it’s a form of conversation rather than a collaboration.」
(だからこれはコラボレーションではなく会話からの結論だと私は思う。)
とコメントされていましたがそう、まさにこれは2人の優れたアーティストの
会話から生まれた新しい作品。


いやあ
本当に拝見できてよかったです。

っていうかこの作品に関してもっとみんな心揺さぶられてほしい。。。
こんな素晴らしい会話からの結論、なかなかないですよ。。。


12月16日まで。
ぜひ足をお運びください。
詳細は公式ホームページをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-23

Richard Koh Fine Art「Somewhere Down the River, a solo exhibition by Liu Hsin-Ying」を観てきました。




Richard Koh Fine Artにて

「Somewhere Down the River, a solo exhibition by Liu Hsin-Ying」

を観てきました。




ちょっと落ち込んでいたのですが
こちらのスタッフさんからこのOPのお知らせを頂いた際
目を見張るような美しい色合いに
すがるような気持ちでOPに出かけました。



Liu Hsin-Yingさんは1991年生まれ。台湾出身。現在拠点はKLだそうです。
ニューヨークのArt Students League、台北台北芸術大学美術科を卒業されてるようです。

色々な表現を活用するようですが
今回私がとても印象に残ったのは
透明感のある色使い。





そして多くの作品を一気に並べたWallは
女の子のおしゃべりの場のようで
とても賑やかで、繊細で、そして儚げ。


とても悲しいニュースの多い11月だったのですが
この空間にとても元気を頂きました。


好きなことを続けること。
これは人を生かしてくれますね。
私は美術に触れていくこと。
この行動が私を生かしてくれます。


本当にありがとう。
感謝の気持ちに満たされて帰宅できました。


ありがとう。




もし、気になったアートワーク
(絵や芸術作品じゃなくてもいいんです!、本、映画、音楽何でもいい)
に出会ってそれを自分に近づけるチャンスがあるのなら

絶対に行動したほうがいいです。

芸術作品を見にいく
本を買う
映画をみる
音楽をDLする

なんでもいい。
そのアートワークに対する具体的なアクションは
そのアートワークを産み出した人の支援になります。


行動しましょう。ぜひ。


展覧会は12月15日まで。
開催に関してはギャラリーWEBサイトに直接お問い合わせください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-19

幡野広志 さん著「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる」を読んでみました。




幡野広志 さんの

「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる

を読んでみました。

KLの紀伊國屋で発見、運命を感じて購入してその日のうちに読了しました。



幡野広志さんはインターネットで知った作家さん。
写真作品ももちろんなんですが、文章にとても惹かれました。

実はこの本の前に私、作品も購入させて頂いています。
私の購入作品は、
もしかしたら幡野作品で

「一番幡野さんから遠くにいる作品」かもしれませんね。



この本は息子さんへ向けてのメッセージなのですが
幡野さんの息子さん立場になりたい読者にも
同時に語りかけるような優しい語り口なので
とてもスムーズに読むことができます。

でも、深く入り込んで共感する人と
自分のエリアで共感する人に
すごく分かれると思います。

どちらが正しいとかではなく。

そしてそれぞれの共感方法が自分と違ったら

「違う、そうじゃない」

と言いたくなる人がいるのもわかります。
そのくらいこの語り口は
己の感情をさらけ出してしまいたくなるような
包容力で満ち溢れています。




個人としてと言うより親として
どう考えて今、生きてる時を過ごすかを
改めて考えさせられます。




そしてああやっぱり大事なんだなあと
再確認できたのは生きていく上で



孤独を愛する
優しい気持ちを持つ
失敗を経験する場を作る
嫌だと思った人とは関わらない



こんな感じですかね。
ほんと、人間っていつ何があるかわからないから
人に安易に頼って生きちゃいけない
やりたいことはその時にやっとけ
行きたい場所にはその時に行っとけ
って改めて思いました。
まだまだ甘えてるな。もっと自分で切り開かなくては。




幡野さんの作品。とても気に入っています。
素敵ですよね。
息子が寮生活の時、日本を感じるために持参してほしいと
個人的には願っていますが
それは本人が決めること。。。



高校入学まで頑張っていきましょう。。。

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

2018-11-18

ArtTech KL 2018「Panel discussion Session 2」を拝聴してきました。



ArtTech KL 2018にて

「Panel discussion Session 2」

を拝聴してきました。


ArtTech KL 2018は2回目の開催とのこと。

「様々なイベントを通して、マレーシアの新しいメディアアートの開発をサポートするプラットフォーム」

とのことですが、今回私が拝聴したのはpanel discussion。
なぜこれに気がついたかというと
スプツニ子さんが「KLなう」と
ポストして下さったから知ったという
登壇者に教えてもらうという素敵な展開でありました。
Panel discussionは私の英語力だと
本当に聞き取るのが大変なので
細かい内容は主催者の映像などを確認してからとして
今回は主観的な感想を。


まず「英語が100%わからんから行ってもしょうがない」
って思うことは全然ないです。
自分の好きなことだと単語単語が引っかかるので
案外内容がすっと入ってきます。
なので本当に行ってよかったです。

セッションは2部に分かれています。
パネリストは左から順番に




SPUTNIKO!さん
映像製作で有名って書いてあったけど
インスタレーションも印象的だし准教授でもあるし
なんかスプツニ子さんって何者?って聞かれて
ご本人も答えられないんじゃないかしら。

息子にとっては「スシボーグ☆ユカリ」でしたが
今日お話ししてる姿を見て
やっとそこから卒業できたそうです。



BONO STELLARさん
マレーシア出身のアーティスト&デザイナー。
音楽関係のディレクションが多いみたい。
インスタグラムにすごく力を入れてるようです。
っていうか海外の人と交流したかったらまずインスタですよ。
インスタまじ大事。



CHRISTL BAURさん
アルスエレクトロニカのキュレーターであり、研究者とのこと。
アルスエレクトロニカって一度行ってみたいんですよね。
まだ行く機会ないですが、でもいつか行きたい。


セッションは2つに分かれていて


Part I : Art Individual(アーティストそのものについて)


PartⅡ : Community(コミュニティについて)

それぞれ質問についてのトークがあり、そして質疑応答がありました。

Part I : Art Individualでは政府や企業とアーティストがどう関わるか、
どう関係を強化していくかということについて。

PartⅡ : Communityではアーティストは地域社会とどのように関わっていくか、
教育の一環としてのアートレジデンスなどについて。


アーティストが関係性を築くこととブロックチェーンの関係性についてなどの
質問もあったりして
ああブロックチェーンってマジで避けられない話題なのねと改めて実感。
ほんと、勉強せねばと思いました。


女性3人のトークということで
フェミニズムやガールズパワーや
女子が数学を学ぶことについて
話題はありましたが
なんかとても「で、議論するの普通でしょ」的な
スタンスを感じたのは個人的にはすごく新鮮。
私自身子供の関係でMaker Fair的なものに
KLでも行ってますが
イスラム圏だからと言って女子がいないなんて
全然なくて
みんなすごく積極的に学んでるんですよ。
なのでこういう話題がとてもストレートにできるのは
すごくいいなと思いました。



ちなみに後で息子に
「フェミニズムとか知ってる?」と恐る恐る聞いてみると

「知ってるよ。学校の討論のテーマ程度だけど」

だそうです!中学校のディベートのテーマになるなんて
そりゃ日本語圏と違うわあああ。。。


ちょっとびっくりしたのは
セッション全体に漂う上品さ。
パネリストももちろんなんだけど
これはすごいなと思ったのは
モデレーターのCheang Lin Yewさん。



ものすごく上品な空気を上手にキープしながら
トークを進めていて
そして質疑応答のさばき方もすごく上手!

KLでいくつかこのようなトークを拝聴しましたが
質疑応答でなぜか質問者の自分語りが始まり
どこ行っちゃうのかわからないヒートアップアルアルなのですが
さばき方が本当に上手。
突っ込んだ質問した質問者に「で、あなたはどうなの?」って
質問を返したりして。

ちょと感動しました。

あとスプツニ子さんのお話がとても面白かったからだと思うのですが
参加者から
日本における芸術活動、美術館活動についての質問やコメントが
積極的にありました。
他でも書いたことありますが
ほんと、森美術館ってマレーシアのアートラバーからすると
聖地認定なんですね。
森美術館のツアーが組み込まれた
旅行とかあったら大人気になるのではないかしら。


帰り道息子と面白かったねえと話したのですが
息子は私の8倍くらいヒアリング力が高いので
スプツニ子さんの上品だけど結構突っ込むトークが
すごいと感心していました。

「あの上品な荒ぶりテクは参考にしたほうがいいよ」

と助言頂いたので頑張ります。


そしてスプツニ子さんは
国とアートの関わり方について
上手に国の組織と付き合いながら
自分のやりたいアートをやってる人なんだねえと。
teamLabの猪子さんのお名前が出てきたからでしょうか。

「国の組織とうまく付き合えるアーティストさんは
 嫌いって言われることも多いだろうけど頑張ってほしい」

だそうです。大人の発言。


スプツニ子!さんは著書も素敵です。

2014-02-22
スプツニ子!「はみだす力」を読んでみました。





スプツニ子!さんありがとうございました!
もう、スシボーグ☆ユカリ怖くないそうです。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク